logo

23~26日開催「よみうりヘルスケアフェスタ」に地域産品を紹介・販売するブースが登場!

みんなではぐくむ にっぽんの食 広報事務局 2017年02月24日 17時30分
From 共同通信PRワイヤー

2017年2月24日

「みんなではぐくむ♪にっぽんの食」イベント広報事務局

23~26日開催「よみうりヘルスケアフェスタ」に地域産品を紹介・販売するブースが登場
「みんなではぐくむ♪にっぽんの食」イベントで地域の特産品に触れよう!

 農林水産省は、国産農林水産物・食品に対する消費者の理解や信頼を高めることを目的として、全国各地で地域の農林水産物の魅力を消費者に伝えるイベント「みんなではぐくむ♪にっぽんの食」を実施しています。今回は、2017年2月23日(木)から26日(日)までの4日間、イオンレイクタウンmori“水の広場”にて開催されている「よみうりヘルスケアフェスタ」(主催:読売新聞東京本社)の会場内にブースを出展し、地域産品を紹介したり、販売しています。また25日(土)には同所でステージイベントも行います。

 イベントブースでは、展示パネルや来場者に配布するリーフレットを通じて、全国の地域産品の紹介や、それらをより美味しく食べる方法等の紹介を行っています。また、生産者の方の農作物等への想いや、こだわりについてのメッセージ映像を放映したり、地元埼玉や近隣県の生産者による、農作物や加工品などの販売を行っています。例えば埼玉の「MK Farm」は生ゆずこしょうやピクルスを、同じく埼玉の「遠藤ファーム」は、ごぼうや菜の花、蜂蜜などの販売を行っており、試食には多くの買い物客が手を伸ばしていました。
【画像: リンク 】【画像: リンク
 さらにブースでは、日本の食の“元気の秘密”や、全国の地域産品に関するクイズをモチーフにしたストラックアウトを実施し、「埼玉県が農業生産量日本一である農作物は何?」「持久力アップに役立つニッポンの代表的な食材は?」などの問題に、参加者たちが頭を悩ませていました(答えは小松菜/お米)。

 25日(土)14時からは、会場でステージイベントが行われます。イベントブースで連日、農作物や加工品などの販売を行っている生産者の方たちや、管理栄養士の鶴田麻里子さんが登壇し、地域産品の魅力や食材を活かす料理方法等についてトークセッションを行います。

 ブースでは、「国産農林水産物」に関するアンケートを実施しており、回答者には、野菜や果物の消しゴムをプレゼントしています。25日(土)、26日(日)はイオンレイクタウンに足を運び、全国の地域産品に触れてみてはいかがでしょうか。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。