logo

個人のお客さま向け照会サービスを対象としたAPIの提供開始について

株式会社三井住友銀行 2017年02月21日 17時17分
From PR TIMES

SMBCリテールニュース

株式会社三井住友銀行(以下「SMBC」)は、FinTech企業等との連携を通じた個人のお客さまへの新規サービス創出・拡大を目的として、株式会社日本総合研究所(以下「日本総研」)と協働し、2017年7月を目途に、個人向けの残高照会や入出金明細等の照会サービスを対象としたAPI(※1) の提供を開始することといたしました。



本APIの活用により、提携先企業とSMBCが協働して、それぞれが保有する情報やサービスを組み合わせることで、お客さまに多様なサービスを提供することが可能(※2)になります。

APIの利用に際しては、SMBCが提供する認証基盤(OAuth2.0に準拠)にてお客さまの認証を行います。また将来的には、SMBCの振込・振替サービス等のAPI提供や、SMFG各社のサービスとのAPI連携についても検討を進めてまいります。

なお、法人向けAPI接続サービス(※3)は2017年春頃を目途にサービスの提供を開始します。株式会社マネーフォワードとの連携を皮切りに、今後も株式会社オービックビジネスコンサルタント、株式会社インフォマート等のFinTech企業等との連携を順次開始します。

▼三井住友銀行のニュースリリース一覧はこちら▼
リンク

SMBCと日本総研は今後も、APIをはじめとする様々なFinTech関連技術やサービスをオープンに取り入れながら、より一層の商品・サービスの向上に取り組んでまいります。

○ 提携先企業を通じたAPIの利用イメージ

[画像: リンク ]


※1 Application Programming Interfaceの略。あるアプリケーションの機能や管理するデータなどを他のアプリケーションから呼び出して利用するための接続仕様等のこと
※2 SMBCダイレクト上で、お客さまが、提携先企業との情報提供について事前承諾を行うことが前提
※3 2016年10月17日「振込機能を含む法人向けAPI接続サービスの提供に向けた検討開始について」(SMBC)をご参照(リンク

[表: リンク ]


※4 Personal Financial Managementの略。銀行や証券、保険など複数の口座情報を集約し、資産や家計を一元的に情報提供するサービスやツールのこと

▼三井住友銀行のニュースリリース一覧はこちら▼
リンク


<SMBCリテールニュースについて>
SMBCリテールニュースは、個人のお客さまにとって「より便利」「より楽しい」「より役に立つ」三井住友銀行の情報・サービスのニュースをお届けいたします。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事