logo

TIS、「TISプロフェッショナルサービスfor Nutanix」と自社クラウドサービスに「Lenovo Converged HXシリーズ」を追加

TISインテックグループ 2017年02月13日 14時00分
From PR TIMES

~ Nutanix製品のラインナップの充実と、レノボとのビジネス拡大を目指す ~

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下TIS)は、ハイパーコンバージドインフラ※1製品「Nutanix Enterprise Cloud Platform」の導入・運用を支援する「TISプロフェッショナルサービスfor Nutanix」と、オリジナルのプライベートクラウドサービス「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service - HOSTED PRIVATE Service」のラインナップに、レノボ・ジャパン株式会社(本社・東京都千代田区、代表取締役社長 留目 真伸、以下 レノボ)が提供する、Nutanix製品(以下、Nutanix)のソフトウェアとレノボのハードウェア「System x」を組み合わせた「Lenovo Converged HX シリーズ」を加えたことを発表します。



 また、TISとレノボの両社では「Lenovo Converged HX シリーズ」を、東京・大阪を結ぶDR(Disaster Recovery)デモ環境として設置し、共同でDRサイト構築ニーズに対するビジネス拡大を目指します。

※1 ハイパーコンバージドインフラ:サーバと専用ストレージ装置を一体的なシステムとして提供する「コンバージドインフラ」(統合インフラシステム)の次世代型ソリューション。ストレージ機能はソフトウェア定義され、一つのアプライアンスとして組み込まれているため、従来製品で課題になりやすいスケールアウトを実現可能としている

■ラインナップ追加の背景
 TISでは、2013年にNutanixを自社採用したことを皮切りに、データセンターサービスや独自の運用サービス「TISプロフェッショナルサービスfor Nutanix」と組み合わせ、現在190台以上のNutanix導入・運用実績を持っています。
 また、東京と大阪のデータセンターに「Managed Service Control Center」と呼ばれる運用サービス機能を設置し、プライベートクラウドとしての専用環境を持ち安定性やセキュリティ等のニーズに対応する「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service - HOSTED PRIVATE Service」を含めた、様々なプラットフォームサービスを提供しています。

 Nutanixを提供しているニュータニックス・ジャパン合同会社では、ハイパーコンバージド製品に対する顧客のニーズが増えるなかで、ハードウェア一体型で提供する自社ブランドのアプライアンス製品に加えて、Nutanixをソフトウェアとして提供するOEM製品のラインナップ拡充を図っています。

 そこで、TISでも「TISプロフェッショナルサービスfor Nutanix」および「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service - HOSTED PRIVATE Service」のメニューに、「Lenovo Converged HXシリーズ」を追加し、“従来から利用してきたハードウェアと同じものを採用したい”などの顧客ニーズに対応します。グローバルでもトップ評価を獲得し、金融系のシステムなどミッションクリティカルなシステムで多数の実績を持つレノボの「System x」をラインナップに加えることで、お客様の幅広いニーズへの選択肢を提供していきます。

■実際のDRが見られるデモ環境の設置
 TISとレノボでは、ハイパーコンバージドインフラの活用としてニーズが高いDRサイト構築への対応として、「Lenovo Converged HXシリーズ」を活用した東京・大阪間でのDRデモ環境の設置を行います。
 本デモ環境は、東京の秋葉原にあるレノボ・ジャパン本社とTISが運営するデータセンター「GDC大阪」を専用回線で接続し、疑似DR環境を構築します。実際に東京と大阪間を結ぶことで、机上ではない、実態に即したDR環境での動作確認が可能になります。両社では、本デモ環境を活用して、企業がDRサイトを検討する上でのサービスレベル検討や機能検討の支援を行います。

<DRデモ環境の接続イメージ>
[画像: リンク ]


・東京と大阪のデータセンターを、専用の広域イーサ回線で結び、実環境に近い条件で構築
・基盤にはプライベートクラウドサービスで実際に使用する製品及び機能を利用
・動作検証では、東京サイトが被災し利用できなくなったことを想定し、実際に大阪へフェールオーバーを行い、機能的な動作だけでなく、回線による影響、運用面の影響などを、本番に近い状況で検証可能

