logo

CP+2017ケンコー・トキナーブースにて発表・展示予定の主な新製品のご紹介

フィルター、三脚、光学製品、そしてカメラバッグ等多数を展示。

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山中 徹、以下ケンコー・トキナー)は、2017年2月23日~26日にパシフィコ横浜にて開催される「CP+2017」において、以下の新製品を発表・展示いたします。(参考出品を含む)



株式会社ケンコー・トキナーは、2017年2月23日(木)から26日(日)にパシフィコ横浜にて行われる、カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス) 2017」に、スリック株式会社と合同で、ブース出展いたします。さらに望遠鏡ブースとして、ケンコー・トキナーが別ブースにて出展いたします。2カ所のブースで展示する、新製品・参考出品をご紹介します。

フィルター
ケンコー ZX[ゼクロス] NDフィルター
[画像1: リンク ]


ガラスへの負荷を限りなくゼロに近づける「フローティングフレームシステム」を採用したフィルター、ZX[ゼクロス]に、減光効果を持つNDフィルターが登場。3段減光のND8と4段減光のND16をラインナップ。
<5月下旬発売予定>


ケンコー ZX[ゼクロス]プロテクターSLIM
[画像2: リンク ]


フローティングフレームシステム採用、超解像を実現したレンズ保護フィルターZX[ゼクロス]プロテクターに、肉厚が薄くなった「SLIM」を追加。薄くしながらも枠のフロント部に高強度ジュラルミンを採用し強度アップ。フィルター径37、40.5、46、49、52、55、58mmをラインナップ。
<4月中旬発売予定>

Cokin EVOフィルターホルダー(※参考出品)
[画像3: リンク ]


Mサイズ(84mm幅)とLサイズ(100mm幅)の2種。フィルターの溝は2枚までで調整可能。前面に丸枠フィルターが取付可能(それぞれ95mm径と105mm径)。レンズに取り付ける際に必要な「アダプターリング」は、現行品を使用できます。

<Mサイズ:4月頃/Lサイズ:5月頃発売予定>


光学製品(望遠鏡・双眼鏡ブース[T-05])

ケンコー スカイメモT(※参考出品)
[画像4: リンク ]


専用無料アプリ「スカイメモT」でスマートフォンから操作可能。北極星の位置がピンポイントでわかる。電源は単3形電池2本で約24時間の連続使用が可能。

外寸:76×70×103mm/重量:650g/搭載荷重:3kg

<今夏発売予定>


ケンコー Avantar 8×25 ED DH / 10×25 ED DH
[画像5: リンク ]


好評発売中のアバンターEDシリーズに25mm径をラインナップ。補助プリズムに誘電体多層膜を使用し、今までにない明るくクリアな像を実現。8倍モデルと10倍モデルを発売予定。

<6月発売予定>


ケンコー ultra VIEW EX OP 8×42 DH
[画像6: リンク ]


本体ボディに強化プラスチックを採用。軽量なボディを実現。完全防水仕様ですので安心してフィールドでお使いいただけます。8倍モデルと10倍モデルを発売予定。

<今秋発売予定>


三脚・三脚アクセサリー
[画像7: リンク ]


スリック GX 6400 Video

なめらかな動作のビデオ用ヘッドを装備したファミリー用三脚。全高1,579mm(EV下げ1,303mm)、縮長500mm、重量1.33kg。DIN規格クイックシュー採用、雲台は分離可能。

<4月下旬発売予定>


スリック タイムラプス赤道儀(※参考出品)
[画像8: リンク ]


小型かつおよそ500gの軽さで搭載加重5kgのポータブル赤道儀。北極星の位置合わせは本体に2カ所ある「のぞき穴」を使用。赤道儀としての撮影以外に、タイムラプスをしながらパンニングをする、といった動作に対応できるようスピード調整が可能。単3形電池4本で駆動。

<5月下旬発売予定>


スリック 2ウェイ2軸微動雲台(※参考出品)
[画像9: リンク ]


高度微動角度20度(±10度)、方位微動角度16度(±8度)、微動方式押しねじ式(ノブ一回転で1.7度微動)の2軸微動雲台。付属の高度補助ウェッジを使えばポータブル赤道儀の角度調整に便利。高度補助ウェッジを外せばフィールドスコープの角度微動にも活用可能。重量250g。

<5月下旬発売予定>


カメラバッグ

アオスタ フォンタナII Gリュック
[画像10: リンク ]


上部が「がま口」のように大きく開くリュック。サイドからカメラ本体の出し入れが可能。スリック エアリーエアリーM100などの三脚が本体内に収納可能。

内寸:250×370×140mm (10+2リットル)

<4月中旬発売予定>


アオスタ フォンタナII ISリュック
[画像11: リンク ]


パイプフレーム入りで座ることができるリュック(転倒には十分ご注意ください)。

内寸:280×340×140mm (10リットル)/外寸:300×430×130mm/重量:2,160g

<4月中旬発売予定>


アオスタ サンクチュアリII 250
[画像12: リンク ]


人気の150-600mmや200-500mmなどの超望遠ズームレンズに対応するカメラバッグ。サイドに双眼鏡収納スペースや一脚固定部があります。ブラックとカモフラージュ柄の2色をラインナップ。

内寸:260×490×170mm (12リットル)/外寸:280×540×220mm/重量:1,400g

<4月中旬発売予定>


アオスタ アレッツォ ボディーズームバッグ M
[画像13: リンク ]


オリンパスOM-D EM-1マークII+40-150F2.8または通常のレンズ2本を収納可能なズームバッグ。自転車運転時でもバッグがぶれないハーネスベルト付き。カラーはブラックとチャコールグレーの2種。外装生地は丈夫なコーデュラナイロンを採用。

外寸:390×320×150mm/重量:960g

<4月中旬発売予定>


上記製品の他にも、未発表の新製品を多数展示いたします。ぜひ、CP+2017会場にてお確かめください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事