logo

TCL Communicationが他とは一線を画す最新BlackBerry KEYoneをMWC 2017で公開

TCL Communication Technology Holdings Limited 2017年02月27日 13時12分
From 共同通信PRワイヤー

TCL Communicationが他とは一線を画す最新BlackBerry KEYoneをMWC 2017で公開

AsiaNet 67553(0252)

【バルセロナ2017年2月26日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードするスマートフォン・メーカーのTCL Communication(リンク )は26日、新しいスマートフォンBlackBerry KEYone(リンク )を世界に向けて発表した。この新製品は、BlackBerryと2016年12月に締結した新しいブランドライセンス供与の下でTCL Communicationがリリースする初めてのBlackBerryスマートフォンである。KEYoneは高品質で信頼できるスマートフォンを世界中の顧客に提供するというTCL Communicationのコミットメントに基づき、他とは一線を画した経験ができると期待される優れたスマートフォン機能、すなわち優れたカメラ、ディスプレー、デザインなどすべてをユーザーに提供し、BlackBerry Limitedの最高のソフトウエアおよびセキュリティーを組み合わせている。BlackBerry KEYoneは4月から世界中(注)で発売され、価格は599ユーロ、499英ポンド、549米ドルとなる。

Photo リンク
Logo リンク

TCL Communicationのニコラス・ジベル最高経営責任者(CEO)は「驚くほど明確に異なるデザインをほどこしたBlackBerry KEYoneは、比類のない生産性と世界で最もセキュアなAndroidスマートフォン体験を提供することによって、通信の方法を再考する。われわれは、業界のアイコンであり続けてきたBlackBerryスマートフォンの将来像を決める大変重要な役割を果たせることをうれしく思う。またわれわれは、この最新のBlackBerryスマートフォンをめぐる興奮の高まりこそが、BlackBerryコミュニティーが誇りできる極めて貴重なものであることをコミュニティーに証明したい」と語った。

BlackBerryのアレックス・サーバー上級副社長兼モビリティー・ソリューション担当ゼネラルマネジャーは「TCL CommunicationのKEYone発表を祝福したい。われわれはTCLと緊密に協力し、セキュリティーとBlackBerry体験をKEYoneのあらゆるレイヤーに取り入れ、このためBlackBerry DNAはそのまま残っている。われわれはこのスマートフォンの販売に役立ち、BlackBerryファンにこれを紹介できることを大変うれしく思っている」と語った。

▽他とは一線を画す
陽極酸アルミニウムのフレームとソフトタッチのテクスチャード加工背面で包まれたこの最新BlackBerryスマートフォンは、最高の耐久性を提供するとともに見た目には魅力的になるように製造されている。より大きな衝撃およびスクラッチへの対抗性を提供するCorning(R)Gorilla(R)グラスの4.5インチ・ディスプレー(解像度1620x1080/434 PPI、縦横比3:2)を搭載したKEYoneは、タッチディスプレーと物理的なキーボードを組み合わせて、典型的な5.5インチ・オールタッチ・スマートフォンよりも入力に利用できる大きなスペースをユーザーに提供する。

BlackBerry KEYoneを使えば、ユーザーはキーボードに関するこれまでの知識を忘れることができる。このデバイスのSmart Keyboardは、BlackBerryのトラックパッドの伝統を受け継ぎジェスチャーに反応し、フリック入力によってウェブブラウジング、電子メール閲覧、メッセージの書き込みを、極めてスムーズかつ直感的な体験にする。このSmart Keyboardは、例えばインボックスのために「I」を、マップにアクセスするために「M」をそれぞれプレスするなど、カスタム化した最大52のショートカットをローンチするために容易にプログラムすることも可能であり、これまでにはない使い勝手の良さを提供する。さらに、KEYoneは機能性とセキュリティーを付加するため、キーパッドのスペースバーに直接組み込まれた指紋センサーによるセキュリティーも提供する。

▽まさにBlackBerryそのもの
BlackBerry KEYoneは現代のユーザー向けに周到に完成されたアイコニックなBlackBerryデザインを超えて多数の機能とセキュリティー強化を搭載、このスマートフォンをまさにBlackBerryそのものに仕上げている。革新的なこのデバイスはAndroid 7.1で動作し、ユーザーはGoogle Playストアとアプリのすべてにアクセスできるとともに、Googleからセキュリティーパッチの更新を受けることもできる。KEYoneはBlackBerry Hub(R)を装備し、すべてのメッセージを1カ所に統合する。これには、あらゆるソーシャルメディア・アカウントの電子メール、テキスト、メッセージが含まれる。BlackBerry Hubのもう1つのメリットは、アプリを切り替えることなく複数の電子メール・アカウントを管理する能力である。Gmail、Yahoo Mail、Outlook、Microsoft Exchangeのアカウントに加え、その他多数のIMAPおよびPOP3電子メール・プロバイダーをサポートする。