レノボの「Lenovo Converged HX シリーズ」については、以下をご参照下さい。
リンク

今回のラインナップ追加についてパートナー各社は、以下のように述べています。

・レノボ・ジャパン株式会社 執行役員専務 安田 稔氏
「レノボ・ジャパンは、この度、TISと共同でLenovo Converged HXシリーズによるDR/BCPソリューションビジネスを積極的に展開いたします。Nutanix製品をベースとする長距離のDRソリューションの実証実験により、よりミッションクリティカルなソリューションとしてお客様に更なる価値を、TISと共同でお届けすべく、各種マーケティング、営業施策を実施に移し、次世代の仮想基盤として急速な成長を見せるHyper Converged Infrastructureの新たな価値を提案いたします」

・ニュータニックス・ジャパン合同会社 コーポレートマネージングディレクター 兼 社長
町田 栄作氏
「TISは、Nutanixの黎明期からその技術と将来性をご評価頂き、国内第一号のリファレンスユーザーになって頂きました。現在では国内唯一のプレミアパートナーとして、Nutanixのエンタープライズクラウドプラットフォームを、お客様個社向けの導入だけでなく、サービスプロバイダとしてサービス事業も展開されている、非常に重要なパートナーです。昨今、ハイパーコンバージド製品が市場の大きな注目を集めていますが、その導入・運用に際しては、将来を見据えた広い視野をもってエンドユーザーを導いていくデザイン力とサポート力が不可欠です。「TISプロフェッショナルサービス for Nutanix」及び「HOSTED PRIVATE Service」は、TISが持つ大規模なNutanix導入・運用経験で培われた実践的なノウハウを元に提供されています。より多くのお客様がクラウドコンピューティングを活用することで、新たなIT基盤導入による効果をご享受頂けることを確信しております」

■「TISプロフェッショナルサービスfor Nutanix」について
 「TISプロフェッショナルサービスfor Nutanix」は、Nutanixの国内流通が始まった2013年から取り扱いを始め、国内有数の構築・運用実績を保有しているTISのノウハウ、運用経験などを活かして提供するハイパーコンバージドインフラの構築/運用支援サービスです。
 予め用意されたメニューから依頼したいサービスを選択し、業務の繁閑やイベント対応に合わせて利用できるチケット制を採用したオンデマンドな運用で、運用トータルコストの平準化や、契約内容を詰める手間などを削減できます。また、周辺システムとして必要となるVDI構築なども、TISがNutanixとマッチした組合せパッケージを提供するため、運用管理負担の軽減効果が高いITインフラ環境の構築が可能です。「TISプロフェッショナルサービスfor Nutanix」については、以下をご参照下さい。
リンク

■「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service - HOSTED PRIVATE Service」について
 「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service - HOSTED PRIVATE Service」は、ERPなどの大規模なシステムや、社内システムの基盤全体の統合など、サーバを多数持つ企業向けの専有型IaaSです。
本サービスは、専有型のIaaS基盤を利用するプライベートクラウドサービスのため、データの所在が明確にでき、各企業のセキュリティポリシーに適合した利用が可能です。月額費用が固定のため“予算が立てづらい”“予算超過が心配”という懸念なく利用できます。
 また、リソースプールの中から自由にリソースの割り当てができ、現行のIPアドレスからの変更が不要で、VMware社がサポートするOSは全て利用可能です。これにより、リソース上限の心配や、現行のIPアドレス体系からの変更、利用OSやバージョンの制限などの課題もなく、既存の大規模システムからの移行が容易に行えます。「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service - HOSTED PRIVATE Service」については、以下をご参照下さい。
リンク

■レノボについて
 Lenovo(HKSE:992/ADR:LNVGY)は、Fortune Global 500に含まれる売上高450億米ドルのグローバル企業で、個人向け、事業向け、企業向けに革新的なテクノロジー製品を提供する業界リーダーです。高品質で安全性も考慮されたレノボの製品とサービスは、PC(老舗のThinkブランド、マルチモードのYogaブランドを含む)、ワークステーション、サーバ、ストレージ、スマートTVに加えて、スマートフォン(Motorolaブランドを含む)、タブレット、アプリケーションで構成されるモバイル製品ファミリーにまで広がります。LinkedIn、FacebookおよびTwitter(@Lenovo)で最新情報を提供しています。詳細は以下をご参照ください。リンク

TIS株式会社について
TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。リンク

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。


※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事