logo

平塚の魅力をカラフル&リラクシングに表現!‘Made in 平塚’なミュージックビデオ調PR動画「#hiratsukagood」が完成!

平塚市企画政策部秘書広報課 2017年02月15日 13時33分
From PR TIMES

「手をつなぎたくなる街 湘南ひらつか」シティプロモーションからのお知らせ

 平塚市は、2016年夏から、「手をつなぎたくなる街 湘南ひらつか」を掲げ、シティプロモーションを実施しております。2017年2月15日(水)よりYouTube内平塚市公式チャンネルにて
PR動画『#hiratsukagood』を公開致しましたので、お知らせいたします。



 本作品は、平塚市出身/在住のアーティストやバンド、サーファー、サッカーチーム、親子やカップルなど、この街のカルチャーやライフスタイルを体現する方々の協力のもと、様々なアーティストのミュージックビデオを手掛ける気鋭の映像作家を監督に迎え、実現致しました。

 平塚市の様々な魅力的な景色の中で繰り広げられる、人と人の温かな繋がりや触れ合いを、色鮮やかなアートアニメーションと、湘南を連想させるリラックスした曲調のオリジナルソングで表現し、平塚の街の空気感や雰囲気が伝わってくる映像に仕上がっております。

 2016年夏にインスタグラムでスタートした「#hiratsukagoodフォトキャンペーン」の応募作品も登場するなど、多くの方から寄せられた平塚の魅力からもインスピレーションを受けた作品となっています。

[画像1: リンク ]

公開URL  リンク

<動画の内容>
 物語は、平塚市出身のペインター・アーティストであるオノルイーゼさんが、平塚の海辺でライブペインティングをしているところから始まります。描かれたアートな鳥や蝶が、透明なキャンバスを飛び立ち、青空を羽ばたきながら、平塚の様々な名所を巡っていきます。そして、サーフィンや浜辺の散歩を楽しむ人、サッカー少年たち、夕景を眺めるカップルなど、この街で暮らす人々のつながりや触れ合いを、カラフルに彩っていきます。それぞれのシーンには、Hello / Happy / Hope / Heartful 等、平塚=Hiratsukaと同様に、「H」から始まる様々なワードが登場し、この街の魅力を表現しています。

[画像2: リンク ]


<動画概要>
タイトル:    #hiratsukagood
長さ:     02:00
公開日時:    2017年2月15日(火)11:00~
公開先:   YouTube内平塚市公式チャンネル リンク
放映予定場所: 三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚1階光の広場
     期間:2017年2月20日(月)~
 ※こちらについては30秒バージョンを放映予定です。


<平塚出身のクリエイター>
アートアニメーション
LUISE ONO (オノルイーゼ)

[画像3: リンク ]

 1989年生まれ。神奈川県平塚市出身。“成長(maturation)”をテーマに、植物の生い繁る様や波の流れ、自然界に溢れるエネルギーを有機的な線で表現している。2010年、クラブイベントでのライブペイントにてキャリアをスタート。その後、店舗壁画や企業コラボを経て、現在は主にシェアハウスやオフィス、飲食店の壁画製作を行っている。2月28日まで横浜「Grassroots Yokohama」にて個展を開催中。
HP : リンク
Instagramアカウント : luiseono

コメント:
撮影では、平塚の中の素晴らしいロケーションで絵を描くことができ、本当に最高な1日でした。今回、アニメーションに初挑戦だったため、絵の一枚一枚に気持ちも入りました。このPVを通して平塚の良さが広まることを願っています。

オリジナル楽曲制作
MiyuMiyu

[画像4: リンク ]

 高校時代に結成された、平塚出身のバンド。2006年には、3rdシングルの『流れ星』が、アニメ「デジモンセイバーズ」の後期エンディングテーマに起用される。その後も、EPやシングルの発売、ライブなど意欲的に活動。その独自の音楽性は、共演したミュージシャンはもちろん、各ライブハウス、またレコーディング・エンジニアなど、プロの聴き手からも高い評価を得ている。2016年11月には新アルバム「muon」を発売。
HP : リンク
Instagramアカウント:miyumiyu_1123

コメント:
生まれ育った平塚市のプロモーションということで、いつも通勤や休みの日に通る街の風景を改めて見直してみました。海・山・畑・川や、行き交う車、富士山、とても大きく開いた、開放的な街なんだと、実感しました。住み心地の良さはここにあるんだと再確認しました。そこで、開放感と、どこか穏やかな南風を受けて暖かい…そんなイメージで楽曲の制作を進めていきました。変わらずゆったりと過ごされる方ももちろんですが、これから新たな家族を迎えたり、生活の拠点を考えている若い世代や、私たちと同年代くらいの方にもどんどん平塚の街に興味をもっていただき、魅力を感じていただきたいという気持ちを込めています。

