logo

ZTE、2018年に5Gソリューションを商用のプレ展開へ

ZTE Corporation 2017年02月28日 18時17分
From 共同通信PRワイヤー

ZTE、2018年に5Gソリューションを商用のプレ展開へ

AsiaNet 67593(0281)

【バルセロナ(スペイン)2017年2月28日PR Newswire=共同通信JBN】
ZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は、オペレーターが5G対応ネットワーク構築にかかる時間を最小限に抑えるため、同社の5Gソリューションは、2018年第3四半期から商用のプレ展開を行う予定だと発表した。

今週バルセロナで開催のMobile World Congress 2017で、ZTEは5G製品の新シリーズを発表し、次世代サービスに移行するオペレーターに先行者利益を与えている。ZTEは、5G製品が2019年第1四半期に商用5Gネットワークに導入されると予測している。

MWC 2017でZTEは新しいmmWaveおよびサブ6Ghzベースのフルレンジ基地局をリリースしている。 新しい5Gソリューションは、3GPP(3rd Generation Partnership Project)の5G New Radio(NR)エア・インターフェース規格と業界のメインストリームである5G周波数バンドをサポートしている。新しいZTE 5G基地局は、5Gのプレコマーシャル展開要件を満たすMassive Multiple Input, Multiple Output(MIMO)、Beam Tracking、ビーム形成およびその他の主要な5Gテクノロジーを使用する。

ZTEは5Gの研究開発に毎年10億人民元以上を投資し、2016年に5G mmWaveとサブ6GHzの主要テクノロジーを検証し、5G mmWaveフィールドテストを成功裏に完了した世界初のベンダーである。ZTEは、中国における全国的5Gテストの第1段階の全てに初めて合格した。ZTEは5G単一ポイントのテクノロジーとプロトタイプの検証に成功し、現在は5Gソリューション検証と研究開発(R&D)段階に入っている。

ZTE独自のPre5Gソリューションにより、オペレーターは既存の4G LTEインフラストラクチャー上で5Gネットワークのパフォーマンスをエミュレートし、データスループットの向上とレイテンシーの削減を実現できる。ZTEのPre5Gソリューションは、将来的に5Gに容易にアップグレードできるように設計されており、世界中の30カ国で40以上のネットワークに展開されている。

ZTEは、5Gのためのエンドツーエンドのイノベーションのプロバイダーとして、未来志向のモバイルデバイスおよびターミナルの開発においても先頭を切っている。MWC 2017でZTEは、1Gbpsのデータ伝送速度をサポートし、ユーザーエクスペリエンスを飛躍的に向上させる世界初のギガビット・スマートフォンを発表した。

ZTEは5Gテクノロジーのリーダーとして、Deutsche Telekom、Telefonica、ソフトバンク、KT Group、China Mobile(中国移動通信)、China Telecom(中国電信)、中国聯通(China Unicom)を含む世界トップの電気通信オペレーターとの5G開発に関する戦略的パートナーシップに調印した。

▽ZTEについて
ZTEは消費者、キャリア、企業、公共セクター顧客向けの高度な通信システム、モバイルデバイス、エンタープライズ・テクノロジー・ソリューションのプロバイダーである。ZTEのM-ICT戦略の一環として、顧客に統合されたエンドツーエンド・イノベーションを提供し、通信および情報技術セクターが融合する際にエクセレンスとバリューを提供することにコミットしている。香港証券取引所と深セン証券取引所(H株 銘柄コード: 0763.HK / A株 銘柄コード: 000063.SZ)に上場されるZTEの製品およびサービスは160カ国以上の500を超えるオペレーターに販売されている。ZTEは年間売上高の10%を研究開発に投資することにコミットし、国際標準規格の設定でリーダー的役割を果たしてきた。ZTEは企業の社会責任にコミットし、国連グローバル・コンパクトのメンバーである。詳細はウェブサイトwww.zte.com.cn を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Margrete Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775207
Email: ma.gaili@zte.com.cn

Daniel Beattie
AxiCom
Tel: +44 (0)20 8392 8071
Email: daniel.beattie@axicom.com

ソース:ZTE Corporation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事