logo

プロトラブズ、ISO9001、ISO14001、ISO27001の3つの国際規格の認証を同時取得

プロトラブズ 2017年03月01日 11時10分
From PR TIMES

プロトラブズ合同会社 (本社:神奈川県座間市、社長 トーマス・パン、以下プロトラブズ) は、2017年2月21日、国際標準化機構 (ISO) の定める3つの国際規格、ISO9001:2015 (品質)、ISO14001:2015 (環境)、ISO27001:2013 (情報セキュリティ) マネジメントシステムの認証を取得したことを発表しました。これは、国内の顧客に対する満足度と製造サービスに対する安心・安全の向上に向けた、品質管理、環境対策、情報セキュリティへのプロトラブズのさらなるコミットメントを示す取り組みです。



各ISO規格の概要は以下の通りです。

ISO9001 (品質マネジメントシステム)
ISO9001は、製品やサービスの品質保証を通して、顧客満足度向上と品質管理の継続的な改善を実現する国際規格です。
プロトラブズはカスタムパーツの試作や小ロット生産のニーズに対して、常に先進的な技術とプロセスを追求し、QCD(品質・
コスト・納期)バランスの取れたオンデマンド受託製造サービスを提供しており、今後一層、顧客満足度・信頼度の向上に向けて、お客様とのコミュニケーションを大切にし、業務効率の改善や組織体制の強化を推進していきます。

ISO14001 (環境マネジメントシステム)
ISO14001は、持続可能性の考えを基盤に、環境負荷の低減と経営の両立を目指す環境マネジメントシステムの
国際規格です。プロトラブズは、RoHS有害物質制限指令の順守も含め、環境に配慮した製品及びサービスの提供を心掛けるとともに、省資源・リサイクル・効率的業務の推進に努めます。また、周辺地域の清掃といった活動にも積極的に取り組み、社会に責任ある企業として地球環境の保全に努めます。

ISO27001 (情報セキュリティマネジメントシステム)
ISO27001は、組織が保有する情報に関する様々なリスクを常に意識し、適切な情報管理に努めることを約束する国際規格です。プロトラブズは、これまでも顧客企業からお預かりした情報は厳密に管理し、セキュリティ対策には万全の措置を講じてきました。今後更に、情報セキュリティマネジメントをより効果的なものとするために、
情報の機密性、可用性と完全性をバランス良く維持改善しつつ、従業員ひとりひとりのセキュリティ意識を継続的に向上させ、技術や環境の変化に対応したセキュリティ対策を徹底します。


[画像: リンク ]



今回の3つのISO規格の認定取得をうけ、プロトラブズ社長のトーマス・パンは次のように述べています。
「この度、昨年8月に拡張移転にて入居した新本社工場において、3つの国際規格の認証を同時に取得することが
できて大変嬉しく思います。ISOに基づいて品質管理、環境対策、情報セキュリティマネジメントを徹底することで、お客様にはこれまで以上に安心して弊社のサービスをご利用いただけることと思います。今後も、これらの
取り組みを強化し続け、製品の設計開発に携わる皆様のご要望に応えられるよう邁進してまいります。弊社の
『試作力』を通じて、日本企業の『競争力』を加速し、日本を支えるものづくりの発展に貢献していきたい所存
です。」
(以上)


プロトラブズについて
プロトラブズはICTを駆使した独自のデジタル マニュファクチャリング システムにより、カスタムパーツの試作から小ロット生産をオンデマンドかつ画期的な速さで受託製造する会社です。最先端のICTテクノロジーを最大限に駆使することにより、CNC切削加工、射出成形パーツを数日で製作します。国内では2,300社様以上が利用しており、日本全国の製品開発者に、他に類を見ない早さでパーツを入手できるという価値をお届けしています。
プロトラブズに関する詳細は、リンク をご参照下さい。プロトラブズの会社概要は、
リンク で確認いただけます。

報道関係者お問合せ先


[表: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。