logo

元ちとせ・中 孝介・カサリンチュ・城 南海・The SKA FLAMES 等 奄美大島!大音楽祭「あまみっけ。の日」開催

一般社団法人 あまみ大島観光物産連盟 2017年02月21日 10時00分
From PR TIMES



 2017年1月28日(土)、(一社)あまみ大島観光物産連盟(鹿児島県・奄美大島。以下連盟)は、東京都恵比寿ザ・ガーデンホールを皮切りに、「唄う島」~奄美大島~自然と人が奏でるライブイベント「あまみっけ。の日」をスタートしました。同イベントは連盟の「DMO(観光地域づくり)」の取り組みの一環。趣旨に賛同した奄美関係アーティストが集結しライブを行った他、パネルディスカッションで奄美大島ならではの魅力を伝え訪れた約1000人の観客を魅了しました。「あまみっけ。の日」は今後、奄美大島各地でも開催します。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



東京会場レポート動画 : リンク

[動画1: リンク ]



【「あまみっけ。の日」東京会場】

[画像4: リンク ]

 東京会場に出演したのは、元ちとせ・中 孝介・カサリンチュ・城 南海・The SKA FLAMES・Ryu Matsuyama・石野田奈津代 ほか、奄美に所縁のあるアーティスト総勢10組。元ちとせがナレーションを務めた「あまみっけ。オリジナルムービー」で幕を開け、同作品の音楽を担当したRyu Matsuyamaを皮きりにライブがスタート。島唄をルーツに持つ奄美特有の歌声や、島の情景が浮かぶオーガニックかつオーセンティックな演奏で観客を魅了しました。

[画像5: リンク ]

 また、ライブ間に行われたパネルディスカッションでは、各アーティストが所縁の場所や自身の思い出を紹介。“ここだけの話”に客席の笑いを誘いながら、奄美大島ならではの楽しみ方や魅力を伝え、最後はこの日集まった約1000人の観客と伝統の踊り「六調」を踊りながら大円団のフィナーレを迎えました。

【島内なんてぃ、「あまみっけ。の日」開催】

[画像6: リンク ]

 同イベント「あまみっけ。の日」は今後、会場を奄美大島に移し2月~3月にかけて島内7カ所で開催。島内会場にも東京で出演したアーティストが各地で出演する他、島内アーティストも多数出演し、島唄や伝統の踊り等、地元開催ならではの魅力が満載のイベントとなっています。
 詳しいスケジュール・問合せ先は奄美大島の観光情報メディア「あまみっけ。 」(リンク)に掲載。


[画像7: リンク ]

奄美大島の観光情報メディア「あまみっけ。」とは
 「あまみっけ。」URL:リンク
 奄美大島の類まれな魅力が持つ、風景、情景、背景を奄美景(あまみっけ。)として世界中に発信することを目的とした奄美大島の観光情報メディアです。
 地域在住フォトライター、住民の方々、奄美大島が大好きな皆さんと一緒に”奄美大島”を世界に発信していきます。

 記事カテゴリは、島食(GOURMET)、島景(SCENERY)、島宿(HOTEL)、島遊(ACTIVITY)、島唄(SONG)、島人(PEOPLE)、島モノ(GIFT)の7つ。ガイドブックには載っていない、地元を熟知するライターだからこそ書けるグルメや絶景情報、アクティビティやお土産など奄美大島の魅力をたっぷりとお届けします!
[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]


あまみっけ。オリジナルムービー~Journey of Mikke~ 
 リンク

[動画2: リンク ]



 奄美大島の美しい景色を舞台に繰り広げられるパペットアニメーション「あまみっけ。」を公開中。本場奄美大島紬に身を包んだテディーベアの女の子の「あまみっけ。」のみっけが旅をする、ロードムービーとなっています。
 生まれつき本場奄美大島紬の模様をしたテディーベアのみっけは、恋や仕事がうまくいかない理由が、体の柄のせいだというコンプレックスを持っていた。そして、思わぬことで辿り着いた奄美大島。島の人と唄、海や滝やマングローブなどの自然と、クロウサギなどの動物と触れ合う度に、自分の心に変化が。そして、最後に彼女が出会うものとは?

姉妹サイト「のんびり奄美」が1/26 リニューアル!
 「のんびり奄美」URL:リンク

[画像10: リンク ]

 「あまみっけ。」の姉妹サイト「のんびり奄美」が1月26日にリニューアル。奄美大島を楽しむモデルコースやお土産・特産品紹介だけでなく、宿泊やアクティビティの予約も可能です。「あまみっけ。」と併せてみれば奄美旅行の準備は完璧!奄美大島へいもーれ!

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。