logo

サンスター「健康経営優良法人2017」に認定

サンスター株式会社 2017年02月21日 16時00分
From PR TIMES

 サンスターグループの日本法人各社(サンスター株式会社、サンスター技研株式会社、STARLECS株式会社、サンスターマーケティング株式会社、一般財団法人 サンスター財団、以下サンスターグループ)は、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度として、経済産業省と日本健康会議が共同で今年度から新たに選定を開始した「健康経営優良法人2017」大規模法人部門の「健康経営優良法人」に認定されました。



<サンスターグループの特徴的な取り組みについて>
 サンスターグループは、1963年に社是「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」を制定し、「健康産業に携わる従業員は健康であるべき」との考え方から、サンスター社員の行動規範8精神にも「心と体の健康を増進する」を掲げています。
 従業員の健康診断では、全員に人間ドックと同等の内科健診と歯科検診を実施。健診の結果、要経過観察となった対象者には、医師・保健師による面談及び健診6ヵ月後には再度血液検査などを実施し、従業員の健康意識を高めることにより重症化予防に努めています。また、特定保健指導の積極的支援対象者には、社内福利厚生施設「サンスター心身健康道場」にて、健康知識の習得、生活習慣の振り返り学習、オーラルケア指導、玄米菜食の食事、ウォーキング、アクアビクスや均整ストレッチなどの運動、冷温交代浴などを組み合わせた「食事」・「身体」・「心」の3つの視点から健康バランスを取り戻すための2泊3日の宿泊指導プログラムを提供しています。
[画像: リンク ]

「サンスター心身健康道場」の様子
 1985年に開設された「サンスター心身健康道場」は、上記の対象者のほか新入社員も体験、2015年からは、35才時の研修としても利用されています。
 こうした取り組みにより従業員の医療費を低く抑えられ、業務品質向上にも好影響をもたらしていると考えています。また、「サンスター心身健康道場」で提供している玄米菜食や青汁などをもとに、1988年から「健康道場」ブランドの健康食品事業を展開、社是と従業員の健康増進を基点に事業を発展させています。

●健康経営優良法人(経済産業省ホームページ)
リンク

●サンスター心身健康道場のご紹介
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事