logo

~沖縄離島と日本の酒をテーマに世界へ日本文化を発信するカフェ&和酒 N3331がコラボレーション~

一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー 2017年02月13日 17時28分
From 共同通信PRワイヤー

2017年2月13日

一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー

~沖縄離島と日本の酒をテーマに世界へ日本文化を発信するカフェ&和酒 N3331がコラボレーション~
『OKINAWA離島泡盛フェア ~沖縄離島の酔い心地~』
久米島の泡盛が飲める!米島酒造4代目・田場俊之氏トークイベントも開催

   一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良 朝敬、以下OCVB)は、2017年2月13日(月)から28日(火)の間、東京・秋葉原旧万世橋駅ホーム跡にある「カフェ&和酒 N3331」(リンク)において、沖縄離島の魅力を紹介するコラボレーション企画『OKINAWA離島泡盛フェア~沖縄離島の酔い心地~』を実施します。

「カフェ&和酒 N3331」は“世界で最も電車に近い?”カフェ&バーとして話題の人気店。日本のお酒をテーマに世界へ日本文化の発信を行っていくというコンセプトを掲げていることから、日本の南端・沖縄の酒「泡盛」と沖縄離島をテーマとしたコラボレーション企画『OKINAWA離島泡盛フェア~沖縄離島の酔い心地~』が実現することになりました。
 
 期間中は沖縄離島の泡盛5種がカフェ&和酒 N3331にスペシャルメニューとして登場。店内で沖縄離島観光情報「リトハク」パンフレットなどを設置して情報発信を行うほか、特別企画として久米島の蔵元・米島酒造当主によるトークイベントも開催いたします。

  OCVBは本フェアを通じて、まだ知られていない沖縄離島の魅力を首都圏の皆様へお伝えいたします。

【画像: リンク

【OKINAWA離島泡盛フェア~沖縄離島の酔い心地~】概要

期間:2017年2月13日(月)~28日(火)
場所:カフェ&和酒 N3331 マーチエキュート神田万世橋
       (東京都千代田区神田須田町1-25-4)
内容:
1)沖縄泡盛5種(期間中)
     [八重山諸島・石垣島]  請福酒造(直火請福30度)
     [宮古島]  渡久山酒造(豊年30度、ゆら25度)
     [久米島]  米島酒造(久米島30度、美ら蛍30度)
2)沖縄離島観光情報「リトハク」パンフレット無料配布
3)沖縄離島パネル展示
4)沖縄離島観光、泡盛関連書籍の設置
5)スペシャルトークイベント(2月23日)開催
   『久米島の泡盛の楽しみ方』(米島酒造4代目 田場俊之氏)
主催:沖縄県、(一財)沖縄観光コンベンションビューロー 
共催:カフェ&和酒 N3331
協力:(一社)久米島町観光協会、米島酒造(株)、請福酒造(有)、(株)渡久山酒造

■2月23日(木)沖縄離島・久米島の泡盛と島の魅力を語る会 ~スペシャルトーク米島酒造~
米島酒造4代目 田場俊之氏をゲストに迎え『久米島の泡盛の楽しみ方』をトークテーマに「久米島の泡盛はなぜ美味しい?飲み方の流儀は?」「小さな蔵の良さを生かした個性的な泡盛づくりとは?」「若き蔵人が語るとっておきの話」などをご紹介いたします。当日は貴重な久米島の泡盛飲み放題に加え、車エビ・海ぶどう・島らっきょうなどの久米島の特産品を使った料理や、N3331自慢の料理もお楽しみいただけます。
【日時】2017年2月23日(木)19時~21時【参加費】2,500円【募集定員】25名 ※申し込み先着順
【お申込先】OKINAWA離島泡盛フェア事務局(E-mail:okinawaritou2017@gmail.com)※お名前、電話番号、参加人数明記
※スペシャルトークのお申込について、店舗へのご連絡はお控え下さい



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事