logo

発売以来人気の「CINEMA」シリーズから新モデル登場! 圧倒的な迫力のバーチャルサラウンドや最新の4Kにも対応する 2.1chホームシアターシステム「CINEMA SB450」新発売!



[画像1: リンク ]

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:仲井一雄)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、2.1chホームシアターシステム「CINEMA SB450」を3月3日(金)より発売します。

今回発売する「CINEMA SB450(シネマエスビー450)」は、発売以来ご好評いただいている高音質かつパワフルで臨場感のあるサウンドをお楽しみいただける「CINEMA」シリーズの最新モデルです。4K Ultra-HDパススルーに対応しているので、BDプレーヤーなどのデバイスからSB450を介してTVへ接続した際にも最上位フォーマットのまま入力・再生ができ、クリアで迫力のある映像と音をお楽しみいただけます。
本製品は、世界中の映画館やコンサートホールで使用されているJBLの音響テクノロジーが搭載されており、圧倒的な迫力と臨場感のバーチャルサラウンドを最大出力440Wのパワーでドライブ。TVや映画の鑑賞だけでなく、音楽試聴やゲームなどご自宅での幅広いシーンで活躍します。TVとの接続は、付属の光デジタルケーブルにつなぐだけで簡単に行えるほか、Bluetoothにも対応しているため、リビングオーディオとしても本格的なJBLサウンドをお楽しみいただけます。さらに、コンパクトサイズのサブウーファーは、サウンドバーとワイヤレス接続のため、お好みの場所に自由にセッティングが可能です。音楽試聴やTV・映画鑑賞を本格的にお楽しみいただける「SB450」でワンランク上の上質なライフスタイルをご堪能ください。

【特長】
■4K Ultra-HDに対応。
4K Ultra-HDパススルーに対応しているため、4Kテレビなどと組み合わせることで、Ultra-HDのBlu-rayソフトに記録される映像と音声を最上位フォーマットのまま入力・再生することができ、クリアで迫力のある映像と音をお楽しみいただけます。
[画像2: リンク ]


■臨場感と迫力あるサウンドを生み出す、独自の 「HARMAN Display Surround」を搭載。
最大出力440Wのパワーを備えたホームシアターシステムは、独自の「HARMAN Display Surround」モードの搭載により、圧倒的な迫力と臨場感を実現。映画館やコンサートホールで活躍するJBLのサウンドクオリティを、包み込まれるようなバーチャルサラウンドでお楽しみいただけます。
[画像3: リンク ]


■音楽も本格的に楽しめる音質設計。


Bluetoothに対応しているため、スマートホン、PC、タブレットなどの対応デバイスを簡単に接続できます。8インチ(200mm)200Wのワイヤレス・サブウーファーを搭載しているため、JBLならではのパワフルな重低音をお楽しみいただけます。

■多彩な入力に対応。かつケーブル1本で簡単接続が可能。
HDMIだけでなく、光ケーブルデジタル音声入力端子を装備しているので、TVとの接続はHDMIの相性を心配することなく接続することができます。また、接続もケーブル1本をつなぐだけで接続が可能なため、面倒な設定も不要です。
※アナログケーブルにも対応しています。


■設置しやすいコンパクトサイズ&自由なレイアウトが可能。

[画像4: リンク ]

サブウーファーとサウンドバーはワイヤレス接続のため、お好みの場所にセッティングが可能です。サブウーファーは薄型ラックにも収まりやすい幅32cm、高さ35.5cm、奥行32cmのコンパクトサイズで、置き場に困らずすっきりと設置できます。サウンドバーは、TVの前にスマートに設置できるだけでなく、付属の壁掛け用金具を使うことで、環境に合わせてより自由なレイアウトで配置することが可能です。

■リモコン学習機能によりお手持ちのTV用リモコンから操作可能。
CINEMA SB450は、付属のリモコンだけでなく、お手持ちのTV用リモコンでも操作が可能となる「TV Remote Control Learningリモコン学習機能」を搭載。電源・ボリューム・消音の操作をTV用リモコンからコントロールすることができます。

【主な仕様】
製品名:CINEMA SB450(シネマエスビー450)
カラー:ブラック
タイプ:4K Ultra-HD対応2.1ch ホームシアターシステム
使用ユニット:サウンドバー:58mm径ミッドレンジドライバー×4、32mm径ツイーター×2、
       サブウーファー:200mm径ウーファードライバー×1
最大出力:総合440W
音声入力:HDMI(ARC)×1、HDMI×3、Bluetooth×1、光デジタル×1、アナログ×1
周波数特性:40Hz - 20kHz
Bluetooth:バージョン:Bluetooth3.0
サイズ(W x H x D):サウンドバー:1100×97×76 (mm/本体のみ)、
          サブウーファー:320×355.5×320 (mm)
重量(ケーブル含まず):サウンドバー:3.4kg、サブウーファー:9.5kg
付属品:光デジタルケーブル(1.5m)×1、HDMIケーブル(1.0m)×1、リモコン×1、壁掛用取付金具×1、電源ケーブル×2(各1.5m、サウンドバー、サブウーファー)
価格:オープン価格 ※公式通販サイト販売価格 59,880円(税抜)

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、ブラジルワールドカップでは全競技場の6割がJBLの製品を採用しました。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、 JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で2,500万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍、2016年12月末までの12か月で72億米ドルの売上を報告しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。