logo

Apacer、SSDのボトルネックを打破しコンピューティング性能を更に向上させるNVMe PCIe SSD を発売

Apacer Technology Inc 2017年02月23日 14時06分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

2017年2月23日、台湾、台北 – ビッグデータの更に高速でリアルタイムな処理を求めるユーザーの要求に応え、Apacerはクラウドコンピューティング、IoTおよび仮想環境といったエンタープライズアプリケーションに最適なインダストリアルグレード高性能PCIe SSD PM110-M280を発売します。最大PCIe Gen3 x4の転送速度と業界をリードするNVMe(不揮発性メモリ)によりIOPSおよび低遅延性能を大幅に改善し、AHCIのボトルネックを打破しSSDの性能を最大限引き出します。

技術の変化が大量のデータ量、速度および多様性といった課題を生み出しました。長い間、ITインフラストラクチャーはビッグデータ時代の課題に対応するため効率とスピードの向上に努め、システムIOPSの向上がキーとなってきました。そこで、ビッグデータの高速処理のためのソリューションとしてApacerはPCIe SSD PM110-M280を発売します。AHCIではなく新スタンダードであるNVMeを採用することでパフォーマンスが大きく向上、広帯域、低遅延およびIOPSの上昇により、クラウドコンピューティング、リアルタイムアナリシスおよびIoTのアドバンテージになります。パワーマネージメントの面では、NVMeのオートパワーステート遷移とダイナミックパワーマネジメントがモバイルデバイスのバッテリーライフを延長します。さらにNVMe SSDの優れた適用性と互換性により、Windows、Linux、Solaris、Unix、VMwareおよびUEFIといったメジャーOSに広く適用可能です。

Apacerの新世代SSD PM110-M280 (M.2 2280)はPCIe Gen3 x4インターフェースを採用し最新のNVMe 1.2仕様に準拠。4Kランダムリード/ライト性能は最大で293,000/194,000 IOPSに達し、最高のコンピューティングパフォーマンスを発揮させます。M.2 2280のスリムで軽量なフォームファクターで更にフレキシブルな応用が可能で、優れた信頼性と伝送性能を提供しつつ拡張性と組込デバイスなどの多様な要求仕様を満たします。

インダストリアルグレードストレージの厳しい要求に応えるため、PM110-M280は複数の独自コアテクノロジーを採用し、信頼できる性能、長寿命およびスピードを提供します。温度コントローラと製品信頼性を向上させるために温度監視を行う温度センサーを内蔵、ECC、グローバルウェアレベリングおよび製品使用状況を自動的に検出/分析するSMARTシステムによりエンドツーエンドのデータプロテクションを提供します。新しい革新的な4Kページマッピングファームウェアテクノロジーが小さなランダムデータライトの問題を解決し、SSD製品のライフスパンを延長、SSDウィジェットがリアルタイムの監視機能を提供します。ApacerはNVMe PCIe SSDの安定した供給と低互換性リスクを保証します。顧客により製品が承認された後、Apacerは高い信頼性の製品提供を保証するために使用部材のフィックスも提案します。Apacerは高信頼性保証および厳しい製造品質管理および卓越したファームウェア技術サポートを通じた包括的なサービスを顧客に提供します。

CyberMedia Press Centerでもっとニュースを見るなら: リンク

Apacer(アペイサー)について
Apacerは革新的なメモリモジュールのサプライヤーとして広く知られ、その製品は多くのデジタルメディアアプリケーションで使用されています。これまでApacerでは、デジタルストレージソリューション製品の開発を続け、製品設計やカスタマーサービス、ブランド価値、製品経験を統合させる巧みなアプローチを執り、目標へ向けた飛躍的な成長を遂げてきました。Apacerの躍進は革新的で真新しく、また信頼性を備えた製品の提供を絶えず続けてきた結果でもあります。 “Access the Best”はApacerが最高の製品とサービスを提供することで、自身のブランド価値を向上させるべく掲げた企業理念であり、"Access"はその文字通り、データ共有やコミュニケーションといった総合的自由や利便性へのアクセスを、一方で"Best"は比類なき製品クオリティを表しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。