logo

エフセキュア、Mac用企業向けクライアントセキュリティを提供開始「エフセキュア クライアントセキュリティMac」

「エフセキュア ビジネス スイート」で追加費用なくWindows、Linux、Macを保護 / エンドポイントセキュリティを一層強化

エフセキュアは、日本語環境に対応した「エフセキュア クライアントセキュリティMac」の提供を開始します。アンチウイルス機能にとどまらず、最新の脅威に対するプロアクティブでヒューリスティックな保護を提供します。従来から提供しているWindows / Linuxクライアント保護に加えて、エンジニア、Webサービス開発者、デザイナーなどで利用の多いMacクライアントも同様に保護します。

サイバーセキュリティのリーディングプロバイダー、エフセキュア株式会社(本社: 東京都港区、カントリーマネージャ キース・マーティン)は、日本語環境に対応した「エフセキュア クライアントセキュリティMac」の提供を開始します。
「クライアントセキュリティ Mac」は、アンチウイルス機能にとどまらず、最新の脅威に対するプロアクティブでヒューリスティックな保護を提供します。従来から提供しているWindows / Linuxクライアント保護に加えて、エンジニア、Webサービス開発者、デザイナーなどで利用の多いMacクライアントも同様に保護します。
「クライアントセキュリティMac」は、企業ネットワークを保護するために必要な充実したコンポーネントを装備したスイート製品「エフセキュア ビジネス スイート」の新しいコンポーネントです。「エフセキュア ビジネス スイート」を既に導入しているお客様は追加費用なしで「クライアントセキュリティ Mac」を利用できます。

また「エフセキュア ビジネススイート」による「小中高校サイトライセンス」「キャンパスライセンス」「公共ライセンス」でも「クライアントセキュリティ Mac」が構成に含まれます。

Windows OSと比べて企業ユースでの導入シェアが低いMac OSに対し、多くのユーザーはセキュリティ不要と考える傾向にありましたが、昨年末には、Macを標的にしたランサムウェアが発見されるなど、Macに対する脅威は増えており、導入シェアの高いWindowsと同様にMacにも保護対策が必要です。
「エフセキュア クライアントセキュリティ Mac」は、ウイルス、スパイウェアなどの基本的なセキュリティ対策機能に加え、ブラウザ保護、バンキング保護など、エフセキュア セキュリティクラウドと連携し、あらゆるセキュリティ脅威に対する最新の保護機能を利用できます。

企業のサイバーセキュリティ体制においては、エンドポイントで操作する利用者が脆弱性の最たる要因であることから、エフセキュアは、組織を攻撃から守るためには信頼性の高いエンドポイント保護が不可欠であることを提唱し、エンドポイントセキュリティソリューションに注力してきました。そして今回、「クライアントセキュリティ Mac」を追加したことで、お客様はエンドポイントセキュリティをさらに強化できます。


◆「エフセキュア クライアントセキュリティ Mac」の提供について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・提供開始:2017年2月15日
・提供形態と参考価格:
「エフセキュア ビジネス スイート」および「エフセキュア ビジネス スイートプレミアム」のコンポーネントとして提供します。「クライアントセキュリティ Mac」単体では販売しません。
「エフセキュア ビジネス スイート」の参考価格(税別): 5~24ライセンス 11,000円(1ユーザあたり)


◆「エフセキュア クライアントセキュリティ Mac」動作環境
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・ハードウェア要件
CPU:インテルプロセッサー
メモリ:1GB以上
ディスク:250MB以上の空き容量
・サポート対象OS
macOS version 10.12 "Sierra"
OS X version 10.11 "El Capitan"
OS X version 10.10 "Yosemite"

◆「エフセキュア ビジネス スイート」について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「エフセキュア ビジネス スイート」は、物理エンドポイントと仮想エンドポイントの両方をフルサポートし、Windows / Linux / Macのワークステーションとラップトップ、さらには、ファイル、プリント、Eメール、コラボレーションの各サーバをサポートします。最新版の「エフセキュア ビジネス スイート 2017」では、ボットネットやランサムウェアを撃退する「ボットネットブロッカー」、アプリケーションを簡単に最新の状態に維持することができる「ソフトウェアアップデーター」、ならびに、管理者がスキャンをオフロード可能にしてパフォーマンスを向上する「仮想スキャンサーバ」などの新機能が搭載されています。

※「F-Secure Business Suite」の詳細は以下をご参照ください。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

_____________________
■エフセキュアについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク
エフセキュアは、無作為攻撃型ランサムウェア感染から高度なサイバー攻撃まで、あらゆる脅威から企業や個人ユーザーを守る、数十年に及ぶ経験を持つサイバーセキュリティのリーディングカンパニーです。その包括的な一連のサービスと数多くの受賞歴を誇る製品は、セキュリティを革新する特許技術と、洗練された脅威対策の知見を駆使して、数多くの企業や人々を保護します。エフセキュアは、他のどの企業をも凌ぐ多数のセキュリティエキスパートを擁しており、ヨーロッパのサイバー犯罪現場の調査にも参加しています。エフセキュアの製品は、200以上のオペレータや数千社のパートナーによって世界中で販売されています。
エフセキュアは、1988年に創業し、NASDAQ OMX Helsinki Ltd.に上場しています。日本法人であるエフセキュア株式会社は、エフセキュア社100%出資の現地法人として1999年に設立され、以降、増収を続けながら順調に企業規模を拡大しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事