BlackBerryスマートフォンが他のAndroidデバイスと一線を画しているのは、初めからすべてのデバイスに組み込まれたセキュリティー強化機能である。強化されたオペレーティング・システム(OS)から、プロセッサーにセキュリティーキーを付加したBlackBerry Limited独自技術のハードウエア・ルート・オブ・トラストまで、KEYoneは可能な限り最もセキュアなAndroidスマートフォン体験を提供するように意図して設計されている。このデバイスはBlackBerryのDTEK(TM)をプリロードしており、オペレーティング・システムとアプリのセキュリティー常時監視と保護を提供し、プライバシーが危険にさらされたとき、あるいはそれを向上させる対策をどのように講じるかを、ユーザーに通知する。一瞥すれば、デバイス全体のセキュリティー状況の評価がわかり、シンプルなアクセスでセキュリティー状況を容易に向上させることができる。このBlackBerryセキュリティー・アプリケーションはアプリを監視し、誰かがカメラにアクセスして写真やビデオを撮影したり、マイクロホンにスイッチを入れたり、さらにはテキストメッセージを送信したり、コンタクトやロケーションにアクセスすれば、ユーザーに注意喚起する。

▽BlackBerry KEYONE体験
BlackBerry KEYoneを他のデバイスとは明確に異なるデザインやセキュリティー機能以外にも、追加機能がビジネスや企業ユーザー向けのモバイル通信を改革している。この最新BlackBerryスマートフォンは、Qualcomm(R)Adreno(TM)506 GPUを搭載したQualcomm(R)Snapdragon(TM)625モバイルプラットフォームが中核となっている。これが意味するのは、BlackBerry KEYoneユーザーは効率に優れたバッテリー使用と超高速ファイル共有のための高速LTEスピードのおかげで、長いバッテリー寿命を楽しめることである。BlackBerry KEYoneにはQualcomm(R) Quick Charge(TM) 3.0技術が組み込まれ、BlackBerryデバイスでは最大の3505 mAhバッテリーの使用をKEYoneで可能にし、約36分で最大50%の充電ができる。さらに最大の充電をする時間がなければ、BlackBerry Boostがバッテリーをターボチャージし、限られた時間で最大充電することができる。

Qualcomm のエンリコ・サルバトーリ上級副社長兼Qualcomm EMEA社長は「X9 LTEとAdreno 506 GPUを搭載するSnapdragon 625モバイルプラットフォームは、抜群のバッテリー寿命が加味された優れた性能と接続性を求めるユーザー向け専用に製造されたものである」と語った。

BlackBerry KEYone体験は、優れたカメラ抜きでは完成しない。このためBlackBerry KEYoneは、業界トップのSony IMX378カメラセンサーを搭載した12MPリアカメラを搭載している。大きなピクセルサイズ(1.55um)と位相差オートフォーカスによって、BlackBerry KEYoneで撮影した瞬間は、くっきりし明解である。外出先でビデオ会議をしなければならきときのために、BlackBerry KEYoneは固定焦点の84°広角レンズ付きの8MPフロントカメラを搭載している。

BlackBerry KEYoneの詳細、先行予約の最新情報に関する登録はウェブサイトwww.BlackBerryMobile.com を参照。

▽TCL Communicationについて
TCL Communication Technology Holdings Limitedは、モバイルおよびインターネット製品およびサービスの拡大しつつあるポートフォリオを、TCL、Alcatel、BlackBerryの3つの主要ブランドの下に、世界的に設計、製造、販売している。同社の製品ポートフォリオは現在、北米、中南米、欧州、中東、アフリカ、アジア太平洋の160カ国以上で販売されている。通信リサーチ会社IDCおよび同社データによると、同社は2016年第3四半期に、世界の携帯電話メーカーとして第7位、スマートフォン・メーカーとして第10位にそれぞれランクされた。また世界のタブレット・メーカーとしても第7位だった。香港に本拠を置くTCL Communicationは、中国の恵州で極めて効率的な製造工場を運営しているほか、世界中に9つのR&D(研究開発)センターを擁し、世界で1万3500人以上を雇用している。www.tclcom.com 参照。

TCLはTCL Corporationの登録商標である。他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産である。AlcatelはTCL Communicationのライセンスに基づいて使用されるAlcatel-Lucentの商標である。

BLACKBERRYとEMBLEM Designにとどまらず商標はBlackBerry Limitedの商標ないしは登録商標であり、ライセンス供与の下で使用され、その商標に対する独占権は明示的に保護されている。他のすべての商標はそれぞれの所有者の財産である。BlackBerryはいかなる第三者の製品、サービスに責任を負わない。

Qualcomm、Snapdragon、Adrenoは米国およびその他の国でQualcomm Incorporatedの商標である。Quick ChargeはQualcomm Incorporatedの商標である。Qualcomm Snapdragon、Qualcomm Adreno、Qualcomm Quick ChargeはQualcomm Technologies, Inc.の製品である。

▽報道関係問い合わせ先
Jason Gerdon-North America
jason.gerdon@tctusa.com;

Camille Gere-EMEA
camille.gere@tcl.com;

Linna Yi-Hong Kong
linna.yi@tcl.com

(注)TCL Communicationは、インド、スリランカ、ネパール、バングラデシュ、インドネシアを除き、世界におけるBlackBerryブランド・スマートフォンの独占的メーカーおよびディストリビューターである。

ソース:TCL Communication Technology Holdings Limited

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事