logo

株式会社ホープ、「ビジネスプロセスコンサルティングサービス」にて大分県 観光・地域振興課より業務を受託

株式会社ホープ 2017年02月13日 09時00分
From PR TIMES

 自治体に特化したサービスを展開する株式会社ホープ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:時津孝康、証券コード:6195)は、2017年1月17日より開始した、「ビジネスプロセスコンサルティングサービス」において、大分県 観光・地域振興課が公示しておりました「平成28年インバウンド推進事業に係るAR等を活用した観光情報の発信業務」の企画コンペにて最優秀企画となり、業務を受託いたしましたので、お知らせいたします。



■受託内容
(1)海外商談会用情報発信ツールの制作
県や関連団体が実施する海外での観光商談会において、VR(ハ゛ーチャルリアリティー)を用いて大分県の魅力をアピールし、誘客に結びつける情報発信ツールを制作し、大分県へ納品する。

(2)現地における多言語対応ツールの制作と周知
県内各観光地点に来訪した外国人観光客がスムーズに観光地巡りをできるよう、説明看板などの多言語対応ツールを制作し、大分県へ納品するとともに観光施設や利用者へ周知する。


■ビジネスプロセスコンサルティングサービスについて
 開始前の事前調査から、企画立案・実行、効果検証、次の施策につながる提案まで一貫したソリューションを提供いたします。

1.ニーズの分析を含む事前調査
対象自治体に関する様々なビッグデータを収集・分析することで自治体の具体的な課題把握と解消のための事前調査を行います。

2.企画立案
事前調査の結果に基づき、イベント企画など課題解消のための最適な企画を立案します。

3.メディア・コンテンツ制作、イベントの実施
立案した企画に基づき、パンフレット・冊子、アプリの制作、イベントの実施等、具体的な施策を実施します。

4.広告プロモーション
当社の広告代理ノウハウを活かし、最適なプロモーションの提案を行います。

5.効果検証
実施した企画等の反響検証等の効果検証を行います。

6.次の施策につながる提案
検証結果から導き出された課題を基に、次の一手につながるご提案をさせていただきます。

[画像: リンク ]


■株式会社ホープについて
社 名 : 株式会社ホープ
代 表 者 : 代表取締役社長 時津 孝康
所 在 地 : 福岡県福岡市中央区薬院 1-14-5 MG 薬院ビル 7F
資 本 金 : 246,945 千円
事業内容 : Public Private Sharing(PPS)事業
-自治体が所有している遊休スペースを財源に変える「財源確保支援サービス」の運営
-自治体の広告事業を活性化させる、企業と広告のマッチングサイト「LAMP」の運営
-自治体の広報紙や新着情報を閲覧できるアプリ「マチイロ」の運営
-自治体から民間企業まで幅広く問題解決をする「BPO支援サービス」の運営
U R L : リンク

【サービスについてのお問い合わせ】
株式会社ホープ PPS事業本部 BPO受託課
担当:矢野・田中
Tel:092-716-1402 / Email:bpo@zaigenkakuho.com

【広報に関するお問い合わせ】
株式会社ホープ 社長室 秘書広報課
担当:谷川
Tel:092-716-1404 / Email:pr@zaigenkakuho.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。