logo

鈴鹿サーキットに、カメラシェアリングサービス「PaN」の提供を開始

パナソニック 2017年02月23日 15時00分
From PR TIMES



[画像: リンク ]


パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、カメラシェアリングサービス「PaN(※)」を、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市、運営:株式会社モビリティランド)の新アトラクション『ぶんぶんばち』に設置し、2017年3月4日(土)から写真撮影サービスの提供を開始します。「PaN」としては、ライド系アトラクション向けで初めてのカメラ常設設置となります。

【「ぶんぶんばち」撮影サービスの概要】
「ぶんぶんばち」は、小さなお子さまが、初めての乗りもの体験や操る楽しさをご家族と一緒に感じることのできるアトラクションです。みつばちが持つ籠型のライド(乗り物)に乗り込み、自分の操縦でライドを上下させ花の蜜を採りにいきます。「PaN」カメラが設置されている花の前にライドの高さを合わせると、通常では撮影することができない上空で乗っているお客様の写真を自動で撮影。降車後に、撮影された写真の中から気に入ったものをプリントで購入できます。さらに、プリントを購入されたお客様は、ご自身のスマートフォンやパソコンから、撮影された全ての写真データをダウンロードすることができます。
●料金:1,500円/1回 ※台紙付プリント1枚、全ダウンロードデータ

【カメラシェアリングサービス「PaN」について】
カメラシェアリングサービス「PaN」は、パナソニックの「撮影技術」とNTTコミュニケーションズの「クラウド/ネットワーク技術」を連携させたシステムです。観光地やテーマパーク、イベント会場などに設置されたカメラをお客様がシェア(共用)して利用できる新しいサービスとして提供しています。これまで不可能だったアングルからの撮影体験を手ぶらで楽しめます。撮影した写真はお客様のスマートフォンやパソコンなどから、いつでもダウンロードできます。

※ PaN : Photo and Networkの略。

【カメラシェアリングサービス「PaN」についてのお問い合わせ先】
パナソニック株式会社 全社CTO室 技術広報担当
crdpress@ml.jp.panasonic.com

【鈴鹿サーキット モートピア「ぶんぶんばち」の報道関係者様 お問い合わせ先】
株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキット 事業推進室 広報・宣伝課
059-378-1111(代表)

<関連情報>
・カメラシェアリングサービス「PaN」を体験できるメルセデス・ベンツ クリスマスイベントが六本木で開催(2016年11月29日)
リンク

・【動画】#IoTでトリックアートや集合写真をベストショットに | #Panasonic LIVE@CEATEC 2016
リンク
リンク
[動画: リンク ]



・株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキット
リンク

・NTTコミュニケーションズ株式会社
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。