logo

浄水器のタカギ、業務アプリケーション開発にOutSystemsを導入

株式会社BlueMeme 2017年02月28日 10時00分
From PR TIMES

協業企業向け業務支援アプリケーションを素早く構築

株式会社BlueMeme(本社:東京都品川区、代表取締役:松岡 真功、以下BlueMeme)は、株式会社タカギ (本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:高城寿雄、以下タカギ) において、Forresterのローコード・プラットフォームカテゴリでNo.1評価を誇る※1超高速開発基盤「OutSystems」が導入されたことを発表いたします。

浄水器の国内市場で60%以上の圧倒的シェアを占め、近年では東南アジアにも事業展開しているタカギでは、多くのニーズに対応するため自社の事業所だけでなく隣接業界企業による販売も行っています。販売量の増加に伴い、これまでのような協業企業との紙媒体中心の情報共有ではなく、購入申請など各種プロセスのデジタル化が求められるようになったため、素早く開発することができ運用効率も高い超高速開発基盤「OutSystems」を採用しました。

OutSystemsは、アプリケーション開発から保守運用までを一つのプラットフォームで提供する超高速開発基盤で、国内および海外ともに多くの導入実績を持っています。コードを書くことなくビジュアルにアプリケーション開発ができ、バージョン管理やパフォーマンス分析などのライフサイクルサポート機能を備えています。また、Webアプリケーションだけでなくオフライン機能などを活用した高度なモバイルアプリケーションの開発も可能となっており、企業のデジタル化や内製化をサポートします。

タカギは、OutSystemsを導入するにあたって、下記の点を重視しています。

1. 外部データベース連携や様々なAPIを活用できる自由度の高さ
- OutSystems標準のデータベース (Microsoft SQL Server/ Oracle/ MySQL)だけでなく、自社が使用している外部データベースにも対応できる

2. 豊富なUI部品
- 「SILK UI」と呼ばれる標準のUI機能を用いることで、アプリケーション開発の生産性を向上

3. 開発・テスト・本番の環境管理機能
- 複数の環境におけるアプリケーションのバージョニング管理や整合性検証のほか、アプリケーションの環境間の移送を、画面でのクリックで実現できる

4. Webアプリケーションのモバイル対応
- OutSystemsのWebアプリケーションはレスポンシブ対応のため、1度アプリケーションを開発することで、デスクトップ、タブレット、モバイルでアプリケーションを利用できる

タカギは、OutSystemsで開発した業務アプリケーションをすでにリリースしており、Webアプリケーションの導入および移行が極めてスムーズに行えたこと、ビジネス要件に迅速な対応ができたことを、大きな導入効果として挙げています。また、OutSystemsはハイブリッド・クラウド上でのIT基盤構築の中核として大きな役割を果たしており、今後もOutSystemsを用いた開発を進めていきます。

■株式会社タカギについて
事業内容: 家庭用園芸用品、家庭用浄水器、省エネ商品の開発、製造、販売。プラスチック射出成形加工・金型事業。

■BlueMemeについて
BlueMemeはOutSystemsと国内総代理店契約を締結し、主にOutSystemsに特化した業務システムの受託開発や導入コンサルティングのサービスを提供しております。

※1 The Forrester Wave™: Low-Code Development Platforms, Q2 2016

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事