logo

庭やベランダなど住宅のちょっとしたスペースで家庭菜園が楽しめる『VegTrug(R)(ベジトラグ)』シリーズ専門ウェブサイトをオープン!

タカショー 2017年02月28日 17時00分
From PR TIMES

ニーズごとにわけたページでわかりやすく説明

ガーデンライフスタイルメーカーである株式会社タカショー(本社:和歌山県海南市 代表取締役社長 高岡伸夫 ジャスダック 7590)は、当社の主力ガーデニング用品『VegTrug(R)(ベジトラグ)』シリーズの専門ウェブサイトを2月14日(火)より公開いたしました。



<『VegTrug(R)(ベジトラグ)』シリーズ 専門ウェブサイトについて>
リンク


[画像1: リンク ]

 近年、お庭やベランダで家庭菜園を楽しんだり、住宅の中でインドアグリーンといわれる観葉植物や多肉植物などを育てて楽しまれる方が増えてきました。植物や自然と触れ合うことで日頃のストレスを発散、またオーガニック食材が注目されている今日、ご自身で野菜を育てて食する楽しみ方が流行しています。当社の人気ガーデニング用品『VegTrug(R)(ベジトラグ)』シリーズ専門ウェブサイトをオープンいたしました。
 同ウェブサイトでは、商品について詳しく紹介するだけでなく、ガーデニングや家庭菜園として利用する際の商品の楽しみ方についても紹介。例えば、自家栽培をする喜びや家庭菜園を通して学べる楽しさについてもご説明しております。また、家庭での楽しみ方だけでなく、カフェ、学校、介護施設など様々なご利用シーンごとにページを設け、シーンごとにおススメの『VegTrug(R)(ベジトラグ)』商品をご紹介しております。ウェブサイトをご覧になられた方のニーズにピッタリと合う商品を紹介し、その商品の詳しいご利用方法も併せて掲載しております。

[画像2: リンク ]



<『VegTrug(R)(ベジトラグ)』シリーズについて>
リンク
[画像3: リンク ]


 当社のガーデニング用品の中でも一番の人気を誇る『VegTrug(R)(ベジトラグ)』シリーズはイギリス発祥の“レイズドベッド“といわれる床面を高くした花壇を指します。ガーデニング先進国でもあるイギリスで商品企画された同シリーズはオーガニック食品、LOHAS、地産地消といった安心安全な野菜へのニーズが高まったことから生まれました。ちょっとしたスペースでも簡単に菜園を作ることができ、日本でも今イチオシの商品となっております。“レイズドベット”といわれる同シリーズは床面が高くなっているため、車いすに座ったまま作業ができたり、腰やひざを曲げて負担をかけることなく作業ができることから、意外にも介護施設にてガーデンセラピーの一環として親しまれております。人にやさしいだけでなく、地面から吸収する熱を防ぐことができ、植物にもやさしい商品です。シリーズの一部『ベジトラグ ポピー』では、バッグといわれる鉢部分に通気性を保つためのフェルト生地を使い、植物が育ちやすい環境を整えております。自然とともにいきることを推奨する、人と環境にやさしい商品となりました。

●当社が目指す姿
 ガーデニング・エクステリア用品に特化した当社が実現したいのは「ガーデンセラピー」による社会貢献です。園芸療法は認知症の予防などにも効果があると言われ、健康に良い影響をもたらすことは医学的に証明されています。ヨーロッパでは国が推奨する取り組みにもなっています。人間が本能的に持つ「癒されたい」「リラックスしたい」という気持ちにお応えする商品を提供することで、人々の暮らしをより良いものにしていきたいと考えています。「自然をたのしむ」「心をおだやかにしたい」といった人間が遺伝子的に持っている部分にもアプローチできるような、ラインナップと対応力を強みに、様々なお客様の「ガーデンライフ」の充実に貢献します。

<<株式会社タカショー 会社概要>>
◆営業本部所在地:
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-9 KDX御茶ノ水ビル2F
◆本社所在地:
〒642-0017 和歌山県海南市南赤坂20−1
◆事業内容:
・環境エクステリア(インドア及びアウトドア庭園、緑化)に関する製品の企画開発
・ガーデン用品の輸出入販売
・エクステリア商品のソフトウェア開発販売
・CAD,C.G.ソフトウェアの提供及び処理業務
◆ホームページ:リンク

【商品に関するお問い合わせ先】
株式会社タカショー
ホームユース営業本部 企画・販売促進課 根田(こんだ)
電話:073-482-4128
FAX:073-486-2560
メールアドレス:press@takasho.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事