logo

観光を学ぶ学生が、学生目線で京都の「こだわり」を持った店を紹介した冊子『こだわり市場 2017.春』を発刊 ~京都で増加する外国人観光客も意識した観光ガイド~

京都橘大学 2017年03月01日 08時05分
From Digital PR Platform


京都橘大学(京都市山科区、学長・細川涼一)現代ビジネス学部都市環境デザイン学科の谷口知司教授のゼミで観光学を学ぶ学生15人が、冊子『こだわり市場 2017.春』を発刊した。


 この冊子は、京都でこだわりを持った商品をつくったり、扱っているお店を、多くの人に知ってもらおうという想いから始まった。2009年に制作を開始し、2013年に第1弾の冊子を発行、2015年に第2弾、2016年に第3弾、そして今回第4弾を発行した。制作にあたっては、こだわりを持っているお店を探し、取材・撮影・広報まですべて学生が行った。今回は過去3回の冊子で紹介した店舗を再取材し、過去最高となる67店舗を掲載している(第1弾:30店舗、第2弾:20店舗、第3弾:33店舗 掲載)。

 京都には多くの外国人観光客が訪れている。外国人観光客に京都のさらなる魅力を知ってもらいたいと考え、昨年に引き続き英語の説明文を掲載することはもちろん、地図の詳細部分にもアルファベットの読み仮名表記を追加した。サイズも持ち運びに適した「まち歩きサイズ」になっている。また、冊子と連動したWebサイト( リンク ) も、同ゼミの卒業生の協力により更新している。

 学生たちは、多くの観光客にこの冊子やWebサイトを見てもらい、隠れた名店を知ってもらうことで、京都の観光振興の一助になればと話している。この冊子は、掲載店舗、ホテル・旅館、駅、観光案内所などで配布予定。なお、今回の取り組みは、同大が京都市の「学まち連携大学」促進事業に採択された事業の一環として行われた。

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。