logo

ジブリで磨かれたアニメーション制作ソフト「OpenToonz」と「CLIP STUDIO PAINT EX」 が連携

セルシスは、イラスト・マンガ・アニメーション制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT EX」の最新バージョンを本日2月28日(火)に公開いたしました。最新バージョンでは、株式会社ドワンゴがオープンソースで公開しているアニメーション制作ソフト「OpenToonz」と、連携が可能になりました。



[画像1: リンク ]

この機能は、先日アニメ業界向けに開催されたアニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2017にてプレビューを行い、関係者よりご好評をいただいております。

▼ACTF2017の開催内容
リンク

セルシスは今後もRETAS STUDIO の販売・サポートを継続しながら、CLIP STUDIO PAINTの機能強化や現場のワークフローとの連携を進め、作画のデジタル化推進を支援してまいります。

【連携の詳細について】


[画像2: リンク ]

CLIP STUDIO PAINTで作成した原動画を書き出し、OpenToonzで彩色・仕上げを行うことができるようになります。

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

CLIP STUDIO PAINT で編集したセル画像とタイムラインの情報を、OpenToonz で読み込める形式で書き出せます。セル画像はOpenToonz のワークフローに沿ってアンチエイリアスをつけたまま出力することも、またPAINTMAN を用いたワークフローに倣ってアンチエイリアスをオフにして出力することもできます。アンチエイリアスをオフで出力する場合は、プレビューを確認しながら線幅を調整して出力できます。詳しい手順は下記講座をご覧ください。

▼クリップスタジオの作画データをOpenToonz で彩色する手順
リンク

CLIP STUDIO PAINTはアニメ制作ソフトでトップシェアの「PaintMan(RETAS STUDIO)」との連携機能により、すでに多くのアニメスタジオでご導入いただいており、今後更なる機能改善と他ツールとの連携の強化、各社の工程管理ツールとの親和性の向上を目指しています。


【CLIP STUDIO PAINTのアップデートについて】
CLIP STUDIO PAINTをお持ちのユーザーさまは無償でアップデートしていただけます。最新バージョンではその他にも、下記をはじめとしたさまざまな機能追加や改善を行っています。
・ライトテーブルの表示方法にハーフカラーが追加され、Stylosのハーフトーンと同様の表示が可能に
・トーンの縮小表示を改良
・色の設定ダイアログの改良
・タイムラインパレットの操作性向上など

▼詳しくはこちら
リンク


OpenToonzについて
「OpenToonz」は株式会社スタジオジブリで長年使われてきたDigital Video社のソフトウェア「Toonz」を基に、株式会社ドワンゴが両社の協力を得て開発を進めるオープンソースの2Dアニメーション制作ソフトウェアです。ソースコードを自由に改変することができ、映像表現に関する学術研究とアニメ制作の現場とをつなぐ、あたらしいプラットフォームを目指しています。

▼詳しくはこちら
リンク


株式会社セルシスについて
セルシスはグラフィック系コンテンツの制作・閲覧・流通を通じて、IT技術でクリエイターの支援をグローバルに行っています。
イラスト・マンガ・アニメ制作ツール「CLIP STUDIO PAINT」、Webサービス「CLIP STUDIO」を通じたクリエイターの創作活動をサポートするサービスの提供や、電子書籍ソリューション「BS Reader」等の、コンテンツ制作・流通・閲覧にまつわるソリューションを提供しています。

セルシスホームページ
リンク
CLIP STUDIO twitter
リンク

(C) CELSYS, Inc. All Rights Reserved.

製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

(注)ニュースリリースに記載されている内容は報道発表時の情報です。
ご覧になった時点で内容等が変更になっている場合がございますのであらかじめご了承ください。


お問い合わせ先
株式会社セルシス 広報担当 増川 聖子
〒160-0023
東京都新宿区西新宿 4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド 2F
TEL:03-3373-9919
e-mail:press@artspark.co.jp

法人のお客様はこちら
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。