logo

松井証券、Al技術を活用したFX向け情報ツールの提供を発表

松井証券(リンク、以下「当社」)は、AlpacaJapan株式会社(東京都港区、代表取締役:林 佑樹、以下「Alpaca」)との提携により、Alpacaが得意とする高度なAI技術を活用したFX向け情報ツールをインターネット証券で初めて、個人投資家へ提供することになりましたのでお知らせいたします。



[画像: リンク ]

Alpacaはシリコンバレーと東京に拠点を置く、金融とAI(人工知能)の融合に取り組むスタートアップで、GTC JapanのEmerging Company Summit 2016 Tokyoで最優秀賞を受賞するなどFinTech分野において注目される企業の1社です。深層学習(ディープラーニング)などのAI技術に加えて、ビッグデータ解析や金融向けデータ・ストレージなどの技術にも強みを持っており、AIによって投資アルゴリズムを自動生成するウェブアプリケーション「AlpacaAlgo」を2016年3月から提供しています。本提携では、FX(外国為替証拠金取引)に対応した「AlpacaAlgo」に当社独自の改良を加えた情報ツールを開発し、顧客に提供します。サービス開始は本年5月の予定です。

松井証券は、AIを始めとしたFinTechが金融ビジネスを大きく変革していく可能性を信じて、積極的な関与を続けていくことで、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めてまいります。

以上

*AlpacaJapan株式会社はAlpacaDB,Inc.の完全子会社です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。