logo

フェイシャル輪郭整形手術の大手 韓国TL美容整形外科 が3D頬骨引き締め形成術導入

韓国TL美容整形外科 2017年02月27日 15時28分
From 共同通信PRワイヤー

フェイシャル輪郭整形手術の大手 韓国TL美容整形外科 が3D頬骨引き締め形成術導入

AsiaNet 67479

ソウル(韓国), 2017年2月27日 /PRNewswire/ -- 西側諸国の人々に比べて、アジア人の顔全体は大きく見える。頬骨が左右に突き出ているうえ、顎が広く角張っているからである。西側の人々は顔の輪郭が立体的なため、小さい自然の顔になっている。

Photo - リンク

韓国TL Plastic Surgeryのフェイシャル輪郭整形術専門家であるキム・ジミョン博士とチョイ・セウーン博士は現在、Vライン整形術のTightening 3D Zygoma Reduction (3D頬骨引き締め)、TL Bodylong Curved Square Jaw Reduction(顎整形)、TL genioplasty(Vライン、下顎整形)を提供している。

キム・ジミョン博士は「TL Tightening 3D Zygoma Reduction技術は、頬が垂れ下がらない頬骨整形を望む患者に必要である。突き出た頬骨は、誰もがコンプレックスに思う強い印象や老け顔を与える特徴の1つ。頬骨整形術の後の頬のたるみは、患者が抱く最大の懸念の1つだが、それは頬骨削減、サイズ縮小の過程で生じる」と説明した。

博士はまた「TL Tightening 3D Zygoma Reduction整形術は、広い頬骨の後部上向き固定によって術後の頬のたるみを防ぐ。それは、キツめの後部固定および実践術によって、再手術や変形治療の副作用も防止し、剥離を最小限にしてムクミやアザを最小化する」と語った。

チョイ・セウーン博士はさらに「完全なVラインを望むなら、TL Bodylong Curved Square Jaw ReductionとTL genioplasty(オトガイ整形術)で角張った顎の広い顔にすることができる。自然で美しい輪郭の顔にするには、顔を構成する特徴の全体比率、顔の立体的効果、その他の要因を考慮しなければならない」と説明した。

また「TL Bodylong Curved Square Jaw Reduction技術は、耳の下の角張った骨から両脇の顎のラインまで全てを修正する技術で、角張った輪郭がどこから見ても滑らかなものになる」と語った。

韓国TL Plastic Surgeryフェイシャル輪郭整形センターの両ディレクターは「全てのフェイシャル輪郭整形術に先立ち、カスタマイズされた1:1の手術が行われる。それは3D-CTの立体検査を通じて全体のバランスと調和を考慮したものである。常駐の麻酔専門医、フェイシャル輪郭整形の専門家が、より安全で最適の手術の全プロセスに責任を負う」と付け加えた。

▽問い合わせ先
韓国TL美容整形外科 : Melissa Moon
ライン: jptlps
jp.tlpskorea@gmail.com
+82-10-8402-0070
リンク
Photo - リンク


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事