logo

メラノックス、Innova(TM) IPsec 40ギガビットEthernetネットワークアダプタによって暗号化パフォーマンスが4倍向上することを実証

Mellanox Technologies, Ltd. 2017年02月20日 11時56分
From PR TIMES

Innova IPsecアドバンスドネットワークアダプタによってセキュリティプロトコルの高速処理が可能となり、エンドポイントにおける世界トップクラスのIPsec暗号化パフォーマンスを実現

Innova IPsecアドバンスドネットワークアダプタによって

セキュリティプロトコルの高速処理が可能となり、エンドポイントにおける

世界トップクラスのIPsec暗号化パフォーマンスを実現


データセンターにおけるサーバやストレージシステム向けにエンドトゥエンドのインターコネクトソリューションを提供するトップベンダーであるメラノックステクノロジーズ社(Mellanox(R) Technologies, Ltd., NASDAQ: MLNX)は、本日メラノックスのInnova IPsecネットワークアダプタを使用することでラインレートの優れた暗号化スループットが実現し、x86サーバ上のソフトウェアベース暗号化に比べて3倍の高スループットおよび4分の1の低CPU利用率を達成することを発表しました。メラノックスのInnova IPsecアダプタにより、最新のデータセンター向けにシームレスな暗号化および先進のネットワークアクセラレーション機能が提供されるため、比類のないパフォーマンス、スケーラビリティおよび効率性が維持されると同時に、ネットワーク全体で暗号化のユビキタスな活用が可能になります。ソフトウェアベースの暗号化ソリューションをInnovaに置換えることで、データセンターのコストが60%以上削減することができます。


データセンターにおけるセキュリティの課題が深刻化し、CPUベースの製品では今日の爆発的なデータ量の増加に対応できないことから、サーバ1台毎にコスト効率およびパフォーマンスの優れたハードウェアアクセラレーションによる暗号化ソリューションを導入し、ネットワークインフラストラクチャ上で交換されるデータの整合性および機密性を維持することが極めて重要になりました。


IPsecオフロード機能およびメラノックスConnectX(R)ネットワークアダプタの先進のハードウェアアクセラレーションを組み合わせることで、Innova IPsecアダプタはロープロファイルのPCIeフォームファクタでエンドトゥエンドのデータ保護を実現し、セキュリティおよび「デフォルトでの暗号化」のニーズに対応できます。Innova IPsecアダプタは、複数の統合された暗号化およびセキュリティプロトコルに対応し、移動中のデータの暗号化および復号を実行可能で、コストの高いCPUサイクルを解放します。


「Innovaセキュリティアダプタの製品ラインにより、コスト効率およびパフォーマンスの優れた方法で安全な通信の利用が可能になります」と、メラノックステクノロジーズ社マーケティング担当副社長ギラッド・シャイナーは述べています。「ファイアウォールまたはゲートウェイなどのアプライアンス内部での利用、あるいはデータの移動中に確実な保護を可能にするインテリジェントなアダプタとしての利用を問わず、Innova IPsecアダプタはクラウド、Web 2.0、通信、ハイパフォーマンスコンピューティング、ストレージシステムをはじめとするア幅広いプリケーション向けに理想的なソリューションを提供します」


Innova製品により、統合されたConnectX(R)-4 Lxネットワークアダプタを通じてRoCE(RDMA over Converged Ethernet)、Ethernetステートレスオフロードエンジン、オーバーレイネットワークのサポートをはじめとする、業界最先端のテクノロジーおよびアクセラレーション機能が提供されます。


Innova製品ラインを構成するInnova Flexインテリジェントネットワークアダプタでは、内蔵されたFGPAの柔軟性を有効活用し てアダプタ内部に独自のロジックを展開可能となります。Innova FlexおよびIPsecネットワークアダプタは、現在量販が可能です。


メラノックスは、米国サンフランシスコのモスコーンセンター南ホールで2月13日から17日(現地時間)まで開催されるRSAカンファレンスに出展します(ブース番号406)。メラノックスは、このイベントでInnovaソリューションの他にもEthernetおよびInfiniBandインテリジェントインターコネクト製品を多数出展します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事