logo

世界最速の工業3Dプリンターをあなたの手に。「B9Core」が登場

DISCOVER株式会社 2017年02月16日 16時05分
From PR TIMES

~通常のハイスペック3Dプリンターの4倍速を誇る、超速3Dプリンター「B9Coreシリーズ」が日本上陸~

「DDD Japan」(リンク 本社:山梨)は、通常のハイスペック3Dプリンターの4倍速を誇る「B9Coreシリーズ」の販売を、動画ショッピングサイトDISCOVER (リンク)上で、2月16日にスタートさせました。
現在同時に展示会を開催中。nano tech 2017 同時開催 3D Printing 2017
ブース番号 6N-14、2月15日から17日まで DDD Japan, 株式会社3D Printing Corporation



[動画: リンク ]



[画像1: リンク ]


生産・スピード・シンプルさの新業界リーダーB9Creationsから、工業グレードの生産性とクオリティとコストパフォーマンスを兼ね備えた3Dプリンターが登場です。


1. B9 Coreとは

[画像2: リンク ]

・スピード
B9 Coreの最大の特徴は、高性能の3Dプリントが平均的な3Dプリンターの4倍速で出力できる点です。

産業用のHD LED照明エンジンを搭載しすることにより、時間当たり100+ mmのプリントが可能です。
[画像3: リンク ]

・高度な印刷技術
B9コアシリーズプリンタは速いだけではなく、工業使用されている3Dプリンター同様に印刷解像度と表面品質を損なうことなく印刷ができます。

塗装可能、鋳造可能、ミクロスケールの詳細なモデル、フィギュア、彫刻が製作できます。

正確な部品を作成するために50ミクロンのXY解像度。
ビルド:96 x 54 mmのベッドサイズは、小さなバッチ印刷のために1つのプリントで複数のパーツを作成することを可能にします。

[画像4: リンク ]

B9Creationsの鋳造レジンは信じられないほど詳細な印刷を可能にし、ジュエラー承認バーンアウトスケジュールは、銀、金、プラチナなどの金属で繰り返し可能で完璧な鋳造結果をもたらします。


・使いやすい
B9 Coreシリーズは、統合されたシステムと新しいユーザーインターフェイスを組み合わせて使用して、印刷環境を最適化します。また、キャリブレーションとチューニングの複雑さを解消し、設計と作成に多くの時間を費やすことができます。

[画像5: リンク ]


大規模なタッチスクリーン、新しいソフトウェアと工場の較正によって、タッチボタン操作を可能にするように単純化されています。

小型3Dプリンターは壊れやすいく性能が安定しないものが多いですが、B9coreは頑丈でずっと繰り返し使える3Dプリンターです。

[画像6: リンク ]


〈B9コア550〉
B9コア550は、業界最高レベルのビルドスピードと生産能力を備えた再現性、精度、表面仕上げが必要なお客様に最適です。その低い運用コスト、スケーラビリティのためのネットワーク化可能なアーキテクチャ、および使い易さは、オペレータが生産に集中し、プリンタの調整や校正を必要としない大量のビジネスに最適です。


〈B9コア530〉
優れた精密さと表面仕上げで、最も詳細なデザインを生き生きと演出します。B9 Core 530は、より精密な解像度でCore 550のすべての機能を提供します。そのスピードとシンプルさは、デザイナー、ショップ、小さな宝石のビジネスに最適です。


2.使用例

B9Creatorは、アーティスト、モデルメーカー、プロトタイプのプロフェッショナルに、スピード、ディテール、およびデザイン時のクリエイティブな印刷能力を提供しています。

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

実はB9Creatoのプリンターは、世界中の主要大学の研究室でも使われています。日本では京都大学でも使用されているそうです。

3Dプリンターと言うとクリエイティブなものを想像しがちですが、科学や医療など様々な方面で実用化されているのです。


3.B9coreクリエーションストーリー

[画像9: リンク ]



B9Creationsの創設者兼CEO、マイケル・ジョイスは、常にテクノロジーを通じて人生を改善するという熱い思いを感じました。この情熱は宇宙探査に関心を示し、数学の学位を取得し、米空軍のパイロットとして10年のキャリアを持ち、ソフトウェア開発分野で働いていました。そして2011年、MikeはB9Creatorと呼ばれるものの始まりの開発に着手し2016年にB9Coreを完成させました。



[画像10: リンク ]

[画像11: リンク ]

[画像12: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。