logo

仕事を早く終わらせたい人必見! 1000冊以上の本を執筆した“超速でハイクオリティ”の中谷彰宏氏の「仕事が断然速くなる具体的なコツ」とは!?

株式会社 学研ホールディングス 2017年02月20日 17時00分
From PR TIMES



株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇秀行)は、書籍『なぜ あの人は2時間早く帰れるのか』(中谷彰宏・著/定価:本体1,300円+消費税/四六判・本文216ページ)を発売いたしました。

[画像1: リンク ]
「やってもやっても仕事が終わらない」と憂鬱になっているみなさん。心中お察しいたします。

仕事をムチャぶりされて、一生懸命やってるはずなのに、定時に終わらない。
それなのに「残業が多いのは仕事の効率が悪いんだ」と上司にイヤミを言われる。
好きで残業してるわけじゃない。自分だって早く帰りたいんだー!

わかります、その気持ち!

仕事量は増える一方なのに、残業しすぎると、むしろ評価が下がってしまう昨今。
「無理です」と断ったら、チャンスをなくします。必死で頑張ったら、体を壊します。
成果をあげつつ、仕事を早く終わらせるには、一体、どうしたらいいのでしょうか?

ベストセラー作家の中谷彰宏氏は、これまで1000冊以上の書籍を執筆しています。
“瞬間最大風速”ではなく、ハイスピードを長年持続させているのは、それだけで驚くべきこと!
しかも、ハイクオリティで、多くのベストセラー・ロングセラーを世に送り出し、ファンの心をつかんでいます。
そこには、一体どんな秘密があるのか?

『なぜ あの人は2時間早く帰れるのか』には、「仕事が早い人」になるための秘密が満載です。

***********************


■仕事に追われず、仕事を追いかける。





仕事に追いかけられている人は、「明日までに、これをやらなければ」と、あせっています。
仕事を追いかけている人は、「明日までに、これをやってやる」と、思っています。
仕事が遅い人は、物事のすべての解釈が受け身です。
能動的に生きている人は、追いかけています。
直線ではなく、円でとらえたほうがいいのです。
[画像2: リンク ]



■ギリギリに、行かない。





仕事が遅い人は、「電車がとまったから遅刻した」と言いわけします。


強風や人身事故で、電車がとまることは、よくあります。


仕事が早い人は、同じように電車が遅れても、遅刻しません。


遅れない人は、電車がとまることを想定して、早めに動いているのです。


電車が遅れた場合を想定して、クッションを前に置いておくことで、早く帰れるのです。


電車に遅れてミーティングに参加できないと、あとで上司に「ミーティングの報告をするから残れ」と言われます。


結果、帰るのが遅くなります。






■すぐできることを、あとまわしにしない。





すぐできることをあとまわしにするか、すぐするかで、圧倒的に差がつきます。


「時間がない」「早く帰れない」と言う人は、すぐできることをしていません。


「これ、どうせすぐできるから、あとでしよう」と言います。


仕事は、すぐできることをすぐします。


すぐできることをしないから、早く帰れなくなるのです。


「まだあれが残っている」という気持ちが、集中力を低下させます。


集中力を高めることで、スピードが上がるのです。


「すぐできるあれ」を減らしておくことが、大切なのです。






■予定表より、工程表をつくる。





予定表は、誰もが持っています。


予定表より大切なのが、工程表です。


工程表は、全体の締切の割振りです。


たとえば、200ページの本を50日で書くとしたら、


1日あたり4ページです。


工程表で考える人は、今日4ページ書いたらプラマイゼロです。


予定表で考える人は、「まだ196ページある」というストレスがかかります。


工程表で考える人は、今日が3ページなら「マイナス1ページ」ととらえて、明日頑張って5ページ書いて取り返すことができるのです。






■金曜日に、夜遅く、ウロウロしない。





押せ押せになった仕事は、土・日の過ごし方で取り返せます。


平日は、そんなに差はつきません。


最も差がつくのは、土・日です。


土・日で追いつくというのも、1つです。


もう1つは、土・日で勉強している人は、スピードが上がっていきます。


日曜の『サザエさん』までぼんやりしている人は、生産性が上がらないので、スピードは落ちたままです。


そういう人は、金曜日の夜にウロウロしています。


実は、金曜日の夜の過ごし方と土・日の過ごし方は連動しています。


金曜日の夜に早く帰る人は、土曜日の朝から有効活用して勉強しているのです。


勉強することで1時間あたりの生産性が上がって、仕事が早くなるのです。





***********************





ここでご紹介したのはほんの一例ですが、『なぜ あの人は2時間早く帰れるのか』には、「超速で仕事を終わらせる」コツやテクニック、意識の持ち方が詳しく書かれています。





あたなも「仕事を早く終わらせる習慣」を身につけ、毎日の残業から解放されませんか?





【目次】


プロローグ


Chapter1 遅刻しない人は、電車が遅れても、遅刻しない。


Chapter2 諦めて、減らさない。


Chapter3 勝負は、土・日でつく。


Chapter4 予定表より、工程表をつくる。


Chapter5 ラストスパートより、ロケットスタート。


Chapter6 すぐできることを、あとまわしにしない。


Chapter7 すべての仕事は、駅伝。自分のところで、1秒でも稼ぐ。


Chapter8 残業は、未来への投資をサボっている。


エピローグ





【著者プロフィール】


中谷 彰宏(なかたに・あきひろ)


1959年、大阪府生まれ。早稲田大学文学部演劇科卒。博報堂のCMプランナーを経て、執筆活動へ。人生論、ビジネスから恋愛エッセイ、小説まで、多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。





[商品概要]


『なぜ あの人は2時間早く帰れるのか』


定価:本体1,300円+税


発売日:2017年2月9日(木)


判型:四六/216ページ


電子版:あり


ISBN:978-4-05-406538-3


発行所:(株)学研プラス


【本書のご購入はコチラ】


Amazon リンク


楽天ブックス リンク


セブンネット リンク


学研出版サイト リンク

【学研プラス最新ニューストピックス→リンク
●レンズの描写がわかる「チェックチャート」つき! CAPA3月号は2月20日(月)発売!!
リンク
●“和のヴィンテージ布”が人気!! たんすに眠る古い和布を、パッチワークや小物、創作服にリメイクする大人の女性が増加中。『古布に魅せられた暮らし 椿色の章』発売!
リンク
●庭はインテリアの一部。テーブルや椅子を置いてかわいく飾りたい!「雑貨×グリーン」で「おしゃれ小さな」庭づくり。「ナチュラルガーデニング2017」発売」
リンク
●お父さん審判の強い味方! オフサイド判定も、もう迷わない!「最新版 覚えやすい サッカールールブック」が2月16日(木)に発売!
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。