logo

【DAC】LINE ビジネスコネクト対応ソリューション「DialogOne」を用いて、渋谷区の子育て支援サービスをサポート

DAC 2017年02月15日 17時20分
From PR TIMES

~今回の導入を機に地方自治体へサービス展開~

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:島田 雅也、以下 DAC)は、行政サービスの充実化を図る地方自治体向けに、LINE ビジネスコネクト対応ソリューション「DialogOne」を提供し、行政サービスのオンライン化を支援します。
第1弾として東京都渋谷区での導入が決定し、LINE株式会社と東京都渋谷区が2016年8月に締結した「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」の実現をサポートします。



■背景
 2013年に閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言」に基づき、政府は2014年に「オンライン手続の利便性向上に向けた改善方針」を定めました。これに伴い各府省、地方自治体では行政サービスのオンライン化を進めており、スマートデバイスから利用できる行政サービスが増えています。
 DACは、LINEが2012年に広告サービス提供開始以降、メディアレップとして各広告会社と連携しており、2014年の「LINE ビジネスコネクト」提供開始当初から「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」認定企業として、LINEを活用した企業とユーザーのOne to Oneコミュニケーションを推進してまいりました。
 その結果、DACが開発・提供する「DialogOne」は多数の大手企業に採用され、佐賀県の観光誘致施策においても導入されました(※)。この実績に加え、このたび、LINE株式会社と渋谷区が取り組む子育て支援サービスの実証支援にLINE ビジネスコネクトのソリューションプロバイダとして参加しました。

■渋谷区における取組み
 今回渋谷区では、区内在住の子育て世帯向けに、LINEを通じて住んでいるエリアや子供の年齢に合わせた行政サービス情報を発信します。アンケートから得たユーザーの回答内容に合わせて、最適な情報を発信する予定です。

[画像: リンク ]


■今後の展開について
 「DialogOne」はこれまで、人工知能による会話機能追加、スマートフォン向け販促プラットフォームとの連携など、各種ツールやソリューションとの提携により、継続的に機能を拡大し、企業のマーケティング活動を支援してまいりました。
 今後は、地方自治体と市民とのOne to One コミュニケーションのサポートも積極的に推進いたします。


(※) 2016年3月1日 DACのLINE ビジネスコネクト対応ソリューション「DialogOne」、 LINEとの連携を活かし、グローバルでの提供も開始
リンク


<会社概要>
■ デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
代表者  :代表取締役社長COO 島田 雅也
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33階
設 立  :1996年12月
事業内容 :メディアサービス事業、ソリューションサービス事業、オペレーション事業
※DACは、D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社の100%子会社です。

■ D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
代表者  :代表取締役社長 矢嶋 弘毅
所在地  :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
設 立  :2016年10月
上場市場 :東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)


本件についてのお問い合わせ先
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
担当: 戦略統括本部広報担当 TEL: 03-5449-6320 e-mail: ir_inf@dac.co.jp

当社コーポレートサイト掲載先
リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。