【shine】 作詞/作曲:yukiko morijiri
明日またね」が 響く こころ
風に揺れる
合図に合わせて 躍る こころ
波のように(うねり)
そっと触れた手が 熱く 鼓動
突き動かす
愛溢れる 瞳に 秘めた 想い
照らす ひかり

大きく描いた空 無限のHOPE
過去も未来までも 繋がる ひとつ
大きく描いた空 無限のHOPE
過去も未来までも 繋がる ひとつ


<ご協力いただいた地元の方々>
出演
湘南ベルマーレ サッカースクール生

[画像5: リンク ]

 平塚市内を中心に年少~中学3年生までを対象に開講されている湘南ベルマーレサッカースクール。スクールでは、体を動かす事の楽しさ、サッカーの技術や戦術はもちろん、人間力(ライフパワー)にも着目し、社会に出て通用する人間性の獲得を目指し活動を続けている。今回撮影に協力したのは、年少の子どもたち。
HP : リンク
Instagramアカウント : shonan_bellmare (湘南ベルマーレ)
bellmare_style(ベルマーレのある生活)

コメント:
我々湘南ベルマーレの持つビジョンに「人生と地域を豊かにする、スポーツ文化が根ざしている世の中。」というものがあります。ここ平塚に住む方々の人生をスポーツを通して豊かにできるように、そしてここ平塚に住む人々とともに、平塚という街を豊かにできるように湘南ベルマーレは活動しています。世代と地域をつなぐ、まさに「手をつなぎたくなる」ような空間づくりを、これからも皆さんと行ってまいります。

出演
Mo3Store(エムオースリーストア)

[画像6: リンク ]

 平塚市のサーフショップで、市内外から多くのサーファーが訪れる。今回のムービーには、この店のオーナーであり、横乗日本映画祭の主催者で横乗り文化の伝道者として活躍する、プロサーファーの劔持良輔さんと知人のサーファーの女性が出演。劔持さんは、「hiratsukanian」と名付けた湘南エリア中心のサーフィン動画を自身で制作するなど、平塚市や横乗りカルチャーの魅力を発信する活動を行っている。
HP : リンク
Instagramアカウント : mo3store

コメント:
平塚の魅力を発信できるということは、自分にとって長年継続して来たライフスタイルの一つ。
海、山、街、そして広い空!もっともっと平塚の魅力を知ってほしいのでぜひとも訪れてほしいですね!
いつでもお待ちしております!

出演
MAMUDS(マームーズ)

[画像7: リンク ]

 平塚の地で20年以上にわたり愛され続けるセレクトショップ。ヴィ ンテージ古着を中心に高感度な品揃えが人気で、市内だけでなく、フ ァッション好きに広く愛されている。アメリカ在住のオーナーは、イ ンスタグラマーとしても有名な白砂氏(mamudsny)。今回のムービーには、店主の大岡さんご一家・元ショップスタッフの大塚さんご夫婦が出演。
HP : リンク
Instagramアカウント : mamuds_official

コメント:
海もあり山もあり、まるでアメリカのカリフォルニアのような街「ヒラフォルニア・平塚」が私たちは大好きです。これからも、この土地に合わせたデイリーウエアを中心に、海外からのインポートアイテムをご紹介させていただきたいと思います。


<映像監督について>
大澤 健太郎
 京都造形芸術大学卒業後、出版社にてエディター、デザイナーの経験を経て、2009年より映像制作会社
イエローブレインに入社し、丹下紘希に師事。2013年よりディレクターとして独立。MV、CM、LIVE映像
などジャンルを問わず活動中。また、モーショングラフィック、3DCGなども自身で手がける。

受賞歴
・48時間映画祭(The 48Hour Film Project 2016)東京大会グランプリ受賞
・ショートフィルム「Paradise」が Filmapalooza 2017 に正式出品予定

主な作品
・くるり「ふたつの世界」MV
・女王蜂「金星」MV
・高橋優 「(WHERE'S)THE SILENT MAJORITY」MV
・THE FLOOR 「 WANNABE」MV


<参考:平塚市シティプロモーションについて>
 平塚市は、街の様々な魅力を発信し、平塚市の都市イメージの向上、および定住促進の魅力発信を図るシティプロモーションを、2016年7月27日より始動致しました。「手をつなぎたくなる街 湘南ひらつか」というスローガンおよびロゴマークとともに、これまでに市内外を巻き込んだInstagramキャンペーン「#hiratsukagoodフォトキャンペーン」などの企画を行ってまいりました。今後も、このスローガンのもと、様々な展開をしていきます。

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]

[画像10: リンク ]


平塚市公式インスタグラムアカウント:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事