logo

【日本酒の海外輸出を加速させる】SACKET(さけっと)日本酒の海外向け本格オピニオンサイト公開

株式会社SACKETIO 2017年02月28日 09時05分
From PR TIMES

SACKETは、北米に輸出している蔵元と、日本酒を扱う現地の飲食店のBtoBプラットフォーム & 投稿型メディアです。

株式会社SACKETIO(サケッティオ/ 代表:伊澤優花)は、日本酒の輸出において”情報流通”の未熟さが障害となっている現状に着目し、蔵元、海外の飲食店や消費者の情報発信、そしてコミュニケーションを円滑にする情報インフラになることを目指しています。
日本酒の海外向け本格オピニオンサイトとして「日本酒を扱うプロとして知っておきたい」テーマを扱い、SACKETや蔵元が投稿するコラムと、様々な蔵元がそのテーマにまつわる見解、コメントなどを寄稿する、ソーシャル機能を兼ね揃えたメディアプラットフォームを開設しました。
寄稿コメントではコラムとは違う見解の紹介や、コラムへの感想・批判、またその「テーマ」に関することなど、自由に書いていただきます。
寄稿いただいたコメントはすべて英訳し、日英両方で記載します。SACKETはリリース後2ヶ月にして現在2万PV/月間を獲得しており、閲覧者の約半数は日本酒を扱う飲食店の方々をはじめとする海外(アメリカが4割)となっています。今後も海外の飲食店の方々を中心に広めて行きます。 



[動画: リンク ]



SACKETとは? リンク

SACKETに登録された酒一覧*から、 扱っている銘柄を飲食店側が1クリック登録することで、
各銘柄の酒マップ・お店のSAKEメニューが生成・開示され、
扱っている銘柄や蔵の情報を購読したり、気になる蔵元に「招待」を送ることができます。

一方蔵元は、 海外向けの情報発信と、 それによって興味を持った飲食店から「来て欲しい」と
招待を受けることができます。 蔵元から「売り込む」だけでなく、
興味を持った飲食店側から招待する新しい形の営業を実現します。
酒マップによって自社銘柄を扱っている飲食店も分かるので、
新規開拓だけでなく、 既存顧客のフォローアップも可能になります。

※現在NYで正規流通する銘柄および蔵の97%を網羅しています。



日本酒の海外向け本格オピニオンサイト 

リンク

精米歩合や特定名称酒などを解説した日本酒のベーシックな知識は本でもウェブ上でも手に入る時代になりました。しかしそれだけで日本酒の魅力は分かりません。また全体的に日本酒の品質が上がり、スペックではもはや差別化できません。

SACKETは、“モノ”としてのスペックを超えた、文化的付加価値やストーリー造り手の哲学があってこそ、日本酒は愛されている。という哲学のもと開発しています。


コラム1 手づくり vs 機械  ”Hand made vs Machining”
リンク

[画像1: リンク ]



コラム2 純米に非ずんば日本酒に非ず? “Why some people are so fussy about Junmai or not? “
リンク


[画像2: リンク ]



コラム3 思想を持つということ "What lay beyond the glass."
リンク

[画像3: リンク ]



コラム4 日本酒の味って何で決まるの? “What determine the taste of Sake?"
リンク

[画像4: リンク ]



コラム5 日本酒のワインコンプレックス  “Sake's wine complex"
リンク

[画像5: リンク ]



SACKET
リンク

お問い合わせ
代表:伊澤優花
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。