logo

「太閤四季彩園~官兵衛古道」桜ライトアップ および 敷地内歩行者通り抜け解禁のお知らせ 4月1日(土)より 有馬温泉 太閤の湯にて

株式会社阪急阪神ホテルズ 2017年02月24日 14時40分
From PR TIMES

阪急阪神第一ホテルグループの一員である株式会社有馬ビューホテル「有馬温泉 太閤の湯」(神戸市北区有馬町池の尻292-2 代表取締役社長 入谷 泰正)は2017年4月1日(土)、「太閤の湯」正面に位置する「太閤四季彩園~官兵衛古道」にてライトアップイベントを開始、同日からライトアップ実施期間中「太閤の湯」敷地内の歩行者通り抜けを解禁いたします。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

■市街より気温が約2℃ほど低い有馬は、市街地より少し遅めに桜が見頃を迎えます。敷地内いっぱいに咲き誇る桜を昼も夜もお楽しみください。
敷地内の約150本の桜を30基の大型照明でライトアップするほか、「ねねハーブの小径」を夜空に浮かぶ星を集めたようなLEDライトで演出いたします。昼間の甘く優しい姿とは異なる夜の闇に浮かび上がる幻想的で華やかな花々を、たっぷりとお楽しみいただけます。
期間/2017年4月1日(土)~4月11日(火)終了予定 時間/18:00~23:00

■期間中の歩行者通り抜け解禁により、有馬の桜狩りスポット充実をバックアップ
有馬の桜名所と言えば樹齢200年を超える善福寺のイトザクラや親水公園の桜並木が有名ですがソメイヨシノや枝垂れ桜など約150本のさまざまな風情の桜が咲き誇る当館園内の桜ライトアップは善福寺や親水公園とはまた異なる幽玄の極みともいえる迫力ある眺めとなります。
当社では有馬観光活性化のため地域内の春の観光スポットを充実すべく、グループで散策しながら花見ができる桜狩りスポットとして、ライトアップ期間中「有馬ビューホテルうらら」「有馬温泉 太閤の湯」をご利用されない皆様にも園内を開放し、有馬の春の魅力を広く発信してまいります。


有馬温泉最大の温泉テーマパークから温泉地日本一のプレミアム外湯へ
2014年2月22日(土)「有馬温泉 太閤の湯」大改装グランドオープン

[画像3: リンク ]

●湯屋番(フロント)・エントランス
安土桃山時代へタイムスリップ!!
安土桃山時代に建築された聚楽第(じゅらくだい)など代表的な建造物に取り入れられた入母屋(いりもや)屋根仕立ての湯屋番(フロント)、万葉集にまで遡る「有馬百人一首」に因んだ絵札の天井装飾が歴史上の人物たちの言葉と共に安土桃山時代の有馬町へと誘います。

◎大浴場への渡り廊下
安土桃山時代の有馬町から湯山御殿へというストーリーの中でゲストの皆様が秀吉の時代の町並みを歩き、御殿の中で湯遊びざんまいを堪能するような、そんな心浮き立つ楽しさを演出いたしております。

●大浴場“金銀癒しの湯”に「黄金の蒸し風呂」誕生
太閤の湯ならではの良質な「金泉」「銀泉」の蒸し風呂を一度に全身で体感
起源は600万年前の古海水に遡る奇跡の名湯、金泉の源泉と日本屈指のラジウム量を誇る銀泉を使用し、贅を尽くした本格派蒸し風呂を提供。
岩盤浴用浴衣を身に着けず、素肌のままでその力を体感したい、そんなお客様の本物志向にお応えして誕生いたしました。

これらの完成により、有馬温泉 太閤の湯は全26種ものバラエティに富む温浴施設が楽しめる有馬温泉でオンリーワンの日帰り温泉テーマパークであり、温泉地日本一のプレミアム外湯とも云える質と規模になりました。

[画像4: リンク ]

●7,000平米ほぼ全面改装といえる今回の改装では、約30,000通のお客様の声と顧客サービスノウハウを集約してより上質なおもてなしができる温浴施設へとグレードアップ
■混雑時の待ち時間圧縮
下足・更衣室・脱衣室ロッカー数の増加、温浴施設数の増加、通路の拡大
お休み施設の増床、湯の山街道(フードコート)の改良
■外国人ゲストへの配慮
外国人向け館内サイン類および館内施設案内ビデオの制作
■快適空間の提供
浴場シャワーブースの独立化・デザイン化
ナノマイクロバブルシャワーの採用、更衣室および脱衣室の面積拡大と質感向上、上品な新形状ロッカー、意匠を凝らした洗面台
ドライヤーブース、衛生設備数の増加など
大浴場“金銀癒しの湯”洗い場
より使いやすくなったシャワーブースを採用。秀吉の馬印であるひょうたんをモチーフとした黒御影石の衝立でセパレート。

六甲の四季の自然に触れ、健康増進とともに知的好奇心も刺激する
有馬温泉 太閤の湯 歴史探訪ヘルスレーン「太閤四季彩園~官兵衛古道」誕生

[画像5: リンク ]

