logo

ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」申込件数3,500口座突破のお知らせ

株式会社SBI証券 2017年02月14日 15時38分
From PR TIMES

~1月31日(火)のサービス開始より、わずか10営業日で3,500口座を達成~



 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人、以下「当社」)は、2017年1月31日(火)より、ウェルスナビ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:柴山和久、以下「ウェルスナビ社」)の提供するロボアドバイザー「WealthNavi」を当社のお客さま向けにカスタマイズした「WealthNavi for SBI証券」の提供を開始いたしましたが、このたびサービス開始わずか10営業日での申込件数が3,500口座を突破いたしましたので、お知らせいたします。

 「WealthNavi for SBI証券」は、客観的で透明性の高いアルゴリズムに基づき、資産運用の全プロセスを自動化した次世代の資産運用サービスです。圧倒的な顧客基盤を有する当社と次世代の金融テクノロジーを持つウェルスナビ社が協業することで、より多くの個人投資家のみなさまに最先端の資産運用サービスを提供することを目的として、サービスを開始いたしました。

 このたびサービス開始わずか10営業日で3,500件を超えるお申込みをいただいたのは、年率1%※1(税別)という低価格かつシンプルな手数料で、手軽に世界水準の金融アルゴリズムを利用できる点が評価されたものと考えております。
 当社は、今後もスマートフォン向けアプリやアグリゲーションサービス(当社WEBサイトでの「WealthNavi for SBI証券」の残高情報表示)の提供などのさまざまなサービス展開を予定しており、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、商品・サービスの拡充に努めてまいります。

<ご参考>「WealthNavi for SBI証券」の主な特徴

【1】中長期的に安定的に資産を形成していきたい人に向いています

[画像1: リンク ]


「WealthNavi for SBI証券」は、ロボアドバイザーが最適ポートフォリオを作成する自動投資の資産運用サービスです。個人投資家が陥りがちな心理的な壁に邪魔されることなく、適切な資産配分の維持や積立投資の継続といった合理的な投資行動を実現することが可能となります。正しい資産運用の方法がわからない、信頼できる相談相手がいない、忙しくて運用する時間がない、などの悩みを抱えている方やこれから投資を始める初心者の方をサポートいたします。

【2】世界水準の金融アルゴリズムを搭載しています
世界の富裕層や機関投資家は、一般的に高度な金融アルゴリズムによって最適化されたポートフォリオによる長期運用を行っています。「WealthNavi for SBI証券」は、これまで世界の富裕層や機関投資家が利用してきたノーベル賞受賞理論などに基づいた資産運用のアルゴリズムを搭載しています。従来の運用サービスと比べてコストを抜本的に削減することによって、税金の最適化などのサービスを誰でも利用できるようにしました。


【3】運用が不透明にならないように投資運用ロジックを可能な限り公開しています
WealthNavi for SBI証券の投資運用を行うウェルスナビ社では、投資運用ロジックを可能な限り公開しています。投資対象銘柄は、2017年2月時点で7銘柄で、米国に上場されているすべてのETF(上場投資信託)銘柄の中から、選び抜かれた銘柄を扱っており、銘柄の選定基準も公開しています。

【4】手数料は残高に応じて年率1%※1(税別)のみ、他の手数料はかかりません
運用は、米国ETFで米ドル建ての投資にも関わらず、為替手数料や為替スプレッドなど他の手数料は一切なく、シンプルな手数料設定となっています。

【5】最低投資金額は、働く世代にも嬉しい30万円から
投資初心者や働く世代にも投資をより身近に感じていただけるよう最低投資金額を30万円に設定しています。
[画像2: リンク ]



■ウェルスナビ社について
「WealthNavi for SBI証券」を提供するウェルスナビ社は、最先端の金融テクノロジーを駆使し、国際分散投資による「世界標準の資産運用サービス」を提供しております。2016年9月2日(金)に開催された「Rising Expo 2016」※2ではFinTech企業として高い評価を得て、『グランプリ』を獲得いたしました。

■会社概要
会社名 ウェルスナビ株式会社(英語名:WealthNavi Inc.)
代表者 代表取締役CEO 柴山和久
設立 2015年 4月 28日
所在地 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル3F
URL リンク
事業内容 第一種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業
関東財務局長(金商)第2884号加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

※1 3,000万円まで(3,000万円を超える部分は0.5%)
※2 「RisingExpo 2016」はスタートアップ向けベンチャーキャピタルのサイバーエージェント・ベンチャーズが開催する年次のショーケース・イベントです。(リンク

<金融商品取引法に係る表示>
商号等  株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。