logo

米国銀行協会 イージー・ソリューションズのフィッシング対策/ブランドプロテクションサービスの推奨を決定

EASY SOLUTIONS JAPAN合同会社 2017年02月13日 06時00分
From PR TIMES

米国銀行協会(THE AMERICAN BANKERS ASSOCIATION,以下ABA)はEasy Solutions, Inc (以下 イージー・ソリューションズ 本社:米国マイアミ)の提供するデジタル脅威プロテクションスイート(フィッシング監視・封鎖及びブランドプロテクションサービス)を推奨ソリューションとすることを決定しました。これによりイージー・ソリューションズのプラットフォームはABAのメンバーが選定するフィッシング対策・ブランドプロテクションサービスとして広く認識されます。この選定はABA推奨製品諮問会議、及びサイバーセキュリティ会社Bancsecによるリサーチ支援等による広範なデューデリジェンスに基づき決定されました。

ABA推奨製品諮問会議の議長であり、またハワイ・ナショナル・バンクのCOOでもるBryan Lukeは次のように語っています。「金融機関は競争力を保つためにデジタル革命を受け入れています。デジタルチャネルは銀行にとって大きな成長の機会を提供するが、それと同時により多くの高度化した攻撃と闘わなければなりません。イージー・ソリューションズは銀行顧客の口座情報、電子メールアドレス、個人情報を詐欺犯罪者から保護するため、独自の検知技術とインテリジェンスによる総合的なブランド保護対策を提供することから、我々はイージー・ソリューションズを推奨することを決定しました」

イージー・ソリューションズは世界中385の金融機関及び組織から、1億人以上のユーザーのオンライン活動を保護しています。当社のデジタル脅威プロテクションスイートにより組織はインターネットの脅威に対し積極的な戦略に取り組むことができます。機械学習による監視サービス及び電子メール、ウェブサイト、ソーシャルメディアチャネルの分析、特定攻撃の削除が継続的に得らられます。

イージー・ソリューションズのCEOであるRicardo Villadiegoは次のように述べています。「犯罪者は効果的な攻撃が実行できるように重要な情報を窃取しようと、あらゆる種類のデジタルインタラクションを利用し銀行を感染させようと試みています。そのため、デジタルトラストの概念は2017年も引き続き重要となるでしょう。銀行はオンラインのリスクを軽減しセキュリティへの多層的アプローチを実施することの重要性を十分理解しています。そのような状況で、ABAがイージー・ソリューションズのデジタル脅威プロテクションスイートを推奨してくれたことを大変うれしく思います」


米国銀行協会(ABA/THE AMERICAN BANKERS ASSOCIATION)について
米国銀行協会は小規模、地銀、大手銀行から構成される15兆ドル規模の銀行業界です。全体として200万人以上の雇用があり、11兆ドルの預金、8兆ドルを超える融資があります。

リンク

イージー・ソリューションズについて
イージー・ソリューションズはネット詐欺の包括的な検知と防止にフォーカスした、 セキュリティのリーディングカンパニーです。 当社のサービスはネット詐欺の検知・閉塞から、 セーフブラウジング、 多要素認証、 トランザクション監視にまで多岐にわたり、 詐欺対策に必要な全てのソリューションをワンストップでご提供します。
イージー・ソリューションズは世界で380社以上の事業者、 1億人以上のエンドユーザーを保護しています。 お客様の業種は金融機関を始めとし、 セキュリティベンダー、 航空会社、 ゲーム会社、 eコマース事業者などが含まれています。

イージー・ソリューションズ 本社
8550 N.W. 33 Street, Miami FL 33122.

日本・アジアパシフィック
EASY SOLUTIONS JAPAN 合同会社
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル 5階
TEL:03-4360-8700
リンク

本プレスリリースの公式バージョンは英語版です。本日本語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。本日本語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンである英語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

(英語版)リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。