logo

ZTEのプレ5G FDD Massive MIMOが2.6Gbpsを達成

ZTE Corporation 2017年02月28日 12時25分
From 共同通信PRワイヤー

ZTEのプレ5G FDD Massive MIMOが2.6Gbpsを達成

AsiaNet 67571 (0267)

【バルセロナ(スペイン)2017年2月27日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネットの通信、エンタープライズ、顧客テクノロジーの各ソリューションの国際的大手プロバイダーであるZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は27日、そのプレ5G FDD Massive MIMOソリューションが8台の4Gターミナルと同時接続した条件下でシングルセルのピークレート2.6Gbpsを達成、8倍の改善を記録したと発表した。

ZTEは2016年12月、中国聯通(China Unicom)とのプレコマーシャル・フィールドテスト、China Telecom(中国電信)とのフィールドテストを通じた検証に続き、世界初のFDD-LTEベースのMassive MIMOソリューションをリリースした。TDD Massive MIMOの豊富なアプリケーションをベースに、伝送特性に関する膨大な量のデータが蓄積された。ZTEは特許を取得したFDD Massive MIMOのチャンネル測定と推定アルゴリズムを提案した。これによりFDDの微細な相互関係の確立を支援し、4Gターミナルを変える必要なくスペクトル効率を大きく強化する。それに加え、ZTEのベクトルプロセッサー・チップMCS2.0は強力なシグナルコンピューティングと処理能力を提供し、FDD Massive MIMOの複雑なアルゴリズムに対応、実行する。

ZTEの張建国・上級副社長は「Massive MIMOはZTEのプレ5G製品の最重要テクノロジーだ。業界をリードするTDD Massive MIMOのリリースと商業化に続き、われわれは全世界の4Gテクノロジーで広く展開しているFDD-LTEネットワークにMassive MIMOを導入するにあたり、徹底的な開発を行った。当社は5G時代へのシームレスな移行のために中核の5Gテクノロジーを4Gネットワークに届けた。FDD Massive MIMOの商業的な成長と共に、当社が最も競争力のあるプレ5Gソリューションを提供し、顧客の利益を最大化できることを証明するものである」と述べた。

プレ5Gの中核テクノロジーであるMassive MIMOをFDDシステムに導入することにより、将来的にはプレ5Gの商業的利用が広く普及するだろう。2016年末までに、40以上のZTEプレ5Gネットワークが世界30カ国に展開された。2017年はMassive MIMOの先駆的な優位性により、ZTEはFDD Massive MOMOの商業的な展開を迅速に開始し、より高いスペクトル効率の大きな需要を満たし、世界中の4Gオペレーターのために5Gへの進化の新しい道を整える。

▽ZTEについて
ZTEは消費者、キャリア、企業、公共セクター顧客向けの高度な通信システム、モバイルデバイス、エンタープライズ・テクノロジー・ソリューションのプロバイダーである。同社はZTEのM-ICT戦略の一環として、顧客に統合されたエンドツーエンド・イノベーションを提供し、通信および情報技術セクターが融合する際にエクセレンスとバリューを提供することにコミットしている。香港証券取引所と深セン証券取引所(H株 銘柄コード: 0763.HK / A株 銘柄コード: 000063.SZ)に上場されるZTEの製品およびサービスは160カ国以上の500を超えるオペレーターに販売されている。ZTEは年間売上の10%を研究開発に投資することにコミットし、国際標準規格の設定でリーダー的役割を果たしてきた。ZTEは企業の社会責任にコミットし、国連グローバル・コンパクトのメンバーである。詳細はウェブサイトwww.zte.com.cn を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Margrete Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775207
Email: ma.gaili@zte.com.cn

Daniel Beattie
AxiCom
Tel: +44 (0)20 8392 8071
Email: daniel.beattie@axicom.com

ソース:ZTE Corporation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事