logo

「RPAテクノロジーズ」×「ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング」 RPAとOCRを組み合わせた『スキャンロボ』で「ARUHI」の“住宅ローン手続きの自動化”を実現

RPAテクノロジーズ 2017年02月20日 11時00分
From PR TIMES

 RPA(Robotics Process Automation)のベーステクノロジーとなる「BizRobo!」を提供するRPAテクノロジーズ株式会社(代表取締役社長:大角 暢之、以下RPAテクノロジーズ)と、株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(代表取締役社長:杉山健、本社:東京都港区)は協業し、住宅ローン専門の金融機関であるアルヒ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長CEO兼COO:浜田 宏、以下:ARUHI)に、RPAとOCRの技術を組み合わせた「スキャンロボ」を導入し、住宅ローン手続きの申し込み業務の自動化を開始いたしました。

 これまでARUHIでは、住宅ローンの申し込み時に必要な提出書類の内容を、書類を見ながら手書きで記入するのが一般的でした。しかし、手間が掛かることに加えて、書類の不備により訂正印だらけになる等の問題がありました。

 今回、RPAテクノロジーズが提供する「スキャンロボ」を導入することにより、住宅ローンの申し込み時に必要な住民票、源泉徴収票、重要事項説明書等の紙の文字情報をスキャンしてOCRでデータにおこし、既存システムからのデータ取得、データ登録を自動化しました。その結果、申込書の記入項目を最大で従来の半分である約100項目に減らし、店舗での作業にかかる時間を最大60分から10分程度に短縮することができ、顧客やパートナー企業への負担軽減やサービス向上、店舗業務の効率化に貢献しました。

 今後も、紙処理事務をOCRでスキャンしたデータを自動的にシステムに入力する「スキャンロボ」のニーズ拡大を受けて、RPAエンジニアを育成し、引き続き市場のニーズに応えていきます。


<ご参考情報>
■RPAテクノロジーズ株式会社(リンク)
・本社所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
・設立:2013年7月
クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛けるオープンアソシエイツ株式会社より、会社分割により100%子会社として設立
・代表者:代表取締役社長 大角 暢之
・資本金:3,000万円
・事業内容:コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析


■株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(リンク)
・本社所在地:東京都港区麻布台2-3-5 ノアビル3階
・設立:2002年2月
・代表者:代表取締役社長 杉山 健
・資本金:8,800万円
・事業内容:ソフトウェア開発およびソフトウェア開発のコンサルティング/Webコンテンツ開発およびWebコンテンツ開発のコンサルティング/ITエンジニアリソース事業(人材派遣サービス)/付帯する一切の事業


■アルヒ株式会社(リンク)
・本社所在地:東京都港区 六本木一丁目6−1 泉ガーデンタワー22F
・設立:2000年6月
・代表者:代表取締役会長兼社長CEO兼COO:浜田 宏
・資本金:45億5,660万円
・事業内容:住宅ローンの貸出・取次業務/保険代理店業務/銀行代理業務

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。