●お手本は温泉療法の先進国 ドイツのクアパーク
2007年太閤の湯は民間日帰り温浴施設として日本初の温泉利用プログラム型健康増進施設として厚生労働省に認定され翌2008年には社内温泉コンシェルジュ制度を導入。
そして2014年大改装で“癒し”をテーマとした「温泉テーマパーク」から一歩さらに進化して“健康増進”というコンセプトを付加。
温泉療法の先進国ドイツで温泉療養地の条件とされているクアパークに倣い、敷地内「太閤四季彩園」に2010年先行オープンした“ねねハーブの小径”の東側に、健康増進とともに知的好奇心も満足していただける歴史探訪ヘルスレーンとして“官兵衛古道”を整備いたしました。

[画像6: リンク ]

●有馬ゆかりの武将・黒田官兵衛を懐旧しながらウォーキング
このヘルスレーンでは有馬ゆかりの歴史探訪を楽しめる工夫を施しています。2014年度はNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公・黒田官兵衛の生涯を辿る「官兵衛古道」がお目見え。四季折々の有馬の自然と語らいながら播州姫路に生まれた地方大名の家老がいつしか、天下一の軍師へと変貌する人生を辿っていただけます。

●森林浴でNK細胞活性化
2006年度の日本医科大学 李卿講師・川田智之教授の研究で森林浴がNK細胞内の抗がんタンパク質の増加によってNK細胞活性(注1)を上昇させること、森林浴がストレスホルモンを減少させ、ストレスによる免疫抑制を解除させること、森林滞在が免疫機能を高めることを証明。森林からのフィトンチッド(注2)および森林浴によるリラックス効果がNK細胞の活性に寄与することが分かっています。
※注1
ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種。特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要な役割を果たします。
細胞を殺すのにT細胞とは異なり事前に感作させておく必要がないということから、生まれつき(natural)の細胞傷害性細胞(killer cell)という意味で名付けられました。
※注2「フィトンチッド」
フィトンチッド とは、 微生物の活動を抑制する作用をもつ、樹木などが発散する化学物質。植物が傷つけられた際に放出し殺菌力を持つ揮発性物質のことを指します。

[画像7: リンク ]

●森林浴ヨーガでさらに免疫力アップ
官兵衛古道では日本温泉保養士協会の監修を受けた森林浴ヨーガのサインを古道内に3箇所設置。動きとともに呼吸を合わせるヨーガによって、効果的にフィトンチッドを体内に吸引していただけるよう工夫しています。ヨーガポーズは春(4月~6月)、夏(7月~9月)、秋(10月~11月)季節ごとに替えてご案内いたします。

平成17年4月11日
有馬温泉太閤の湯グランドオープン
平成17年10月
金泉移動式足湯「デリバリースパ」新設
平成18年4月
太閤の湯内 岩盤ミュージアム「太閤夢蒸楽(たいこうゆめじゅらく)」オープン
天然温泉ミストと11種類の鉱物や岩石を用いたプレミアム岩盤浴
平成18年10月
ご来館50万人達成
平成19年3月
厚生労働省より温泉利用プログラム型健康増進施設認定
平成19年4月
ホテル阪急エキスポパーク内「夢蒸楽インエキスポパーク」プロデュース!
平成19年7月
太閤の湯内 貸切個室岩盤浴「ひょうたん夢蒸楽」オープン
関西温浴施設初、カップル及び小グループ向け個室岩盤浴設置
アロマインハレーションを日本初設置 クールルームソルトピット設置
平成20年4月
太閤の湯内「開運祥福太閤貴宝風呂」オープン
岩盤素材に稀少なパワーストーンを使用したプレミアム岩盤浴
平成20年5月
全方位型温泉サウナ「極みの溶岩サウナ」オープン
平成20年6月
ご来館100万人達成
[画像8: リンク ]

平成20年7月
阪神阪急六甲有馬連携推進協議会の設立
平成21年6月
六甲有馬元気アップキャンペーン ※六甲有馬施設連携販売の推進
平成22年4月11日
オープン5周年
平成22年4月27日
ご来館150万人達成
平成22年4月27日
ねねハーブの小径オープン ※参考写真1
平成22年7月10日
日本初の屋外型岩盤浴
東露天風呂ゾーン「金泉幕湯岩盤足湯」オープン
西露天風呂ゾーン「銀泉陣幕岩盤足湯」オープン
平成24年1月24日
ご来館200万人達成
平成25年4月30日
ご来館250万人達成
平成26年2月22日
7,000平方メートル全面改装オープン
平成26年2月22日
歴史探訪ヘルスレーン
「官兵衛古道」オープン ※参考写真2
平成26年10月15日
ご来館300万人達成
平成27年4月7日
特定非営利活動法人「森林セラピーソサエティ」協力施設認定
平成27年4月11日
オープン10周年
鳥取県智頭町森林セラピー推進協議会との包括連携協定締結
平成28年1月16日
ご来館350万人達成

本件に関するお問い合わせ先
有馬ビューホテルうらら 木村 ゆう
TEL.078-904-3117(直) FAX.078-904-0993(直)

有馬温泉太閤の湯 リンク

リリース リンク

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。