logo

トライステージ、一般用漢方製剤通販事業に進出 ~社内ベンチャーに10億円投資、高成長が続く一般用漢方製剤市場に新規参入~   

身体の悩みを抱えている消費者は、薬局などの対面販売の場では人目を気にして相談を躊躇する傾向が。このニーズを踏まえ、電話で有資格者のカウンセリングを受けながら、一般用漢方製剤等を購入できる通販を開始。

ダイレクトマーケティング企業を支援する株式会社トライステージは、子会社である株式会社日本ヘルスケアアドバイザーズを通じて、平成29年3月1日より一般用漢方製剤の通信販売事業を開始します。



[画像: リンク ]

ダイレクトマーケティング企業を支援する株式会社トライステージ(本社:東京都港区、代表取締役:丸田 昭雄、証券コード2178、以下「当社」)は、子会社である株式会社日本ヘルスケアアドバイザーズ(以下「NHA社」)を通じて、平成29年3月1日より一般用漢方製剤の通信販売事業を開始することを決定いたしましたので、お知らせします。

従来より、頻尿、更年期障害等の悩みを抱えている消費者は、ドラッグストアなどの対面販売の場では人目を気にして相談を躊躇する傾向がありました。NHA社はこうしたニーズを踏まえ、有資格者(薬剤師・登録販売者)にコールセンターのオペレーター業務を担わせることにより、人目を気にすることなく、有資格者(薬剤師・登録販売者)のカウンセリングを受けながら、一般用漢方製剤等を購入することができる通信販売体制を構築いたしました。

NHA社の商品構成は、原料の産地や製法にこだわった高品質な日本製漢方製剤等を中心に計画しており、開業時には中高年層に悩みの多い頻尿の改善効果が期待できる漢方製剤「八味地黄丸(はちみじおうがん)エキス錠」など、2商品を提供する予定です。

漢方製剤市場は平成26年度で1,581億円あまりと、医薬品全体の2.4%程度の市場規模であるものの、年々成長を重ねています。とくに一般用漢方製剤市場の成長が目覚ましく、前年比では+22.1%の成長を示しています。今後さらに1.少子高齢化による医療費の高騰2.健康やセルフメディケーションに対する意識の高まり3.慢性疾患患者の増大などの影響も受け、一般用漢方製剤に対するニーズはますます高まっていくものと見込まれております。

NHA社では、利便性の高い通信販売チャネルを提供することで、従来の対面販売形式では獲得できなかった消費者層を対象とする市場を開拓することができ、一般用漢方製剤市場全体の拡大にも貢献するものと考えています。

同社は小さなスタートアップ企業でありますが、一般用漢方製剤販売及び通信販売に関する経験を持った人材が集結しており、彼らが培ってきた知識や経験と、当社の保有する通販支援事業のリソースを活用することで、新たな価値を生む事業モデルを創出し、その後の事業成長を加速できるものと期待しております。

なおNHA社の事業開始により、当社は創業来初めて、通販事業に進出することとなります。当社はクライアント企業のパートナーとして支援事業に特化してきましたが、事業者自身でないとノウハウが得られない顧客管理に関して理解が足りない部分がありました。このたび当社自らが通販事業を営むことで、顧客である消費者と向き合って、理解を深めることができるようになります。

また今後NHA社の事業拡大期においては、マーケティング施策としてテレビ通販の活用が考えられますが、NHA社が当社放送枠の利用者となることで、放送枠の仕入や放送枠DBの構築において、スケールメリットが拡大します。加えて、クライアント企業が放送計画を変更することで生じる放送枠在庫を、柔軟に調整することができるものと考えております。

当社は今後も、クライアント企業のダイレクトマーケティング事業を総合的に支援するべく、より一層尽力してまいります。


【漢方製剤市場と、セルフメディケーションについて】
1)漢方製剤市場の現況と動向
平成26年度における国内医薬品生産金額

国内医薬品全体 :6兆5,897億円
うち漢方製剤等 :1,581億円(全体の約2.4%)  前年比18億円減(-1.2%)

内訳 


医療用:1,272億円(構成比約80.5%) 前年比74億円減(-5.5%)
一般用: 308 億円(構成比約19.5%) 前年比56億円増(+22.1%)


参照:厚生労働省 薬事工業生産動態年報 リンク

2)セルフメディケーションについて


セルフメディケーションについて、世界保健機構(WHO)は、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義しています。
具体的には、個人が健康管理を主体的に行い、体調不良が生じる都度病院に頼るのではなく、市販薬などを適切に使用して、自分自身で健康の維持や病気の予防・治療を行う状況を指しており、取り組みが軌道に乗れば高齢化に伴って急増中の国民医療費を削減できるため、今後も厚生労働省等行政による推進が続くとみられます。



【新会社の概要】
会 社 名: 株式会社日本ヘルスケアアドバイザーズ ※日本の読み方は「にっぽん」

本店所在地: 東京都港区海岸1-2-20汐留ビルディング21階

店舗所在地: 東京都豊島区西池袋三丁目27番12号 池袋ウエストパークビル6階

許可区分: 店舗販売業

許可番号: 28豊池衛医許第2100号

代 表 者: 代表取締役 山本 理史

主な事業内容: 店舗、電話、インターネット等を利用した一般用医薬品等の販売及び通信販売

情報システムを利用した顧客・商品のデータベース管理・運用

設立年月日: 平成29年3月1日

資 本 金: 150万円 (平成29年2月28日付で1億9千万円の増資を予定、増資後の資本金9,650万円)

株 主 構 成: 株式会社トライステージ100%

事業の見通し: 事業開始3年目売上15億円(予定)

投 資 計 画: 株式会社トライステージからは3年間で約10億円の投資(予定)


【株式会社トライステージ 会社概要】

所在地: 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング21F

代表者: 代表取締役会長 丸田 昭雄

設 立: 平成18年3月3日

URL: リンク

上場市場: 東証マザーズ・証券コード2178

事業内容: テレビ通販をはじめとするダイレクトマーケティング事業を総合的に支援。

商品・サービスが「売れる」ための実効性・即効性のあるソリューションを提供しています。

テレビ通販の媒体保有量では業界トップシェアを維持しています。


本件に関するお問い合わせ

株式会社トライステージ  広報担当 服部

執行役員 経営企画部管掌 緒方

Tel 03-5402-4111(代)、03-5402-4729(直通) / E-mail info@tri-stage.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事