logo

CANopenネットワーク運用管理のためのCANopen DeviceExplorerツール販売開始

CANopenネットワーク運用管理のためのCANopen DeviceExplorerツール販売開始

ポジティブワンは、CANopenネットワーク運用管理のためのCANopen DeviceExplorerツールの販売を開始いたします。

ポジティブワンは、ドイツに本社があるSYS TEC electronic製「CANopen Device Explorer」の販売を開始いたします。「CANopen Device Explorer」は、開発、テスト、診断、およびサービスタスクのための汎用ツールです。 CANopenマスタ機能を提供し、CANopenデバイスの解析と構成を可能にします。各CANopenデバイスに関する情報は、デバイスの電子データシート(EDSまたはXDDフォーマット)から読み取るか、デバイスから直接スキャンできます。標準化されたデバイスコンフィギュレーションファイル(DCF)を使用してデバイスコンフィギュレーションを保存またはインポートできます。さらに、CANopenネットワーク全体のデータをプロジェクトファイルに保存することができます。

CANインタープリタは、既にCANアナライザツールとして標準バージョンに含まれています。 リアルタイムでCANバスを監視し、ネットワークの起動と診断をサポートします。 ユーザは、バスに送信されたメッセージを未処理のCANテレグラム(CANレイヤ2)またはCANopenメッセージ(CANレイヤ7)として解釈することができます。 オプションでデータ転送の記録を行うと、後でオフライン分析が可能になります。 CANopen DeviceExplorerは、SYS TEC電子USB-CANモジュールによって生成されたハードウェアタイムスタンプを持つCANメッセージを表示します。 Process Data Linkerプラグインと組み合わせることにより、CANopen DeviceExplorerは、計画、実装、分析、デバッグなどの機能全般を実現する包括的なツールとなります。

ハードウェアサポートへの拡張
様々なメーカーのCANバス・インターフェースに対する特別なハードウェア・サポートを提供しています。特定のサプライヤだけに限定されません。

CANopen Device Explorer機能と効果
・ デバイスとネットワーク構成の保存とロード
・ CANopen EDSおよびDCFファイルに基づくプロジェクト指向のネットワーク構成
・ CANopenデバイスのオブジェクトディクショナリへのオンラインおよびオフラインアクセス
・  統合されるCANopenの主要機能:NMTコマンド(ネットワークの開始/停止)、ノードガーディング(スタート/ストップガード&ハートビート)、PDOの設定(マッピング&通信パラメータ)、CANopenデバイスのリセット(通信リセット、ノードリセット)
・ CAN電信の表示(CANレイヤ2)、CANopenメッセージの解釈(CANレイヤ7)などのリアルタイムバスモニタリング用の統合型CANアナライザ
・ CAN電信の記録と後からの解釈
・ PDOの表示と手動送信
・ ユーザ仕様に準拠したCANデータの解釈
・ CANバスを介したデバイスおよびネットワーク構成のダウンロード
・ バスに接続されたデバイスを検出するためのネットワークスキャン
・ 単一または周期的なCANメッセージまたはシーケンスの送信

拡張機能
CANopen DeviceExplorer PDL(ProcessData Linker)プラグイン
CANopen DeviceExplorerから複雑なCANopenネットワークの計画と試運転のためのツールをすべて取り入れます。適切なPDO内の異なるデバイスのプロセス・データ・オブジェクトを相互接続します。必要な通信およびマッピングエントリが作成され、関係するデバイスのDCFファイルに格納されます。要求に応じて、構成データをデバイスに送信し、永続的に保存することができます。わずか数回のクリックで、デバイスのリンケージを定義できます。 CANopenの詳細な知識は必要ではなく、わずかな労力でPDOリンクが行われます。

CANopen DeviceExplorer LDDマスタープラグイン
すべてのLSSマスタサービスを提供し、CANopenデバイスの開発を容易にします。 LSSスレーブのビットレートとノードIDは、CAN-Busによって遠隔から調整できます。ネットワーク全体のスキャンとネットワーク全体のノードIDの半自動割り当てもサポートされています

CANopen DeviceExplorer CiA402プラグイン
CiA402に従ってCANopenドライブのステートマシンを制御することができます。プロファイル位置と速度モードモジュールでは、加速、速度、減速、および目標位置のようなパラメータの設定が可能です。

CANopen DeviceExplorerSRDOプラグイン
CANopen DeviceExplorerの追加のダイアログが表示され、CiA 304準拠の安全関連データオブジェクト(SRDO)の一貫した設定とプロセスデータの安全な送信が行われます。

製品の問い合わせにつちえ
・ CANopen DeviceExplorer
Windows / Linux用CANopen DeviceExplorerのシングルユーザライセンス、
ドキュメンテーション
・ CANopen DeviceExplorer Bundle
Windows / Linux用CANopen DeviceExplorerのシングルユーザライセンス、
デバイスドライバ付USB-CANmodul1ケーブル、ドキュメンテーション
・ CANopen DeviceExplorer PDLプラグイン
*このプラグインを使用するにはCANopen DeviceExplorerソフトウェアが必要です
・ CANopen DeviceExplorer LSSプラグイン
*このプラグインを使用するにはCANopen DeviceExplorerソフトウェアが必要です
・ CANopen DeviceExplorer SRDOプラグイン
*このプラグインを使用するにはCANopen DeviceExplorerソフトウェアが必要です
・ CANopen DeviceExplorerScriptプラグイン
*このプラグインを使用するにはCANopen DeviceExplorerソフトウェアが必要です

【SYS TEC electronic GmbHについて】
SYS TEC electronic GmbHは、ドイツ・ハインスドルファーグルント州にある分散型オートメーション技術の経験豊富なシステムハウスです。本社および生産施設はドイツに拠点を置いています。 1990年に設立され、マイクロコントローラシステムと産業通信の開発で25年以上の経験を積みんでいます。 お客様のニーズに合わせてカスタマイズされたハードとソフトのソリューションを開発、実装しています。 DIN EN ISO9001:2008に従って、開発から製造、出荷までのすべての領域が認証されます。ポジティブワンは、日本総代理元として、販売及びサポート、受託開発支援を共同で行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL リンク

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事