logo

テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始~ドローンと最新技術を組み合わせ、メガソーラー開発・保守点検の一連をサポート~

テラドローン株式会社 2017年02月14日 15時24分
From PR TIMES

国内外でドローン(UAV)測量、管制システム事業を展開するテラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:徳重 徹/以下、テラドローン)は、2017年2月14日、太陽光発電関連事業者様向けサービスを開始致しました。太陽光発電所のEPC(設計・調達・建設)業務向けに、レーザー搭載UAVを用いた森林測量サービス、O&M(運転管理・保守運用)業務向けに、赤外線カメラ搭載UAVを用いた点検サービスを提供して参ります。ドローンと最新技術の組み合わせにより、太陽光発電に関わる一連の業務のコストカット・高品質化を実現して参ります。



[画像1: リンク ]


0.背景
2016年のパリ協定による再生可能エネルギー推進に向けた世界的な動きの加速や、固定価格買取り制度(FIT)改正による保守・点検の徹底により、太陽光発電所の建設・維持業務のニーズは日々高まっております。この流れを受け、テラドローンでは2017年2月14日、太陽光発電のEPC(設計・調達・建設)及びO&M(運転管理・保守運用)事業者様向けサービスパッケージを開始致しました。具体的には、EPC業務向けにレーザー搭載UAVを用いた森林測量、O&M業務向けに赤外線カメラ搭載UAVを用いたホットスポットの点検業務を提供致します。

1.【EPC業務向け】 レーザー搭載UAVによる、用地取得時測量
■事業者様向けメリット
・用地取得の簡易化
近年、未開発の平地域の減少により、山林域でのメガソーラー開発が進んでいます。山林域での正確な測量を実現するレーザー搭載UAVにより、用地取得にあたり正確な地表データを提供、より効果的な意思決定をサポート致します。

■レーザーを用いた測量の2点の特徴
・樹木の下の地形を計測可能
従来の間接的な写真測量では計測が困難であった、樹木が生い茂っているような環境下でも、樹木下の地形の正確な計測が可能になります。

・密度が高いデータ
従来の写真測量と異なり地表マーカーを置く必要がなく直接計測可能なため、短時間での計測を実現致します。また比較的低空を飛ぶドローンを使うことにより、密度が高いデータを得ることができます。


2.【O&M業務向け】 赤外線カメラ搭載UAVによる、ホットスポット点検
■事業者様向けメリット
・O&M費用全体のコストダウン
地上からの赤外線調査に比べ、1度に広範囲を点検できるため調査費用の削減につながります。またパネル面の汚れや雑草などによる影の影響箇所を細かく特定できるため、メンテナンスの効率化・計画的な保守運用が可能となります。

・利益損失の防止
パネルの不具合の早期発見・早めの対処で、発電量低下を防止。その他の点検では分かりづらいパネル単位での不具合を発見できることにより、発電低下原因が明確化され素早い対応を実現致します。

■ドローン(UAV)を用いた点検の2つの特徴
・上空からの赤外線カメラ映像の取得が可能となり、地上からでは撮影しにくい/撮影できない箇所の診断調査が可能となります。

・1度に広範囲の診断調査が可能となり、診断調査時間の大幅な短縮を実現いたします。

[画像2: リンク ]



本サービスのご相談・お見積は、「テラドローン株式会社 太陽光事業担当 03-6419-7193」まで、お気軽にお問い合わせください。


■テラドローン株式会社
ドローンを用いてレーザー・写真測量を行い、高精度3次元図面を短時間で作成、土量管理、工事の進捗管理に役立つサービスを提供。同業を300回以上行った実績を持ち、大手ゼネコン・建機メーカーからも受注した実績を持つ。またドローン運行管理システム(UTM)事業にも参入。グループ会社はアジアで電動二輪、三輪を製造、販売し、海外売上比率85%を誇り、年間3万台を売り上げるテラモーターズ株式会社。

■本リリースに関するお問い合わせ
テラドローン株式会社 太陽光事業担当
TEL:  03-6419-7193
Mail:  info.jp@terra-drone.co.jp
HP:   リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。