logo

軽量クライマー (SPIDER) チャレンジ 成果報告会及び講演会を開催 -- 神奈川大学

神奈川大学 2017年02月21日 08時05分
From Digital PR Platform


神奈川大学工学部宇宙エレベータープロジェクトの主催による軽量クライマー(SPIDER)チャレンジ成果報告会及び講演会を開催する。
 次世代の宇宙(輸送)機関として国内外から注目が高まる宇宙エレベーター。その開発に必要な若年層の柔軟な発想や意欲に期待すべく、科学技術への興味の啓発や創造力およびチャレンジ精神の育成を目的として、これまで中高校生が、ラジコンカーの部品を利用した実験機である軽量クライマー「SPIDER」を製作し、上空17m(室内)、25m、100mの各距離に浮かぶバルーンまでの昇降性能を競い合ってきた。
 今回の成果報告会では、競技に参加した約18チームの中高校生らが1年間の成果を発表するほか、「宇宙の不思議」と題して和田 直樹 氏(JAXA宇宙教育リーダー・東京都理科支援員)による講演が行われる。


神奈川大学宇宙エレベータープロジェクト SPIDERチャレンジ 成果報告会及び講演会
リンク

○日 時: 2017年2月25日(土) 10:00~16:40(※受付9:20)
      事前申込不要・入場無料! どなたでもご参加いただけます。

○会 場: 神奈川大学横浜キャンパス 16号館セレストホール
  ・東急東横線白楽駅または東白楽駅下車徒歩13分
  ・横浜駅・東神奈川駅・片倉町駅より横浜市営バス36・82系統利用 神奈川大学入口下車徒歩約5分

○内 容: 10:10~口頭発表、13:00~ポスター発表、(参加予定:中高生18チーム)
      15:00~講演会 「宇宙の不思議」~ミニ宇宙を作ろう~
○講演者: 和田 直樹 氏(JAXA宇宙教育リーダー・東京都理科支援員)

 宇宙エレベーターとは、地上と宇宙をエレベーターでつなぐ輸送機関である。科学者やSFファンの間で古くから知られていたが、技術上の課題が多く、当初は夢物語とされていた。しかし、1991年にカーボンナノチューブが日本で発見されたことを機に議論が加速。現在、実用化に向けたさまざまな研究プロジェクトが国内外で始まっている。
【参考】 神奈川大学工学部 宇宙エレベータープロジェクトWebサイト
 URL: リンク

○主 催: 神奈川大学工学部宇宙エレベータープロジェクト
○後 援: 神奈川県、神奈川県教育委員会、一般社団法人 宇宙エレベーター協会

▼この件に関するお問い合わせ
 神奈川大学 教務技術支援課
 担当: 松野、守屋
 電話: 045-481-5661(代)
 E-mail: spaceev-project@kanagawa-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事