logo

トランスコスモス、北海道函館にオペレーション拠点「トランスコスモスDMI函館ラボ」を設立

デジタルマーケティングサービスの運用支援に加え、最新ITの研究開発・実証実験を展開

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)の100%子会社である株式会社トランスコスモスDMI(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井上博文、以下、トランスコスモスDMI)は、北海道函館市に新拠点「トランスコスモスDMI函館ラボ(以下、函館ラボ)」を開設します。2017年4月1日より事業を開始する予定です。



トランスコスモスではこれまで札幌・福岡・沖縄のニアショア拠点にて、Webサイト制作・開発・運用人材の確保、作業スピード・品質を担保したローコスト運営を進めてきました。さらにベトナム(ホーチミン)、インドネシア(ジャカルタ)、フィリピン(マニラ)のオフショア拠点では、多言語に対応するグローバルサイトの制作・運用体制を構築し、グローバルサイト向けのCMS運用、Webサイト表示検証、コンポーネントを活用したコーディング、アプリ動作検証、多言語翻訳などを提供しています。これらの拠点は、トランスコスモスDMIが統括・管理しています。

函館ラボはトランスコスモスDMIの国内4拠点目として新設し、Webサイト制作サービスの提供に加え、最新ITの研究開発・実証実験を行います。具体的には、「観光による活性化」を推進する函館市(市長:工藤壽樹)と協調し、商店街、ホテル、飲食店、観光名所などを訪れる各国からの訪問客をITで“おもてなし”する仕組みを研究・開発、実証実験を行います。実証実験で収集したデータは、公立大学法人公立はこだて未来大学(理事長・学長:片桐恭弘)と連携し、分析することで新たな知見を発掘、さらなる施策に活用するなど、産学連携、地方創生のプロジェクトとして推進していく予定です。

■トランスコスモスDMI函館ラボ 概要
名称:    トランスコスモスDMI函館ラボ
所在地:   函館市若松町2-5 明治安田生命ビル6F、7F(約100坪)
事業開始:  2017年4月1日
事業概要:  1.Webサイトの企画,制作,運用サービス
       2.最新ITの研究開発、実証実験、分析

■トランスコスモスDMI 概要
名称:    株式会社トランスコスモスDMI
資本金:   3,000万円
株主:    トランスコスモス株式会社100%
設立:    2000年12月
所在地:   東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント6階
代表:    代表取締役社長 井上博文
従業員数:  300人

函館ラボは、2017年4月には10人規模でスタートし、2年後には50人規模まで拡大する計画です。現地での採用は大学、専門学校、高専、高校の卒業生ならびに中途採用を予定しています。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト削減と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界31カ国・169の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界49カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL: リンク)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事