logo

オンライン英会話サービス「Weblio英会話」がWebRTC技術を導入、ブラウザ上でレッスンを完結する新システムを3月1日開始!

WebRTC技術*による、予約から受講まで同一画面で済む手軽な英会話レッスンを実現。

ウェブリオ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:辻村直也、以下ウェブリオ)が提供するオンライン英会話サービス「Weblio英会話」は、ウェブブラウザ上でビデオチャットを行う新機能に対応し、より手軽で効率的な英会話レッスンを提供します。Chromeブラウザを対象に2017年3月1日から開始します。



[画像1: リンク ]

■■これからのWeblio英会話はこう変わる

● ブラウザ上の入室ボタンをクリックするだけで、すぐに始められる
従来は、レッスン開始までに複数のステップを踏んでいました。まずレッスン開始の下準備として、Skypeのインストール、Skypeアカウント登録、アドレスやパスワードの管理、そして相手の連絡先登録。その後ウェブサイトでレッスン予約、開始時間になったら Skypeを起動し、待機。

これからのWeblio英会話では、「レッスンルームに入室」をクリックするだけでビデオチャットレッスンが開始します。これにより、レッスン開始までの手間が削減されました。
※2017年3月時点では Google Chrome のみ対応

[画像2: リンク ]


● オンライン英会話のすべてを、ひとつの画面で完結
従来のレッスン中は、Skypeと同時に別ウィンドウでテキストを確認していました。よってSkype画面、レッスン教材画面、テキストチャット画面を同時に操作することになります。複数の画面を一度に操作するため、会話だけに集中することが難しい場合もありました。

これからのWeblio英会話では、ビデオチャット画面、教材画面、テキスト会話画面のすべてを一画面で操作できます。この画面で、会話をしながらレッスン教材で学習し、スペルの確認などをテキストチャットで行う、といった一連の操作が完結します。そのため、画面の操作で手元が忙しくなることなく会話に集中できます。

[画像3: リンク ]

※リリース前の画面イメージのため、実際の画面は一部変更になる可能性があります。


■■これらの機能を可能にする独自開発のシステム「CCS」
「CCS」とは クラウド コールセンター システム の略で、WebRTC* を用いたWeblio独自のオンライン英会話システムのことです。Skypeを用いず、Weblioが英語講師の管理をクラウド上で行いレッスンを展開します。これにより、ビデオチャット・レッスン教材・テキストチャットのすべての機能を一つにまとめて提供することが可能となりました。

■■サービス公開日時
2017年3月1日(水) 14時


■■Weblio英会話について
Weblio英会話は、「業界最安値」で「良質の講師」と英会話に取り組めるオンライン英会話サービスとして、2014年にサービスを開始しました。教材を多数用意しており、文法練習、ビジネス英語、海外旅行、子供向け、政治・経済、ファッション、漫画、科学、歴史など多彩にそろえております。2016年には法人および教育現場に特化したサービスも開始しています。

▼Weblio英会話公式サイト
リンク

▼法人向けオンライン英会話サービスについてはこちら
リンク

*Web Real-Time Communication の略。World Wide Web Consortium (W3C) が提唱しているAPIの一つで、ビデオチャット、画面共有、ファイル共有をブラウザ上で行うことができる。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事