logo

【未来2017優勝】日本最大級のピッチコンテストで日本美食が2月13日に最優秀賞を受賞【インバウンド】

日本美食株式会社 2017年02月20日 15時00分
From DreamNews

インバウンド領域において「完全成果報酬型送客・事前予約・スマホ決済」の3つの機能を備えたグルメサービスを展開する日本美食は、日本最大級のピッチコンテスト「未来2017」で「その他部門」で最優秀賞を受賞致しましたことを本日、2017年2月20日お知らせ致します。


■未来2017とは?:

未来2017とは、三井住友銀行と日本総合研究所が運営する、ベンチャー企業の有望な技術やビジネスアイデアの事業化を支援するプログラム。
全ての産業を対象としたインキュベーション/アクセラレーションプログラムです。スタートアップ企業や、既存企業のカーブアウト(事業分離)、これから起業する人をトレーニングし、あらゆる企業・投資家等をつなぎあわせることで、イノベーションをサポートします。その思いのもと、未来2017では、アイデアや技術の事業化を目指す方のビジネスプランを募集します。
参考:公式HPより(リンク

■発表テーマ:
メディカル・ヘルスケア、ロボット、AI、IoT/センサー、ビッグデータ活用、セキュリティ・セーフティ、シェアリングビジネス、リテールテック、フィンテック、ブロックチェーン/DAO、リーガルテック、ドローン、テレマティクス/コネクトッドカー、クールジャパン、VR/AR/MR/Video、メディア&エンターテイメント、亜久里テック・フードテック、エネルギー、革新材料、宇宙、インバウンド・観光、地方創生、ソーシャルビジネス、レジリエンス(防災・減災等)、その他


■最終審査会詳細:

最終審査には27チームが登壇し、ロボット・人工知能(AI)やヘルスケアなどの事業計画を披露。同プログラムは、NECやトヨタ自動車、講談社などが新規事業やベンチャー創出を目的に運営するコンソーシアムによる取り組み。
今大会には91チームが応募し、弊社日本美食株式会社はその他部門での「最優秀賞」を受賞致しました。





■日本美食の概要

アプリ「日本美食 Japan Foodie」は、訪日観光客及び飲食店向けに「完全成果報酬型送客・事前予約・スマホ決済」の3つの機能を備えた今までにないグルメサービスを提供し、観光客と飲食店をつなぎます。

■日本美食の強み


1.No Show/ドタキャン回避:
観光客が予約時に事前決済をしているので、No Show/ドタキャンが起きても、飲食店は予約代金を受け取ることができる。

2.相互レビュー機能:
お客さんが飲食店をレビューできるのみならず、決済したお客さんを飲食店側が特定できるため、日本で初めて飲食店がお客さんをレビューすることができる。
それにより、お客さんのマナー向上につなげることができる。

3.スマホ決済時手数料 業界最安値保証:
飲食アプリで世界最多であるスマホ決済可能方法 計9種類を提供するのみならず、スマホ決済時手数料の業界最安値(※1)を保証している。
(※1) 他 決済手数料が弊社手数料よりも安い場合、それよりも安い手数料を提供させていただきます。



現在、日本美食社では下記のお店を筆頭に約360店の飲食店にご契約いただいております。


日本美食社は引き続き、皆さまのご意見ご要望を伺いながら機能改善及び新機能を提供してまいります。

                                           以上



■本件に関するお問い合せ
 日本美食株式会社 広報担当:川田
【住所】 〒106-0032 東京都港区六本木 4-2-8
【WEB】 日本美食ホームページ<リンク
【BLOG】 日本美食ブログ<リンク
【Mail】 info@japanfoodie.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。