logo

三越伊勢丹 NT BY ISETAN MITSUKOSHItheMICAM(ミカム)世界最大の靴の展示会へ2回目の出展をいたします

株式会社 三越伊勢丹ホールディングス 2017年02月10日 16時31分
From PR TIMES

■会期 :2017年2月12日(日)~15日(水)■会場: Fiera Milano Rho ■ブース:インターナショナルデザイナーズブース

株式会社三越伊勢丹ホールディングス(東京都新宿区 代表取締役社長執行役員:大西 洋)は、2017年2月12日(日)から15日(水)までイタリア ミラノのFiera Milano Rhoで開催される、
世界的にも注目される靴の展示会「theMICAM(ミカム)」へ2回目の出展をいたします。
 “世界最高のファッションミュージアム”である伊勢丹新宿本店から誕生し、同店舗の婦人靴
ショップで最大の売上に成長してきたブランドとして、顧客に認められたファッション性、高い
ファンクションを備えた商品約600SKUのうち海外マーケットにフィットした商品をセレクトし、16年1月の仏プルミエールクラス、同年9月の伊ミカム出展に続き、17年秋冬モデルを約120SKUのラインナップで紹介していきます。
 また今回からは、国内で展開している婦人靴オリジナルブランド“Number Twenty-One”(ナンバートゥエンティワン)の頭文字からとった“NT BY ISETAN MITSUKOSHI”を海外共通レーベルとして発信していきます。



“気分があがる”価値のある商品をコンセプトに、今ほしいファッション、使いやすいファンクション、上質なマテリアルを目指した品揃えを展開します。

[画像: リンク ]


[表: リンク ]



■“プルミエールクラス出展”について

2016年1月22日からフランスのパリで開催されたアクセサリー・雑貨の展示会に、“新宿から世界の足元を変える”をテーマに、“イセタンシューズ”が、初出展しました。

世界に通じる日本のクリエイションブランド、日本発(初)を目指す東京のクリエイターブランドなど約6ブランドと協業し、クリエーターのファッションアイテム(アパレル)に合わせて、その世界観を伝えることができる、今までにないジャンルのオリジナルの婦人靴を協業して製作。また、人工皮革や、ラバーなど、世界に誇る日本のものづくりの技が光る、最先端素材を使用した商品など、約200SKUを世界に向けて発信しました。


[動画: リンク ]



■三越伊勢丹オリジナル婦人靴ブランド “Number Twenty-One”とは

2011年に、伊勢丹新宿本店から、「ヒールの高い靴を探しているが、足に合うものがない。履き心地のいい靴はオシャレなものが少ない。」といったお客さまの声をきっかけに誕生しました。

“Number Twenty-One”というブランド名は、グリム童話21番目の古典名作‘シンデレラ’に由来

し、私たちのブランドの靴が、お客さまにピタリとフィットし、お客さまの美しくなりたい願望を満たす存在でありたい、という希望を込めています。

現在4つのラインから成り立ち、毎日身につける雑貨だからこそ “気分があがる” 価値のある商品をコンセプトに、「今ほしいファッション」、「使いやすいファンクション」、「上質なマテリアル」を世界基準で追求し、三越伊勢丹が培ってきたノウハウと独自プラットフォームで、思わず外に出かけたくなる、前向きで、豊かな生活シーンでご利用いただける靴をお届けしています。

リンク
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事