logo

名曲誕生伝説のウソを徹底調査! 竹内 貴久雄 著 『唱歌・童謡120の真実』  好評発売中!



[画像1: リンク ]


明治に伝わった西洋音楽から、「新しい日本の音楽」が始まった。
第二次世界大戦後に生まれた世代の記憶のなかにある120の曲。
それぞれの歌には、誕生にまつわる秘話や創作の背景にある「謎」、作者たちの興味深いエピソードがある。
それらを丁寧に調べなおし、誤情報を洗い落とした「真実」を紹介する。
名曲に残された真実を探求し続けた労作、ここに完結。120曲の歌詞と楽譜も収載。

[画像2: リンク ]

●『黄金虫』(作詞:野口雨情/作曲:中山晋平)
お金持ちの象徴である黄金虫は、カナブンの仲間ではなくて、チャバネゴキブリのことだった!?
●『春の小川』(作詞:高野辰之/作曲:岡野貞一)
“さらさら”流れる春の小川の舞台は大都会「渋谷」だった!?
●『ドレミの歌』(作詞:ペギー葉山/作曲:リチャード・ロジャース)
日本版の歌詞を正しい音にすると「ドはドーナツのミ」「レはレモンのファ」だった!?

<目次>

第1章 日本の近代化と「唱歌」の誕生
第2章 「童謡」と「唱歌」の間で揺れる
第3章 戦争の影に苦しむ「童謡」の担い手たち
第4章 甦った「童謡」と、新しい時代の夜明け
付章 さまざまなメディアと子どもの歌


<著者> 竹内 貴久雄(たけうち・きくお)
文化史家、音楽評論家、書籍編集者。1949年生まれ。詳細な調査を行なって解説したCD『黎明期の日本ギター曲集』(演奏:山下和仁、日本クラウン)が1999年度文化庁主催芸術祭大賞を受賞。以来、近代日本の西洋音楽受容史に深く関心を持って研究・執筆を続け、刊行された多くの書は各紙・誌で好評を得ている。レコード・CDコレクターとしても著名で、その収集成果は、演奏スタイルの変遷を踏まえたクラシック音楽評論としての独自の視点を示している。演奏史を踏まえた視点からのCD解説も、「名盤復刻」を中心に300点以上執筆。これらの音楽文化史研究から発展して、大正・昭和初期に開花した「セノオ楽譜」「楽譜絵葉書」などの「大正イマジュリィ」に言及した著作や校訂・編集の仕事もしている。

<商品詳細>
唱歌・童謡120の真実
定価:1,800円(本体価格)+税
仕様:A5判縦/280ページ
発売日:2017年2月20日発売予定
ISBN:978-4-636-91064-3
商品コード:GTB01091064
リンク


【既刊好評発売中】
[画像3: リンク ]

世界と日本の愛唱歌・抒情歌事典
子供の歌から世界の名曲、歌謡曲まで……。
生活に溶け込み、民衆に愛されてきた歌にはどんな物語があるのか。今もなお歌い継がれる名曲の誕生秘話や、歌詞の情感を味わい、歌の魅力に迫る。

著:長田 暁二
定価:5,500円(本体価格)+税
仕様:A5判縦/600ページ
ISBN:978-4-636-91852-6
商品コード:GTB01091852
リンク


[画像4: リンク ]

ギターと出会った日本人たち ~近代日本の西洋音楽受容史~
三味線がギターに変わった日ギターは黒船とともにやってきた!
当時の貴重な歴史はもちろん、行なわれたコンサートや残されている書物・手紙などから先人たちの心の動きまでも読み取れる一冊です。

著:竹内 貴久雄
定価:2,000円(本体価格)+税
仕様:四六判縦/200ページ
ISBN:978-4-636- 85310-0
商品コード:GTB01085310
リンク


お求めは、全国ヤマハ特約楽器店・書店または弊社オンラインショップ< リンクまで。
【本商品に関するお問い合わせ】
(株)ヤマハミュージックメディア出版部 TEL:03-6894-0250 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事