logo

Tech in Asia Japanは株式会社ウィルク゛ルーフ゜が主体として開催するアクセラレーターフ゜ロク゛ラム「HINODE 2017(ヒノテ゛)」にパートナーとして参画

PENN OLSON JAPAN 株式会社 2017年02月13日 15時03分
From PR TIMES

アジアの最大級スタートアップ向けの情報配信サイトを運営するTech in Asiaの日本法人であるTech in Asia Japanは人材サーヒ゛スを主力とする、株式会社ウィルク゛ルーフ゜(本社:東京都中野区、代表取締役会⻑ 兼 CEO 池田 良介) が主催する、大企業と連携したアクセラレーターフ゜ロク゛ラム※「HINODE 2017(ヒノテ゛)」(リンク)のパートナー企業として参画する事を発表します。


アジアの最大級スタートアップ向けの情報配信サイトを運営するTech in Asiaの日本法人であるTech in Asia Japanは人材サーヒ゛スを主力とする、株式会社ウィルク゛ルーフ゜(本社:東京都中野区、代表取締役会⻑ 兼 CEO 池田 良介) が主催する、大企業と連携したアクセラレーターフ゜ロク゛ラム※「HINODE 2017(ヒノテ゛)」(リンク)にパートナー企業として参画致します。

本プログラムでは、当社のほか大企業の新規事業開発部門やVC※がパートナーとして参加し、各社のリソースである、ヒト × モノ × カネ × 情報 を連携し、世界を変えようとする起業家をサポートします。

※アクセラレーターフ゜ロク゛ラム:協賛企業とヘ゛ンチャー企業のリソースを掛け合わせたオーフ゜ンイノヘ゛ーションによる事業創出を 目指すフ゜ロク゛ラム。
※VC:ヘ゛ンチャーキャヒ゜タル。主に高い成⻑率を有する未上場企業(ヘ゛ンチャー企業)に対して、ハイリターンを狙った投資を行う 投資会社(投資ファント゛)。

■アクセラレーターフ゜ロク゛ラム「HINODE 2017」概要
ウィルク゛ルーフ゜、アクセラレーターフ゜ロク゛ラム「HINODE 2017(ヒノテ゛2017)」
~挑戦する起業家に大企業連携のサホ゜ートて゛圧倒的な加速を~

【主催】 株式会社ウィルク゛ルーフ゜

【サホ゜ート企業】 新日本有限責任監査法人、日本マイクロソフト株式会社、株式会社PR TIMES、株式会社フ゜ルータス・コンサルティンク゛ 、株式会社博報堂、株式会社構造計画研究所(SendGrid)、株式会社リコー、その他数社

【参加条件 】
•設立3年以内のヘ゛ンチャー企業
•事業領域は問わない。
•現時点て゛企業していない個人も応募可、たた゛しフ゜ロク゛ラム採択後に法人登記か゛必要。
•フ゜ロク゛ラム期間中に、サーヒ゛スまたはフ゜ロタ゛クトのフ゜ロトタイフ゜等を作成する能力か゛あること。
•期間中に代表者か゛フ゜ロク゛ラムに参加て゛きる事。
•9月のTech in Asia Tokyo2017(9月27日-28日)のイベント内のDemoDayに参加て゛きること。
•フ゜ロク゛ラム期間中に一定の用件を満たした企業は出資を検討。

【スケシ゛ュール 】
1.参加企業募集期間 2017年2月13日(月)~2017年4月16日(日)
2.一次選考(書類) 2017年4月下旬
3.二次選考(面談) 2017年5月上旬
4.フ゜ロク゛ラム期間 2017年6月1日(木)~2017年8月31日(木)
5.DEMO DAY 2017年9月27日もしくは 28日予定

【公式WEBサイト】
リンク

■株式会社ウィルグループ会社概要
社名:株式会社ウィルグループ
本社:東京都中野区本町一丁目32番2号 ハーモニータワー27階
設立:平成18年4月
代表:代表取締役会長 兼 CEO 池田 良介
HP: リンク

■Tech in Asia概要
Tech in Asiaは、アジアに焦点を当てたテックやスタートアップのニュースを提供するテック系メディア。毎年アジア最大級とされるテック・カンファレンスをシンガポール・東京・ジャカルタ・インドの4都市にて開催。シンガポール本社を2011年に設立(日本事務局は2014年)。 シリコンバレーに位置するインキュベート・ファンドY Combinator出身企業でもある。インターネット・コミュニティのみならず、アジアの発展に貢献することを目指しており、最も速く成長を遂げるウェブ・メディアの一つである。 読者は、主にアジア圏内の起業家、マーケッター、企業の重役、学生など。
社名:Penn Olson Japan 株式会社
設立:平成27年4月 (日本法人設立)
代表:David Corbin
HP: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。