logo

CTC教育サービスメルマガ1月号 【新コース】ネットワーク仮想化/SDN分野オリジナルコースリニューアル!

CTC教育サービスはメルマガ1月号「 【新コース】ネットワーク仮想化/SDN分野オリジナルコースリニューアル!」のバックナンバーを公開しました。

┏◆ 今月のコンテンツ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■新着情報
 ネットワーク仮想化/SDNトレーニングコース リニューアル!
■受講者全員にプレゼントキャンペーン実施中!
 OpenStack/Cisco/システムトラブルシュート
■トレーニング開催日程公開!
 仮想基盤構築/Ansible/OpenStack/SDN/Python/その他
■コラム


┃新┃着┃情┃報┃
┗━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【新コース】ネットワーク仮想化/SDN分野オリジナルコースリニューアル!

この度、CTC教育サービスでは、オリジナルコース「システム・仮想基盤構築
トレーニング(ネットワーク仮想化/SDN分野)」をリニューアルいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

システム・仮想基盤構築トレーニング(ネットワーク仮想化/SDN分野)
 ~SDN(Software Defined Network)環境の構築~ 3日間
 コースコード:IT203
 2017年6月から順次開催!
 コース詳細・開催日程
  ⇒リンク

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

これまで以上に演習の量を大幅に増強し、VMware NSXの構築・運用・保守を行う
技術者やSDNにまつわる機能を学習したい方にとって、より理解度を高める事が
できる内容となっております。

なお、従来の「システム・仮想基盤構築トレーニング(ネットワーク仮想化/
SDN分野) 2日間 コースコード:IT202」コースにつきましても、2017年の4月
まで開催しております。
今ならご都合に合わせてご検討いただけます。


┃お┃す┃す┃め┃
┗━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2017年スタートダッシュ!キャンペーン盛り沢山!】

■OpenStackスキルアップ応援キャンペーン!もれなくギフト券プレゼント!
この度、CTC教育サービスでは、OpenStackやクラウドを学ぶ方のために、
OpenStackスキルアップ応援キャンペーンを実施いたします。
はじめてクラウドを学ぶ方や、実際にOpenStackの構築・運用に携わる方に最適!
この機会に、是非ご受講ください。
詳細は⇒ リンク

■Cisco認定コース受講でもれなくCiscoオリジナルグッズをプレゼント!
2017年1月~2017年3月開催のキャンペーン対象コースを受講された方に、
もれなく"Ciscoオリジナルグッズ"をプレゼント致します。
キャンペーン対象コースは、CTCテクノロジー主催のCisco認定コースです。
Ciscoロゴ入りグッズをもらえるのは今だけです!
詳細は⇒ リンク

■システムトラブルシュート研修受講でもれなくギフト券プレゼント!
この度、システムトラブルシュート研修リリース1周年を記念して、キャンペーン
を実施いたします。
システムトラブルシュート研修は、多くの方にご好評いただいております。
ますます複雑化するシステム環境に対応できるエンジニアの育成を、CTC教育
サービスは応援いたします。
是非、この機会をお見逃しなく!
詳細は⇒ リンク


【2017年4月~6月のトレーニング開催日程が公開されました!】

■クラウド/仮想化関連コース(仮想基盤構築・Ansible・OpenStack・SDN)
コース一覧⇒ リンク

■Pythonコース
コース一覧⇒ リンク

その他、人気のコースもぞくぞく公開中です!
CTC教育サービス⇒ リンク


┃コ┃ラ┃ム┃
┗━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 【グーグルを支えるテクノロジー】
第8回 スケーラビリティと一貫性を両立した分散データストアMegastore
(パート2) (中井悦司)

前回に続いて、2011年に公開された論文「Megastore: Providing Scalable,
Highly Available Storage for Interactive Services」をもとにして、分散
データストア「Megastore」のアーキテクチャーを解説していきます。前回触れた
ように、Google Cloud Platform(GCP)で提供されるCloud Datastoreは、内部的
にMegastoreを用いて実装されています。Cloud Datastoreを使いこなす上でも、
Megastoreの構造を理解することは重要なポイントになります。
詳細は⇒ リンク

第9回 MapReduceをバックエンドにした分散型データ処理基盤 FlumeJava
(中井悦司)

今回は、2010年に公開された論文「FlumeJava: Easy, Efficient Data-Parallel
Pipelines」をもとにして、分散型のデータ処理基盤を提供する「FlumeJava」を
紹介します。
一般に、分散データ処理の方式には、バッチ型のデータ処理とストリーミング型
のデータ処理があります。FlumeJavaは、バッチ型のデータ処理に特化した基盤と
なります。
ちなみに、Google Cloud Platform(GCP)では、分散データ処理サービスとして、
Cloud Dataflowが提供されています。これは、今回紹介するFlumeJavaと、
ストリームデータ処理基盤であるMillWheelの技術を統合して開発されたものです。
今回は、FlumaJavaの解説を通して、Cloud Dataflowのバッチ処理機能の基礎を
学びましょう。
詳細は⇒ リンク


■ 【VMware海外動向】
第13回 七面鳥を焼くより早いデータセンターの拡張 (野田貴子)

こんにちはー。今回も海外のVMware関連のコラムを意訳してご紹介します。
VMwareの海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

みなさんはついにクラウド移行しました。おめでとうございます。
これでビジネスの成功のためにこの重要なツールの価値を認識している
リーディング企業の仲間入りです。実際、2016年末までにはITワークロードの
27%がプライベートクラウドやパブリッククラウドで動くようになります。
10年前はほんの2%でした。
おそらくみなさんはクラウドを災害復旧のために使用しているか、あるいは
データセンターの拡張や置き換えのために使用しているのかもしれません。
このようなことは全てvCloud Airを使って実現できます。
詳細は⇒ リンク


■ 【Windows/Linuxの実践トラブルシューティング】
第5回 システムの基本情報の確認 その3 (加賀結衣)

こんにちは。加賀結衣(かが ゆい)と申します。
このコラムでは、株式会社リックテレコムの「Windows/Linuxのトラブル追跡実践
ノウハウ」をもとに、私が実際にPCに触りながら学んだことをまとめていきます。
コラム内のページ表記は、この書籍のページを示します(Pはページです)。
日々発生するコンピュータのトラブルに対し、どのようなツールを使い、
どのような情報を収集すればよいか知りたいと思われている初心者の方に、
このコラムが少しでもお役に立てば嬉しいです。

前回は、第2章 Linux編(1) 2.1.6 の「周辺機器の確認をする」まで学びました。
今回は、Linux編(2) 2.3.1の、「IPアドレス、MACアドレスの確認をする」から
確認していきましょう。
詳細は⇒ リンク

■ 【スーパーエンジニアの独り言】
第64回 さよならレイラ (藤江一博)
昨今、「宇宙の謎」について論議が活発になっているようで、これまで定説と
されていたものに異論を投げかける論説も登場してきている兆候は、様々な
テクノロジーが発達することでデータの取得、解析、評価、予測とこれら
サイクルに精度が高まるに連れて今までの予想が裏づけされる反面、疑念が
産まれることもあるからなのだと思います。
最大の問題である「宇宙の創始と終焉」についても将来に亘って新説を唱える
方が登場してくるのだと思われます。
詳細は⇒ リンク


■お問合せ・ご意見・ご感想は◆CTC教育サービス◆窓口まで━━━━━━━
シーティーシー・テクノロジー株式会社 エデュケーション企画推進部
E-Mail: kyouiku@ctc-g.co.jp / TEL: 03-5712-8700

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事