logo

千葉商科大学第8代学長に原科幸彦教授(政策情報学部長・東京工業大学名誉教授)を選任

千葉商科大学 2017年02月16日 08時05分
From Digital PR Platform


学校法人千葉学園千葉商科大学(理事長:原田嘉中)は、2017年2月15日に開催した理事会において、次期学長に原科幸彦(はらしなさちひこ)政策情報学部長・教授を選任した。就任は2017年3月1日付けで、第8代学長となる。任期は2021年3月31日まで。


 原科教授は、社会工学が専門で、参加と合意形成研究、環境アセスメント研究の第一人者として国内外で広く知られている。東京工業大学教授、研究科長を経て、2012年から千葉商科大学 政策情報学部教授に就任、2014年からは同学部長を務めている。これまでに国際影響評価学会(IAIA)で日本人初の会長や、日本計画行政学会会長などを歴任し、独立行政法人国際協力機構(JICA)の環境社会配慮ガイドラインの改善など、国際協力分野でのプロジェクト融資の健全化にも大きく貢献した。2013年には長年に亘る内外の功績が評価され、IAIAの最高賞であるRose-Hulman Award をアジア圏で初めて受賞した。2014年には政府の観光立国推進の一環であるMICEアンバサダーに任命され、日本の顔として精力的に活動している。原科教授は、東京工業大学在職時から一貫して倫理教育に信念を貫き、多くの研究者から東工大の良心と評価されてきた。千葉商科大学においても建学の精神、教育理念を踏まえた倫理教育や商業道徳教育に力を入れ、優れた人格識見と教養とを備えた有為な人材を輩出している。

【氏名】 原科 幸彦 (はらしな さちひこ)
【生年月】 1946(昭和21)年8月生[70歳]
【任期】 2017年3月1日~2021年3月31日
【就任日】 2017年3月1日
【学歴】
 1969年3月 東京工業大学 理工学部卒業
 1975年3月 東京工業大学 大学院理工学研究科博士課程修了
【学位】 工学博士(東京工業大学・1975年)
【専門分野】 社会工学、環境計画・政策、参加と合意形成
【職歴】
 1975年4月 東京工業大学 工学部社会工学科助手
 1976年4月 環境庁国立公害研究所総合解析部研究員、のち 主任研究員(1983年10月まで)
 1981年7月 マサチューセッツ工科大学客員研究員(1982年7月まで派遣)
 1983年11月 東京工業大学 工学部社会工学科 助教授、のち 教授
 1993年4月 放送大学 客員助教授、のち 客員教授(2009年3月まで併任)
 1997年3月 ロンドン大学客員教授、スイス連邦工科大学客員教授(12月まで派遣)
 1998年4月 東京工業大学 大学院総合理工学研究科教授、のち 研究科長(2012年3月まで)
 2012年3月 東京工業大学 定年退職(4月 東京工業大学名誉教授)
 2012年4月 千葉商科大学 政策情報学部及び大学院教授(現在に至る)
 2014年4月 千葉商科大学 政策情報学部長・教授(現在に至る)

※研究ならびに業績等は同大公式サイトを参照。
リンク

報道関係の皆さま:
学長就任に際して、3月上旬に就任記者会見を行う予定です。
詳細が決まり次第、改めてご案内申し上げます。

▼本件に関する問い合わせ先
 千葉商科大学 戦略広報センター
 TEL: 047-373-9968
 FAX: 047-373-9969
 E-mail: p-info@cuc.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。