logo

Airbnb、ユニークな既存宿泊施設との取り組みを強化

Airbnb Japan株式会社 2017年02月23日 13時47分
From PR TIMES

国内外のゲストへ日本の多様なおもてなしを提供し、さらなる地域活性の一助へ

世界最大手のコミュニティ主導型マーケットプレイスのAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本語名:エアビーアンドビー、以下:Airbnb)は、本日、日本国内においてAirbnbを利用するゲストに多様なおもてなしを提供するとともに、地域活性化を支援する観点から、既存の宿泊施設(旅館、ホテル等)との取り組みをさらに強化するとし、以下の2つの宿泊施設および1つのNPO法人との提携を発表しました。



まずは第一弾として、伝統ある温泉宿・俵石閣(ひょうせきかく)(神奈川県足柄下郡箱根町)を自由な発想と感性でリノベーションして生まれた「NEST INN HAKONE」と提携をし、自由でクリエイティブな旅をご提案します。こちらでは本日から、Airbnbゲストのためだけのオリジナルオプションプランもご予約いただけるようになります。また、都心型宿泊施設の「柴又FU-TEN Bed & Local」(東京都葛飾区)、さらに、瀬戸内の島と人をつなぐNPO法人アーキペラゴ(香川県高松市)との提携により、瀬戸内海に浮かぶ有人島でのリスティングをご紹介いたします。

今回の提携パートナーシップにおけるポイント


Airbnbと他の旅行サービスの提携により、旅行業界のイノベーションをもたらし、観光型・都心型・地方型宿泊施設において創造的な取り組みを支援
Airbnbのプラットフォームを拡大することで忘れられないユニークな宿泊体験やおもてなしを提供
ローカルのホスピタリティに溢れた既存宿泊施設との提携を強化することで、地域活性化に貢献


1.観光型宿泊施設(老舗旅館の再生):NEST INN HAKONEとの提携

箱根・仙石原の静寂な森の中に佇むNEST INN HAKONE。多くの財界人・文化人に愛され、今上天皇も逗留された箱根仙石原の老舗有名旅館「俵石閣」が平成28年夏にリニューアルオープンした複合施設「NEST INN HAKONE 俵石閣」内のラグジュアリーホテルです。

「CULTURING RESORT」をコンセプトに、心地よさと自然とのかかわりを大切にし、そこに“巣まう”というスタイルを提案しています。NEST INN HAKONEは、客室3棟、レストラン、温泉施設、 リクリエーション施設から構成されており、今回の協業では、すべての施設を利用できる宿泊プランに加え、こだわりの天然酵母を使ったパン作り体験などオリジナル体験プランがAirbnbから (リンク) ご予約頂けます。

俵石ホテルアンドリゾート株式会社代表 早瀬 恵三氏からのコメント:
「今回の提携は、単なる営業的な業務提携にとどまることなく、地域活性化と自然の中で体験型宿泊というところで双方の戦略・プリンシパルが一致していることから実現に至りました。今後、本施設で文化事業・地元との交流を推進するなかで、更なる協働を模索していきたいと考えています」

2.都心型宿泊施設(遊休施設の転用):柴又FU-TEN Bed & Localとの提携

東京でありながら下町情緒が残る町並みを有し、寅さんの町として多くの観光客が訪れてきた葛飾区柴又。魅力的な地域でありながら、国内の若い世代や外国人観光客にはまだあまり知られておらず、そのポテンシャルに魅力を感じた千葉県のR・project(アールプロジェクト)が11年前に廃止され、現在は倉庫として使われている旧葛飾区職員寮を宿泊施設にリノベーション。Airbnbは日本各地で見落とされている魅力を再発見し、地域と共に新しい人の流れをつくるR・projectと連携し、3月18日オープン時から、3部屋(リンク)をAirbnbにてご予約いただけるようになります。さらに将来的には、アーティストとコラボレーションした14部屋をAirbnbからご予約できるようになります。

今後は、共有のイベントスペースも設置し、地元商店街と連携したイベントも企画、観光客と地域住民の交流推進を行います。まさに暮らすように旅をする醍醐味を具現化し、地域コミュニティとゲストの交流の仕掛けを創出して参ります。

株式会社R・project代表取締役 丹埜倫氏からのコメント:
「ホステルは元職員寮であるため、リーズナブルな価格で個室空間をご提供でき、かつ共有部ではお客さま同士や当社スタッフとの交流を楽しんでいただけます。建物のオーナーである葛飾区や地元観光関係者と一緒に地域を国内外にPRしていきながらも、住宅街の中のホステルとして地域コミュニティにしっかりと根ざした運営を行ってまいります。その意味で、世界中の旅行者への発信力を持ち、今後は地域との関係性やゲストへの体験提供に力を入れるAirbnbは当社にとってベストパートナーであり、当プロジェクトをきっかけに両社で様々な取り組みにおいて連携できることを期待しております」

3.地方型宿泊施設(地方観光資源の発掘):瀬戸内の魅力を伝えるNPOアーキペラゴとの提携

瀬戸内芸術祭でますます国内からの注目を集める瀬戸内。Airbnbでは、日本の本来持っている豊かさを瀬戸内で考えるNPO法人アーキペラゴと連携し、瀬戸内海に浮かぶ24の有人島で宿泊可能なリスティングを開拓します。地元の人と触れ合うことで、島ごとに異なる特色や文化を学ぶことができます。まずは活動のベースとなる高松(リンク)、女木島(リンク)の2つのリスティングがAirbnbにてご予約いただけます。

NPO法人アーキペラゴ代表 三井文博氏からのコメント:
「私たちの瀬戸内の島々は、驚くほどに島ごとに特色や文化が異なります。そして、島ごとに海路を通じ、他の地域との交わりの中でその土地での文化がつくられました。そんな島々=アーキペラゴの在り方は、私たちが考える“豊かな人の在り方”なのです。瀬戸内国際芸術祭をきっかけに、アートで変化していく瀬戸内の島々は、我々の未来図です。ぜひ、グローバルなプラットフォームであるAirbnbを通じて、世界の人々と交流の輪を広げ、ご自分の目と耳で学び、楽しんでください」

最後に、Airbnb Japan株式会社ホームシェアリング事業統括本部の長田英知は、「日本には地方の特色を活かした様々な宿泊体験やおもてなしを提供している宿泊施設があります。今回、地域とともに非常に素晴らしい取り組みを行なっている3つの施設と提携させて頂ける事を嬉しく思います。今後さらに様々な地域で連携させていただく事で、Airbnbのゲストにより幅広い体験を提供していきたいと考えています」と今回の目的と意義を語ります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。