logo

村松亮太郎、Appleにて”FLOWERS by NAKED”トークショー開催

株式会社ネイキッド 2017年02月21日 11時21分
From PR TIMES

instagram投稿数2万7千を超えるアートイベントが生み出す新たなコミュニケーションの可能性、 Apple Ginzaにて2月22日(水)開催

株式会社ネイキッド(英語表記:NAKED Inc. 所在地:東京都渋谷区)の代表、村松亮太郎は、自身が総合演出を手掛ける『FLOWERS by NAKED 2017 ―立春―』(企画・演出・制作:ネイキッド)の作品のコンセプトやそこから生まれる個人間のコミュニケーションについて、2月22日(水)に開催する”Art for Everybody: Flowers by NAKED at Apple Ginza”のトークショーに出演します。モデレーターには、Newspicsを始め、編集や出版のプロデュースを手掛ける古屋氏をお迎えし、”FLOWERS by NAKED”が生み出す社会と作品の相互関係について探ります。



[画像1: リンク ]




Art For Everybodyについて

“Art for Everybody”とは、写真や映像、作品、様々な表現、ツールが身近になったことで、誰もが表現活動をできるようになった現代において、プロフェッショ ナルのクリエイターやアーティストの刺激を、人々の生活や創造力に、イノベーションを起こしたAppleの取り組みやデバイスとのコラボレーションにより様々な 形で展開していくプロジェクトです。人々が新しい刺激を受け、創造意欲を伸ばしていくこと-、それは、まち、生活そのものが多様で、豊かになること、それこそが “Art For Everybody”のビジョンです。2016年12月に、Apple Omotesandoに”都市”と”アート”をテーマに第一回目を開催。


Art for Everybody: FLOWERS by NAKED at Apple Ginzaについて


—アートと個人の新たなコミュニケーション が生まれる場所—

“Art for Everybody”の第二弾のテーマはコミュニケーションとArt。クリエイティブ集団ネイキッドの村松亮太郎が総合演出を手掛ける”FLOWERS by NAKED”を題材に、 iPhoneなど身近なデバイスを活用し、プロジェクションマッピングやテクノロジーアートとライフスタイルの関係性、コミュニケーションとアートについてお話します。”FLOWERS by NAKED”は撮影自由、花、光、映像、そして身体表現などが融合した全く新しい空間。来場者は、それぞれの視点で”FLOWERS by NAKED”の会場内を自らのセンスで写真によって切り取り、SNSにアップしていきます。Instagramでは、2万7千件以上の”#flowersbynaked”のタグとともに写真がアップされており、アート、そして表現者、そして来場者の関係性に新しいコミュニケーションが生まれているのです。この個人とアートの関係について、「FLOWERS by NAKED」のコンセプトや来場者による写真を紹介しながら、現代における新たなアートと個人の相互関係の可能性に迫ります。


<開催概要>
【名 称】Art for Everybody: FLOWERS by NAKED at Apple Ginza
【日 時】2017年2月22日(水)19時~20時
【場 所】Apple 銀座 3Fシアター
【登壇者候補】モデレーター 古屋荘太氏
       NAKED Inc. 村松亮太郎氏
【内 容】 トークショー
【来場者】100名(事前申し込み必要 )
【申し込みURL】リンク


村松亮太郎について



[画像2: リンク ]

クリエイティブカンパニーNAKED Inc.代表。大阪府堺市出身。大阪芸術大学客員教授。環境省が認定した日本一の星空の村「阿智村(あちむら)」のブランディングディレクター。TV/広告/MV/空間演出などジャンルを問わず活動。長編/短編作品と合わせて国際映画祭で48ノミネート&受賞している。代表作として、東京駅3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』演出など。近年では、 花の体感型イベント『FLOWERS BY NAKED』を開催。アーティスト本&作品集「村松亮太郎のプロジェクションマッピング SCENES by NAKED」がKADOKAWAより発売。2016年12月、「SWEETS BY NAKED」、 「TOKYO ART CITY by NAKED」を開催。



モデレーター:古屋荘太(ふるやそうた)について



[画像3: リンク ]

出版プロデューサー。広告代理店のプランナー、出版コンサルティング会社の取締役出版プロデューサーを経て独立。著者の発掘、企画提案を行う「本の企画」代表として『未来は言葉でつくられる』『週末は田舎暮らし』『ファイナンスの哲学』『人工知能は私たちを滅ぼすのか』(以上、ダイヤモンド社)、『外食の教科書』(CCCメディアハウス)、『シン・ヤマトコトバ学』(光文社)などジャンルを超えた書籍プロデュースに取り組む。『ある奴隷少女に起こった出来事』(大和書房)は2013年文芸書大賞受賞(啓文堂書店)。現在、ソーシャル経済ニュースアプリ「NewsPicks」にて認定コメンテーター(プロピッカー)の企画担当。


FLOWERS by NAKEDについて


[画像4: リンク ]

東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」演出、「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」企画・演出などで知られる株式会社ネイキッド(英語表記:NAKED Inc. 所在地:東京都渋谷区 代表:村松亮太郎)が総合演出を手がける、都会で花を楽しむ体感型アート展。これまでに、日本橋、六本木、沖縄にて開催し、来場者数は通算15万人超を記録。
公式サイト:リンク



NAKED Inc.について


1997年、村松亮太郎を中心に、映像ディレクター/デザイナー/CGディレクター/ライターなどが集まり設立されたクリエイティブカンパニー。メディアやジャンルを問わず、映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。また、近年はプロジェションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、演出を組み合わせ、光を使った空間の総合演出を手がけている。現在、自社が企画・演出・制作を手がけたイベントやショーが通算130万人以上を動員している。

(関連リンク)
【NAKED Inc.公式サイト:リンク
【村松亮太郎公式フェイスブックページ: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事