logo

【可能性は無限大!】コーディルテクノロジー株式会社が、生活をプログラミングできるサービス「Codyl Connect」のβ版をリリース!(iOS)

コーディルテクノロジー株式会社 2017年02月24日 08時00分
From PR TIMES

~使い方はあなた次第。今まで思いもしなかったサービスを作り出せるかもしれません!~

ウェブ上に存在する多くの「サービス」と、 スマートフォン、 IoTデバイスなどの「モノ」を、 ユーザーのプログラミングに従って接続できるサービス「Codyl Connect」



コーディルテクノロジー株式会社(本社:東京都調布市 代表:渡辺敏)は、 「サービス」と「モノ」をつなぎ、 生活をプログラミングできるサービス「Codyl Connect」のβ版をリリースしたことを発表いたします。 (iOS)

[画像1: リンク ]



【Codyl Connectとは】

インターネット上に存在する様々な「サービス」と、 スマートフォンやIoTデバイスなどの、 インターネットからアクセスできる「デバイス」を相互に、 高い自由度で「接続(Connect)」することを可能にするのが【Codyl Connect】です。

・「サービス」や「デバイス」は各提供事業者が考える使い方でしか利用できない。
・個人でAPIを使い「サービス」と「デバイス」を接続することは容易ではない。
・従来の「サービス」と「デバイス」を接続させるサービスでは自由度が低い。


【Codyl Connect】はこれらの問題を解決し、 場所・時間などを含めた複数のトリガーやアクションを組み合わせ、 「サービス」と「デバイス」の自由な連携を可能にします。

[画像2: リンク ]



Codyl Connectのグラフィカルなプログラミング環境を使えば、 各種Webサービスとスマートフォンとをブロックを並べるような簡単さで連携でき、 生活をプログラミングすることが可能です。 また、 事前にプログラミング済みのテンプレートも用意してあり、 ユーザーはテンプレートを選ぶだけで、 スマートフォンを既存のWebサービスとつなぐことができます。

[画像3: リンク ]



【活用例】
1.自宅にいるのにスマートフォンを自宅のWi-Fiに接続していない状態を警告して、パケットの使い過ぎを防止する。
[画像4: リンク ]



2.毎朝自動的に、必要な情報(天気予報やいつもチェックしているウェブサイトへのリンクなど)を自分のスマートフォンにプッシュ通知して、 朝の忙しい時間を効率的に使う。
[画像5: リンク ]



3.スマートフォンアプリのボタンを押して、 その場所から自宅までの経路を表示する。
[画像6: リンク ]



4.会社帰りの買い物リストを自分宛にメールしておくと、 自宅の最寄駅やその店のそばに着いたら自動的に、 またスマートフォンのボタンの操作で、 買い物リストをスマートフォンにプッシュ通知。 買い忘れを防ぐ。
[画像7: リンク ]



現在利用できるスマートフォンは、 iOSのみ対応ですが、 今後はAndroidにも対応する予定です。 また、 下記のような様々なサービスやデバイスへの対応も予定しています。


■LINEやFacebookなどのSNSをはじめとした他のWebサービスへの対応

【活用例】
・普段から使っているLINEを通知先にしたり、 家族や仲間へ天気予報などの情報を同報通知する。
・メールで届いた重要情報(エラー情報、 送信元が重要人物など)を、 自動的にSlackやLINEで自分やグループに送る。


■物理デバイス対応

【活用例】
・物理ボタンに対応することで、 子供やお年寄りなどが簡単な操作で、 家族や友人に通知(電話をかけてきてほしいなど)を送信。
・赤外線リモコンに対応することで、 自分の位置情報や時間帯に従って、 家電を制御する。


【Codyl Connectサービス紹介ページ】
codyltech.com/connect
【Codyl Connectベータサービスサイト】
connect.codyltech.com
【iOSアプリ】
リンク


ベータサービス提供にあたり、 「Codyl Connect」のサービスを存分に体験いただけるよう次のキャンペーンを同時に開始いたしました。


ウェルカムキャンペーン


[表1: リンク ]



スタートアップキャンペーン


[表2: リンク ]



※1 walksとはCodyl Connectにおけるプログラムの実行可能量をあらわす単位です。 (多くのwalksを所有することで多くのプログラムを実行可能)


【コーディルテクノロジーおよびCode Your Lifeについて】

コーディルテクノロジーは、 インターネットサービスやインターネットに接続可能なモノが、 ますます生活の中に浸透してくる時代に対応し、 それぞれのサービスやモノを各サービス提供事業者が作る枠組みの壁を破り、 APIを通じてユーザー自身がそれぞれを接続・組み合わせることで、 自分自身の生活に自由を与える、 すなわち「Code Your Life(生活をプログラムする)」をコンセプトとして起業したスタートアップです。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。