logo

GLOBALFOUNDRIESが成都ハイテク開発区に12インチ・ウエハー工場建設へ

Chengdu High-tech Industrial Development Zone 2017年02月13日 17時10分
From 共同通信PRワイヤー

GLOBALFOUNDRIESが成都ハイテク開発区に12インチ・ウエハー工場建設へ

AsiaNet 67390 (0183)

【成都(中国)2017年2月13日PR Newswire=共同通信JBN】世界的な半導体ウエハー製造のリーダーであるGLOBALFOUNDRIESは13日、世界的製造事業の拡大計画を発表した。同社は今後も米国、ドイツにおけるウエハー製造工場への投資を継続するとともに、中国や世界からの同社の最先端22FDX技術に対する需要に応えるため、シンガポールでの製造能力を拡張し、中国・成都に12インチ(300mm)ウエハー製造工場を建設する。

同社のシンガポールと成都に関する計画によると、成都工場は2018年第4四半期に製造を開始する予定で、2019年第4四半期にはアドバンスト22FDXの製造を開始する。

GLOBALFOUNDRIESのサンジェイ・ジャ最高経営責任者(CEO)は「無線インターネット機器に使用されている世界クラスのRF-SOIプラットフォームから最新鋭のFD-SOI、FinFETの技術的ロードマップに至るまで、すべてが当社の主力製品と先進的技術に対して世界市場の膨大な需要があることの証拠になっている。成都ハイテク産業開発区に12インチ・ウエハー工場を建設することで、中国市場における当社製品の拡大を加速することになる」と語っている。

成都ハイテク産業開発区は中国で最も有名なIT産業クラスターのひとつでありインテル、テキサスインスツルメンツ、AMD、MediaTeK、デル、レノボ、Foxconnなど多数の世界的IT巨大企業を受け入れ、フォーチュン500社のうち115社を受け入れている。成都ハイテク産業開発区は、2016年に総額249億米ドルの取引高を計上している。

GLOBALFOUNDRIESはまた同日、中国市場向けに「Ge Xin」と言う新しい商標を紹介するとともに、合弁企業Gexin (Chengdu) Integrated Circuit Manufacturing Co., Ltd.の設立を発表した。「Ge Xin」は中国で「革新」と同じ発音で再生、再活発化、改革を意味する。

ソース:Chengdu High-tech Industrial Development Zone

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。