logo

ユニフォームネット、ユニフォーム業界で初の取り組みユニフォームに関するオリジナルの情報提供により地域企業の活性化へ

株式会社ユニフォームネット 2017年02月13日 13時44分
From PR TIMES

株式会社ユニフォームネット、事業承継成功による、5期連続売上高更新

株式会社ユニフォームネット(東京都千代田区 代表取締役社長:荒川広志、創業1975年2月。業務用ユニフォーム、関連商品の企画・販売)は、ユニフォーム業界で初めてユニフォームに関するオリジナルパンフレット「レゼン」の発刊および「ファン化プロジェクト」の実施による情報提供により、地域企業の活性化を目指します。



低迷するユニフォーム業界において5期連続過去最高売上の更新を続ける株式会社ユニフォームネット(東京都千代田区 代表取締役社長:荒川広志、以下、当社)は、オリジナルパンフレットの「レゼン」の発刊やユーザーインタビューをまとめた「ユーザーズボイス」の発刊などによる情報提供により、地域企業の活性化を目指します。

ユニフォーム市場は、2016年5,350億円となったものの、原材料費、縫製加工賃などのコストアップ要因から数量ベースでは後退していると予測され、特に女子ユニフォーム市場における市場は縮小傾向にあります。同時に地方営業では人口減などを背景に人手不足が常態化しており、今後、地方企業のブランド価値向上が、地域経済活性化における課題解決になると考えます。(※参考:2016年 ユニフォーム年鑑)

●取組みの概要
当社は下記の取組みについて実施致します。
*オリジナルパンフレット「レゼン」の発刊
業界初となる、主要事務服メーカーの新作を一冊にまとめたパンフレットを年に2回発刊します。
業界初の試みとして、福島県出身の地元密着タレント植木安里紗さんと専属契約しました。

*「ファン化プロジェクト」の実施
代表取締役社長荒川広志が自らユーザーの元へインタビューに出向き、記事にしたものをFacebookやHPで
紹介する取組みで、事例については小冊子として発刊しています。

今回の取組みについて、ユニフォームネット代表取締役社長荒川広志は下記のようにコメントしています。
「多くの中小企業が事業承継に悩まれる中、当社自身が事業承継を経て営業の質の向上に取組み、5期連続過去最高売上高の更新を果たしました。オリジナルパンフレット「レゼン」の発刊や、ユニフォーム導入事例をまとめた小冊子「ユーザーズボイス」の発刊を通じ、東京で得た情報を当社のユーザーに還元し、情報を循環することで、ユーザー様にとっては広告効果も期待でき、導入事例を紹介した飲食店では来店数が増えた例もあります。ユニフォームが企業ブランドの向上や、地域の活性化につながる環境を実現します。」


●株式会社ユニフォームネットについて リンク
創業1975年2月。業務用ユニフォーム、関連商品の企画・販売を通じて「企業の課題」を解決することを目指している。営業拠点は東京のほか、北関東地域に9拠点をおく。


[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事