logo

防災アプリに「災害時協力寺院」情報提供で協定締結

ファーストメディア株式会社 2017年02月24日 09時00分
From PR TIMES

ー災害支援いのちの井戸プロジェクトー

 ファーストメディア株式会社(東京都千代田区、代表取締役:山崎佳一)と、宗教法人 日蓮宗(東京都大田区、代表役員:小林順光)は、当社が運営するスマートフォン向け防災アプリ「全国避難所ガイド」(無料)に、2017年2月24日(金)、全国で初めて「災害時協力寺院」の情報提供を受け協定を締結いたします。



 防災情報「全国避難所ガイド」は、全国の自治体が定めた災害時の避難所や避難場所を約13万件収録し、現在地周辺の避難所検索や防災情報が通知される、災害時の避難行動支援アプリです。

 日蓮宗では、「災害支援いのちの井戸プロジェクト」として、全国5,165ヶ所の寺に対して災害支援調査を実施。調査によって集まった情報は災害時に役立つ情報として、スマートフォン向け防災アプリ「全国避難所ガイド」に順次登録していきます。

 日本国内の寺院数は約77,000寺(※1)で、コンビニエンスストアの店舗数54,501店(※2)より1.4倍も多く、過去の大災害では、宗派を超え多くの寺院・僧侶が被災地で様々な支援活動を行いました。また、避難所として施設を開放するなど、地域社会に対する社会貢献性は高く大きな存在意義があります。
※1 文化庁 宗教年鑑 平成27年度版
※2 (一社)日本フランチャイス゛チェーン協会 コンヒ゛ニエンスストア統計調査

 この度の、「災害時協力寺院」情報に関しましては、当社と宗教法人が互いに協力し合い、災害時に提供可能な生活用水や帰宅困難者支援、一時的な避難場所の提供など、ひとりでも多くの被災者を支援できるよう、当社と日蓮宗が全国に先駆け「共助」の取り組みとして協定を締結するものです。
 当社では、提供された災害時協力寺院の情報を順次登録し、無料の防災アプリ「全国避難所ガイド」で検索表示できるようにします。今回の日蓮宗との協定締結を始めとして、今後は他の宗派についても情報登録および協定締結に取り組んでいきます。

(災害時協力寺院情報の内容)
・井戸の調査および生活用水の提供について
・帰宅困難者支援(災害発生後数時間~1日程度)について
・一時避難場所(災害発生後2、3日程度)について

(協定締結および記者会見のご案内)
日  時:2017年2月24日(金) 11:00~
場  所:日蓮宗 宗務院 4階(東京都大田区池上1−32−15)
・協定締結式
・全国避難所ガイドの掲載説明
・共同記者会見
お問合せ:日蓮宗宗務院 伝道部(高桑・仁部) 03(3755)5105 (直)

【全国避難所ガイド掲載見本】

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


『全国避難所ガイド』iPhone版/Android版 概要
【収録データ】
・全国避難所データベース 約13万件(データベースは随時更新)
・全国の避難所、避難場所、避難場所、帰宅困難者一時滞在施設、津波避難施設、給水拠点、医療機関、AED設置場所
・全国の活断層、土砂災害警戒区域、浸水想定区域、富士山ハザードマップ

【主な機能】
・アプリ起動と同時に現在地周辺の避難所を検索、標高表示
・防災情報の配信、プッシュ通知
・ARカメラ・避難コンパス機能による、避難所方向および自宅の方向を表示
・全国の活断層、ハザードマップ表示
・安否登録、安否確認
・現在地エリア情報、Twitterライフライン情報の表示
・防災行政無線との連動
[画像4: リンク ]


(アプリダウンロード)
・[App Store] リンク
・[Google Play] リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。